Skip to main content

You are visiting the Japanese site. You might be interested in the English site.

Go to the English site Stay on the Japanese site

民間航空会社およびフリートオペレーター

IFSは、民間航空会社やフリートオペレーター、空港のほか、航空事業または航空機運用のための設備ロジスティクス、メンテナンス・リペア・オーバーホール(MRO)、あるいはサポートソリューションを提供する企業向けにエンドツーエンドのソリューションを提供しています。

民間航空会社およびフリートオペレーターは、進化し続ける今日の市場においてますます厳しい要求に直面しています。市場の要求に応えるためには、安全性とコンプライアンスを維持しつつ、収益性と顧客満足度を向上することは不可欠です。

変化を続けるテクノロジーにより、顧客の期待は高まり、市場における競争は激化しています。事実、国際航空運送協会(IATA)では、2035年までに航空機利用客数が2倍になり、今後20年間で72億人が航空機で旅行すると予想しています。

この課題に対処するには、航空機の稼働率を最大化し、企業収益で結果を出すことが求められるため、業務の合理化、グローバルビジネスの支援、デジタルトランスフォーメーションの実現を可能にするように設計されたエンタープライズソフトウェアが必要です。

競争優位に立ち、今日のビジネス目標を達成するために、民間航空会社およびそのサプライヤーは下記事項の実施が必要になります。

  • 計画と予測を最適化する
  • 安全性基準を満たす
  • 業務効率を改善する
  • 業界規制に準拠する
  • 重要な設備資産を特定して管理する
  • 全社的に業務を統合する

IFSは、30年以上にわたり民間航空産業に向けてソリューションを提供してきた実績があり、市場が抱える課題を深く理解しています。当社の航空業界向けソフトウェアはオープンスタンダードに基づいて開発されているため、特定のテクノロジーに縛られることはありません。また、モジュール式のアーキテクチャーで構築されているので、いかなる課題やニーズにも柔軟に対応することができ、ビジネスの成長に応じた導入が可能になります。

民間航空会社およびフリートオペレーター向けソフトウェア

迅速で安全性、信頼性に優れた最先端のMROで、チャイナエアラインが業績を改善

Customer Quote
つまり、これまでに経験した素晴らしい結果を簡単に説明することはできません。(中略)当社は、これまでのコスト削減効果を考慮しながら、より堅調な財務実績を達成するための体制を整備しています。
Huong Wang氏 エンジニアリング・整備部門 シニアバイスプレジデント, チャイナエアライン
事例はこちら

その他の事例はこちら

0

1年で300万のコストを削減

0

航空機整備計画におけるレイオーバーを平均30日間短縮

0
%

ライン整備の業務効率を11%向上、年間485,000米ドルのコスト削減を達成

ブローシャ―:民間航空会社・フリートオペレーター向けソリューション

航空機の稼働率を最大限に高め、収益目標を達成しましょう。IFSのビジネスソフトウェアが提供するERP、整備およびエンジニアリング、運航・整備計画の最適化、エンジンMRO、およびエンタープライズ・オペレーショナル・インテリジェンスに対応した独自の民間航空会社関連ソリューションをご覧ください。

資料のダウンロードはこちら

IFSのソリューションは、民間航空会社、防衛組織、機械製造業などの故障が許されない機器や設備のライフサイクル管理を支援します。

民間航空会社の課題を満たす統合ソリューション

民間航空会社およびフリートオペレーターのためのアジャイルソフトウェア

IFS Maintenixにより、航空会社は正確な機器構成管理と複数のフリートにわたる効果的な整備計画が可能になり、整備業務をリアルタイムで実行できるようになります。IFS Maintenixが優れている点は、設備の構成情報を階層化して定義し、管理できることにあります。この機能により、「設計段階」や「整備段階」での構成基準を作成できます。そして、リアルタイムの検証機能により、航空機の実際の整備時の構成情報が、その基準で定義されたエンジニアリング規則に準拠していることを確認できます。

IFSのソフトウェアは、360度の全方向から情報を可視化し、安全性の高い航空機運航整備プログラムを計画、調整、実行するために欠かせない機能を提供します。

  • 重整備の計画および管理
  • ライン整備の計画と実行
  • 広範囲におよぶワークパッケージ
  • ツールおよびリソースの管理
  • 資材および部品の管理
  • 装備品の修理および製造
  • 信頼性の傾向とパフォーマンスの分析

航空機整備向けIFS MAINTENIXソリューションの詳細はこちら

整備計画の新しい取り組み

民間航空会社の整備計画策定者は日々さまざまな課題に直面しています。1つ目は、短期的および長期的な視野で整備費用を削減し、リソースを最適化することです。次に、戦略的な成長目標を実現するための対応策を生み出す必要があります。

より優れた運航整備計画機能を導入することにより、オペレーターは保有するリソースを最大限に活用できるようになります。最先端のツールを使うことで、稼働中の航空機の費用対効果を高め、個々の航空機から最大の収益を生み出すという最終目標を達成できます。IFSは以下のソリューションを提供し、航空会社の目標達成を支援します。

SaaS型の利用が可能なこれらのソリューションについて、詳細はホワイトペーパーをダウンロードしてご覧ください。

整備計画の新しい取り組みについて、資料はこちら

フライトデッキから格納庫まで、連携を強化

過去10年間、民間航空会社は業界全体で業務のデジタル化を推進してきました。当然ながら、この取り組みの最初のステップの1つは、現在も航空機格納庫に存在する紙ベースのプロセスの多くを見直すことです。ログブックをより軽く、よりコネクティッドで統合された電子ログブックソリューションへと近代化する試みは、ほとんど失敗に終わっています。これらのソリューションは、航空機システムに直接統合しようとすることによって結果的に過度の複雑さとコストをもたらしたか、あるいは整備システムの複製を作成することになりました。電子フライトバッグ (EFB) の導入により、パイロットの手にタブレット端末が渡り、電子ログブックの課題を解決できるようになったものの、これらの解決策でさえ、整備業務に統合されていないため、効果は限定的です。

IFS Maintenixは、航空機整備管理のための優れたソフトウェアと完全に統合された、シンプルで卓越した電子ログブックを生成する次世代へのアプローチです。IFS Maintenix eLogbookはパイロットのために設計されたユーザー・エクスペリエンスを提供し、リアルタイムにコンプライアンスを遵守し、整備までのプロセスを簡素化します。

詳細はこちら

民間航空会社およびフリートオペレーターのためのアジャイルソフトウェア

IFS Maintenixにより、航空会社は正確な機器構成管理と複数のフリートにわたる効果的な整備計画が可能になり、整備業務をリアルタイムで実行できるようになります。IFS Maintenixが優れている点は、設備の構成情報を階層化して定義し、管理できることにあります。この機能により、「設計段階」や「整備段階」での構成基準を作成できます。そして、リアルタイムの検証機能により、航空機の実際の整備時の構成情報が、その基準で定義されたエンジニアリング規則に準拠していることを確認できます。

IFSのソフトウェアは、360度の全方向から情報を可視化し、安全性の高い航空機運航整備プログラムを計画、調整、実行するために欠かせない機能を提供します。

  • 重整備の計画および管理
  • ライン整備の計画と実行
  • 広範囲におよぶワークパッケージ
  • ツールおよびリソースの管理
  • 資材および部品の管理
  • 装備品の修理および製造
  • 信頼性の傾向とパフォーマンスの分析

航空機整備向けIFS MAINTENIXソリューションの詳細はこちら

整備計画の新しい取り組み

民間航空会社の整備計画策定者は日々さまざまな課題に直面しています。1つ目は、短期的および長期的な視野で整備費用を削減し、リソースを最適化することです。次に、戦略的な成長目標を実現するための対応策を生み出す必要があります。

より優れた運航整備計画機能を導入することにより、オペレーターは保有するリソースを最大限に活用できるようになります。最先端のツールを使うことで、稼働中の航空機の費用対効果を高め、個々の航空機から最大の収益を生み出すという最終目標を達成できます。IFSは以下のソリューションを提供し、航空会社の目標達成を支援します。

SaaS型の利用が可能なこれらのソリューションについて、詳細はホワイトペーパーをダウンロードしてご覧ください。

整備計画の新しい取り組みについて、資料はこちら

フライトデッキから格納庫まで、連携を強化

過去10年間、民間航空会社は業界全体で業務のデジタル化を推進してきました。当然ながら、この取り組みの最初のステップの1つは、現在も航空機格納庫に存在する紙ベースのプロセスの多くを見直すことです。ログブックをより軽く、よりコネクティッドで統合された電子ログブックソリューションへと近代化する試みは、ほとんど失敗に終わっています。これらのソリューションは、航空機システムに直接統合しようとすることによって結果的に過度の複雑さとコストをもたらしたか、あるいは整備システムの複製を作成することになりました。電子フライトバッグ (EFB) の導入により、パイロットの手にタブレット端末が渡り、電子ログブックの課題を解決できるようになったものの、これらの解決策でさえ、整備業務に統合されていないため、効果は限定的です。

IFS Maintenixは、航空機整備管理のための優れたソフトウェアと完全に統合された、シンプルで卓越した電子ログブックを生成する次世代へのアプローチです。IFS Maintenix eLogbookはパイロットのために設計されたユーザー・エクスペリエンスを提供し、リアルタイムにコンプライアンスを遵守し、整備までのプロセスを簡素化します。

詳細はこちら