Skip to main content

You are visiting the Japanese site. You might be interested in the English site.

Go to the English site Stay on the Japanese site

防衛関連設備・機器の保守サービス

IFSは、防衛関連サービスプロバイダー向けERPソリューションのリーディングプロバイダーです。IFSのソフトウェアは、防衛関連機器のライフサイクルを通して稼働率を最大化するエンドツーエンドのソリューションを提供します

防衛組織や請負企業向けサポートソフトウェアの役割は、サービスプロバイダーと防衛組織が、厳しい予算の精査、規制要件の増加、フリートのいっそうの複雑化、限られたリソース、複雑なIT環境、要求の高いタスクといった厳しい条件下で効果的に機能できるような支援を提供することです。

防衛関連サービスプロバイダーと防衛組織は、プロセス、パフォーマンス、およびバリューチェーンを統括部隊や管轄地域単位で360度可視化するソフトウェアを必要としています。その目的には次のようなものがあります。

  • 運用効率の向上
  • 整備プロセス、リソース計画、予測、整備作業の最適化
  • 施設の収容能力の向上
  • 財務実績の改善
  • 国際基準の遵守
  • 希少かつ貴重な防衛機関および民間の労働力の最適化
  • サプライチェーンプロセスのベストプラクティスの実施
防衛関連サービスプロバイダー向けERPソフトウェア

防衛インサービスサポート

防衛組織は、現在、市場を混乱させるさまざまな要因に直面しています。たとえば、厳しい予算、規制要件の増加、複雑化する設備、限られたリソース、複雑な政府によるITプログラム、タスクの増加などです。稼働中の防衛関連機器サポート向けに設計されたソフトウェアについて解説し、IFSの防衛サービスプロバイダー向けソリューションがどのように防衛関連機器のライフサイクルを通して稼働率を高めるのかについて掘り下げています。

資料のダウンロードはこちら

IFSのソリューションは、民間航空会社、防衛組織、機械製造業などの故障が許されない機器や設備のライフサイクル管理を支援します。

Integrated solutions for the challengers in Defense Contracting

稼働中の設備の保全プログラム

IFSは、稼働中の設備資産に対して特定のプログラムサポートを実現できるソフトウェアを提供しています。これらの設備資産には、陸上および海上の設備、通信システムや通信装置なども含まれます。IFSのソフトウェアソリューションは、システムインテグレーターが防衛組織に提供するコアシステムとして利用することもできますし、防衛組織やパフォーマンス・ベース・ロジスティクス(PBL)請負事業者が自社システムとして導入することも可能です。

  • 低コストで設備の即応性を維持 – 設備資産の稼働率を正確に監視し、方針の変更を整備実績に関連付けることにより、維持管理コストの大幅な削減を達成できます。
  • パフォーマンスの最適化 – リアルタイムのミッションおよび設備稼働データ、リソースの制約、および部品の可用性に基づいて整備の計画とスケジュールを効果的に策定し、供給過剰による出費の発生を排除します。
  • 運用の俊敏性を向上 – 不測の事態やミッションプロファイルの変化に対して確信を持って対応することにより、設備の非稼働時間を短縮し、十分な準備態勢を構築できます。
  • すべての設備資産を可視化 – パフォーマンスと意思決定を改善するために、統合された総合的な取り組みにより、ロジスティクスネットワークを積極的に管理します。
  • 展開された設備の保全 – 稼働中の設備、中間地点あるいは補給所における整備の可視化、およびグローバルに配備された設備資産のリアルタイムのTotal Asset Visibility(TAV:すべての設備を可視化すること)を通じて、設備資産、リソース、および必要な整備を正確に特定します。

OEMおよび機器サプライヤー

IFSは、防衛関連機器OEMメーカーおよびサプライヤーに生産管理および製品ライフサイクル管理のエンタープライズソフトウェアを提供しています。これには、会計管理および人事管理の機能も統合されています。

  • 完全な製品ライフサイクル管理機能
  • あらゆる生産形態に対応したハイブリッド生産管理
  • プロジェクトのペギング
  • エンタープライズ・オペレーショナル・インテリジェンス
  • アフターサービスおよび顧客サービス管理
  • 組み込まれたコンプライアンス管理と輸出管理機能

資料のダウンロードはこちら

防衛関連企業向け業績管理

IFSは、防衛関連企業の効率的な運営を支援するソフトウェアを提供しています。部門の管理、施設の管理、あるいは全社的な管理などいかなる規模の管理であろうと、IFSのソフトウェアおよびソリューションは、本社機能、ロジスティクス、フリートおよび設備資産管理、設備の即応性の維持、インテリジェンスの活用などすべての要件に対応できます。これらのソリューションは、政府機関が導入したり、あるいは民間セクターのアドバイザーやSIパートナーが導入することもできます。

  • 全社的なロジスティクス管理
  • 意思決定のための財務情報、パフォーマンス情報、および業務情報
  • 構成管理、メンテナンス・リペア・オーバーホール(MRO)、ロジスティクス
  • 施設管理
  • 作業員管理とスケジューリング

防衛施設管理

IFSが提供する包括的な防衛産業向けソフトウェアの不可欠なソリューションとして、設備管理ソリューションは、造船所、作戦基地、訓練施設、飛行場、整備拠点など、さまざまな防衛施設の要件に対応しています。IFSのソリューションは、以下の防衛施設や作業員の業務の支援に対応しています。

  • 複雑な構成の設備資産向けの大規模な修理施設
  • 軍事作戦基地
  • 防衛施設内で活動するサービス技術者
  • トレーニングセンター - 設備および施設の維持

オフライン・オペレーション

防衛組織は、遠隔地、極端な気象条件、および紛争の脅威が存在する敵対的な環境で活動し、人員、防衛資産、および通信にはリスクが伴います。

IFSオフライン・オペレーションは、軍事組織および防衛組織が、ラップトップなどの持ち運び可能なハードウェアとの接続環境の状態を問わず、世界中のどこにいても必要な時に、航空資産およびデータを配備、運用、保護、および安全に返却できるように設計されています。この防衛航空向けソリューションは、作戦行動の有効性を維持し、コンプライアンスを確保し、作戦全体の技術記録の収集を可能にします。さらに、基地への帰還時のデータの完全性を十分に確保するために必要なすべての機能を提供します。IFSオフライン・オペレーションは、次の方法でこれを実現します。

  • 航空機から、中心拠点や分断された拠点の在庫の資産にいたるまで、アプリケーションとエンジニアリングのデータを一元的に管理します。
  • 接続の制約に関わらず、ネットワークの耐障害性を保護しながら、あらゆるオペレーティング・シアターに設備資産を導入できます。
  • 個別の記録を使用して資産を安全に運用しながら、段階的な統合によってデータの整合性を確保できます。
  • データの精度と一貫性が向上しますが、アクティブな資産レコードは1つしかないため、データの重複を防ぐことができます。
  • すべての前哨基地の技術記録保管所を介して、分断された基地に対して、耐空性要件を十分に満たすための支援を提供します。

Read more about operating in unplanned connectivity scenarios

稼働中の設備の保全プログラム

IFSは、稼働中の設備資産に対して特定のプログラムサポートを実現できるソフトウェアを提供しています。これらの設備資産には、陸上および海上の設備、通信システムや通信装置なども含まれます。IFSのソフトウェアソリューションは、システムインテグレーターが防衛組織に提供するコアシステムとして利用することもできますし、防衛組織やパフォーマンス・ベース・ロジスティクス(PBL)請負事業者が自社システムとして導入することも可能です。

  • 低コストで設備の即応性を維持 – 設備資産の稼働率を正確に監視し、方針の変更を整備実績に関連付けることにより、維持管理コストの大幅な削減を達成できます。
  • パフォーマンスの最適化 – リアルタイムのミッションおよび設備稼働データ、リソースの制約、および部品の可用性に基づいて整備の計画とスケジュールを効果的に策定し、供給過剰による出費の発生を排除します。
  • 運用の俊敏性を向上 – 不測の事態やミッションプロファイルの変化に対して確信を持って対応することにより、設備の非稼働時間を短縮し、十分な準備態勢を構築できます。
  • すべての設備資産を可視化 – パフォーマンスと意思決定を改善するために、統合された総合的な取り組みにより、ロジスティクスネットワークを積極的に管理します。
  • 展開された設備の保全 – 稼働中の設備、中間地点あるいは補給所における整備の可視化、およびグローバルに配備された設備資産のリアルタイムのTotal Asset Visibility(TAV:すべての設備を可視化すること)を通じて、設備資産、リソース、および必要な整備を正確に特定します。

OEMおよび機器サプライヤー

IFSは、防衛関連機器OEMメーカーおよびサプライヤーに生産管理および製品ライフサイクル管理のエンタープライズソフトウェアを提供しています。これには、会計管理および人事管理の機能も統合されています。

  • 完全な製品ライフサイクル管理機能
  • あらゆる生産形態に対応したハイブリッド生産管理
  • プロジェクトのペギング
  • エンタープライズ・オペレーショナル・インテリジェンス
  • アフターサービスおよび顧客サービス管理
  • 組み込まれたコンプライアンス管理と輸出管理機能

資料のダウンロードはこちら

防衛関連企業向け業績管理

IFSは、防衛関連企業の効率的な運営を支援するソフトウェアを提供しています。部門の管理、施設の管理、あるいは全社的な管理などいかなる規模の管理であろうと、IFSのソフトウェアおよびソリューションは、本社機能、ロジスティクス、フリートおよび設備資産管理、設備の即応性の維持、インテリジェンスの活用などすべての要件に対応できます。これらのソリューションは、政府機関が導入したり、あるいは民間セクターのアドバイザーやSIパートナーが導入することもできます。

  • 全社的なロジスティクス管理
  • 意思決定のための財務情報、パフォーマンス情報、および業務情報
  • 構成管理、メンテナンス・リペア・オーバーホール(MRO)、ロジスティクス
  • 施設管理
  • 作業員管理とスケジューリング

防衛施設管理

IFSが提供する包括的な防衛産業向けソフトウェアの不可欠なソリューションとして、設備管理ソリューションは、造船所、作戦基地、訓練施設、飛行場、整備拠点など、さまざまな防衛施設の要件に対応しています。IFSのソリューションは、以下の防衛施設や作業員の業務の支援に対応しています。

  • 複雑な構成の設備資産向けの大規模な修理施設
  • 軍事作戦基地
  • 防衛施設内で活動するサービス技術者
  • トレーニングセンター - 設備および施設の維持

オフライン・オペレーション

防衛組織は、遠隔地、極端な気象条件、および紛争の脅威が存在する敵対的な環境で活動し、人員、防衛資産、および通信にはリスクが伴います。

IFSオフライン・オペレーションは、軍事組織および防衛組織が、ラップトップなどの持ち運び可能なハードウェアとの接続環境の状態を問わず、世界中のどこにいても必要な時に、航空資産およびデータを配備、運用、保護、および安全に返却できるように設計されています。この防衛航空向けソリューションは、作戦行動の有効性を維持し、コンプライアンスを確保し、作戦全体の技術記録の収集を可能にします。さらに、基地への帰還時のデータの完全性を十分に確保するために必要なすべての機能を提供します。IFSオフライン・オペレーションは、次の方法でこれを実現します。

  • 航空機から、中心拠点や分断された拠点の在庫の資産にいたるまで、アプリケーションとエンジニアリングのデータを一元的に管理します。
  • 接続の制約に関わらず、ネットワークの耐障害性を保護しながら、あらゆるオペレーティング・シアターに設備資産を導入できます。
  • 個別の記録を使用して資産を安全に運用しながら、段階的な統合によってデータの整合性を確保できます。
  • データの精度と一貫性が向上しますが、アクティブな資産レコードは1つしかないため、データの重複を防ぐことができます。
  • すべての前哨基地の技術記録保管所を介して、分断された基地に対して、耐空性要件を十分に満たすための支援を提供します。

Read more about operating in unplanned connectivity scenarios