Skip to main content

You are visiting the Japanese site. You might be interested in the English site.

Go to the English site Stay on the Japanese site

エネルギー・公益産業エコシステム

現在、エネルギーおよび公益事業分野の多くの企業がIFSのソフトウェアを導入し、プロジェクト管理、設備資産管理(EAM)、フィールド・サービス管理、カスタマー・エンゲージメント管理における業務効率を向上させ、卓越したカスタマー・サービスを提供しています。

エネルギーおよび公益事業の組織は複雑です。発電、送配電、あるいは上下水処理のすべてにわたり、業務効率を改善し、顧客満足度を向上させる必要があります。

これには、新規投資プロジェクト、複雑な構成の線形設備資産、広範にわたって活動するフィールド作業員など、これらすべてを適切に管理し、そしてエンドユーザーや消費者を中心に置いたビジネスを行うのはもちろんのことです。これは真の難題になり得る可能性があります。

IFSのソフトウェアは、このような広い業務範囲をカバーすると共に、組織のさまざまなレベルの要件を満たす豊富な機能を提供します。

エネルギー・公益産業エコシステム

以下の図を参照して、IFSのお客様の導入事例と、エネルギー・公益事業分野に特化した課題やビジネス機会に関するIFSの見解をご覧ください。

Click the numbered titles below to find out more

新しい投資を計画し、電力網と機器の運転を管理することは、顧客との信頼関係を維持し、従業員と地域社会の安全を確保し、マージンを改善するために重要です。

2019年、ARCは、IFSを世界で最も急速に成長している設備資産管理(EAM)ベンダーとして認めました。

線形設備資産向けIFS設備資産管理(EAM)ソリューション

Read more

人々は皆、清潔で信頼性の高い家庭用水道に依存し、上下水道事業の需要は非常に大きいものです。しかし、上下水道網、複雑な水処理施設、および消費者との関係を管理し投資することは、多方面からのプレッシャーにさらされる困難な事業です。

  • 高まる規制圧力
  • 消費者の期待と責任
  • 新しい協業と新しい商機

上下水道事業に関わる企業は、これらの課題に対応できるだけでなく、業務効率化、競争力向上、規制へのコンプライアンス強化、サービスの質の向上が可能なソフトウェア・ソリューションを求めています。

資料のダウンロードはこちら

消費者は、オンラインでのショッピング、タクシーの予約、ファーストフードの注文などのコンシューマー向けサービスで経験するのと同様のサービスのスピードと明確さを電力会社にも求めています。ここでは、エネルギー・公益事業者が顧客満足度を向上させるための方法について述べています。

エネルギー供給業者や電力会社は、顧客満足度について、一流の技術企業から何を学ぶことができるでしょうか

Watch the Panel Discussion

Optimizing the productivity of your field workforce while delivering a great experience for your customers is ever more challenging in today's on-demand economy.

IFS’s world-class real-time scheduling and optimization tool uses AI and advanced algorithms to deliver the optimum schedule no matter how large your workforce or how complex and volatile your service business.

Read how National Grid Smart is using IFS Applications to support the move to smart meters

Read more

複数の発電方式を導入したり、合弁事業や新たな製品やサービスの投入など、新しいビジネスモデルを導入することは、新たな課題をもたらします。こちらの動画では、これらのビジネス戦略が保全・保守作業に及ぼす影響について考察しています業界をリードする2人の専門家が、成功のための重要なヒントをいくつか取り上げています。

Watch the video interview

公益事業のプロジェクトは複雑であり、多くの場合、規制当局や地方政府機関だけでなく、下請業者の労働者を含む複数の利害関係者が関与します。しかし、多くの場合、複雑なプロジェクトのライフサイクルを管理する担当者は、プロジェクトのさまざまな段階 (入札、コマーシャル、見積、エンジニアリング、調達、製造と組立、計画、コスト管理、建設、据付、試運転) を管理するために、異なるソフトウェア製品を導入する必要があります。

IFSは、これらのプロジェクトのさまざまな段階を統合するプロジェクト管理ソフトウェアを提供しています。IFSのソフトウェアが複雑なプロジェクト・ライフサイクルの管理をどのように支援するかについて、詳細は資料をご覧ください。/p>

Read more

エネルギー企業が存続するためには、事業の多角化は避けては通れません。再生可能エネルギーはもはや未来の話ではなく、現実のものとして今日のエネルギー供給のかなりの部分を占めています。競争力を高めるために、発電事業者は事業の多様化を推進し、再生可能エネルギーに投資しています。

しかし、これにより、従来の発電方式には新たなビジネス管理上の課題が生じ、企業は新しいビジネスモデルを採用するようになり、新たな課題に対峙することになります。

ここでは、企業が事業の多角化の課題に対応するためにIFSソリューションがどのように役立つかを説明しています。

Read more

IFSは、エネルギー産業、公益産業、天然資源産業に向けて、ERP、設備資産管理(EAM)、フィールドサービス管理(FSM)のソリューションを提供しています。

IFS、ガートナー社のマジッククアドラントで5年連続「リーダー」を獲得

市場の多くのサービス管理ソフトウェアの中から、自社に最適なソリューションを選定するのは非常に難しいことです。IFSのソリューションはその豊富な機能と優れた柔軟性により、ガートナー社から高い評価を受けています。いかに複雑なサービス業務であっても簡素化し、円滑に業務を実施できるよう支援します。

マジッククアドラントのレポートはこちら

IFS、設備資産管理(EAM)ソフトウェア分野でガートナー・ピアインサイト・カスタマーズチョイスを受賞

IFSは、このたび、設備資産管理ソフトウェア分野で「ガートナー・ピアインサイト・カスタマーズチョイス」に認定されました。これは、「ガートナーピアインサイト」プラットフォームを通して、IFSのお客様から高い評価を受けたものです。

GARTNER PEER INSIGHTS CUSTOMERS’ CHOICEのバッジは、Gartner Inc.または関連会社の商標およびサービスマークであり、同社の許可に基づいて使用しています。All rights reserved. Gartner Peer Insights Customers’ Choiceは、個々のエンドユーザーのレビュー、レーティング、および実証メソドロジー(documented methodology)により抽出されたデータが主観的な意見として集約されたものであり、ガートナーまたはその関連会社による見解あるいは推薦を表すものではありません。

詳細はこちら

Find out more