Cheer Pack 社


北米の大手包装メーカーの Cheer Pack 社は、生産現場に自律走行車を導入することで、生産計画を最適化できるようなソリューションを必要としていました。IFSの研究・開発機関であるIFSラボの取り組みに感銘を受けて、Cheer Pack 社はこの目標のためのソリューションとして IFS Applications を選びました。

現在 Cheer Pack 社には、戦略の転換にロボットを使用した産業自動化ソリューションがあります。車両には AI が導入され、資材の搬送をロボット化しています。これで、スタッフはより進化した、スキルが求められるタスクを引き受ける自由を得られ、Cheer Pack 社の労働力不足削減に貢献しています。

同社は、IFS Applications のおかげで、年間 150 万ドルのコスト削減を見込んでいます。詳細は動画をご覧ください。


  • 年間 150 万ドルの節約の見込み
  • スタッフはより高度なプロジェクトに注力し、高いスキルが必要とされる職位の労働力不足の解消が可能
  • IFS Applications による生産計画の最適化

年間 150 万ドルの節約を見込んでいます。さらに、関係する従業員全員を高スキルのポストに配置転換する計画で、労働力不足に対応できるようになります。

Alex Ivkociv氏
IT マネージャー



動画: Cheer Pack 社、 IFS Applications で自動化