Skip to main content

You are visiting the 日本 site. You might be interested in the United States site.

Go to the United States site Stay on the 日本 site

発電事業者

プロジェクト管理と設備資産管理のソフトウェア―多様化する産業の挑戦者たちのニーズに対応

IFSは、発電事業者向けにエンタープライズ・ソフトウェアを提供しています。これは、プロジェクト管理、設備資産管理(EAM)、サービス管理の機能とビジネスの中核となるERPの機能が統合されたものです。

IFSには、今日のエネルギー産業が直面している課題について幅広い知識があります。1983年にIFSが設立された当時、最初の顧客は原子力発電事業者でした。そして、現在IFSは、オンプレミス型またはクラウド対応のERPおよび設備資産管理ソフトウェアの世界的なリーディングプロバイダーとして、第三者機関から高い評価を受けています。

発電設備や施設が進化し、再生可能エネルギーの発電コストが低減していくのに伴って、IFSは、プロジェクト管理、設備資産管理、サービス管理に重点を置く企業を支援するために注力してきました。つまり、IFSは、企業がビジネスの課題をチャンスに転換するための支援を提供する最適なソフトウェアベンダーです。

発電施設と事業者のための設備資産管理(EAM)およびERPソリューション

発電産業の多様化

再生可能エネルギーはもはや未来の計画ではなく、今日のエネルギーの大部分を占めるものです。このような市場競争のために、発電事業者は、再生可能エネルギーの差別化と投資強化に注力しています。しかし、これにより、従来の発電方法に加えて新たな業務管理の課題が生じ、多くの企業は新たなビジネスモデルを採用する傾向にあります。このようなビジネスの多様化戦略を成功させるには、適切なテクノロジーとソリューションを導入することが不可欠です。

資料のダウンロードはこちら

設備資産管理およびERPソリューション

IFSのエネルギー産業、公益産業、天然資源産業分野のグローバルインダストリーディレクターであるColin Beaneyが、IFSの設備資産管理およびERPソリューションが発電産業のどのようなところで、お客様に価値を提供できるかをご紹介します。

IFS、設備資産管理(EAM)ソフトウェア分野でガートナー・ピアインサイト・カスタマーズチョイスを受賞

IFSは、このたび、設備資産管理ソフトウェア分野で「ガートナー・ピアインサイト・カスタマーズチョイス」に認定されました。これは、「ガートナーピアインサイト」プラットフォームを通して、IFSのお客様から高い評価を受けたものです。

GARTNER PEER INSIGHTS CUSTOMERS’ CHOICEのバッジは、Gartner Inc.または関連会社の商標およびサービスマークであり、同社の許可に基づいて使用しています。All rights reserved. Gartner Peer Insights Customers’ Choiceは、個々のエンドユーザーのレビュー、レーティング、および実証メソドロジー(documented methodology)により抽出されたデータが主観的な意見として集約されたものであり、ガートナーまたはその関連会社による見解あるいは推薦を表すものではありません。

詳細はこちら

IFSは、エネルギー産業、公益産業、天然資源産業に向けて、ERP、設備資産管理(EAM)、フィールドサービス管理(FSM)のソリューションを提供しています。