Skip to main content

You are visiting the Japanese site. You might be interested in the English site.

Go to the English site Stay on the Japanese site

発電事業者

プロジェクト管理と設備資産管理のソフトウェア―多様化する産業の挑戦者たちのニーズに対応

IFSは、発電事業者向けにエンタープライズ・ソフトウェアを提供しています。これは、プロジェクト管理、設備資産管理(EAM)、サービス管理の機能とビジネスの中核となるERPの機能が統合されたものです。

IFSには、今日のエネルギー産業が直面している課題について幅広い知識があります。1983年にIFSが設立された当時、最初の顧客は原子力発電事業者でした。そして、現在IFSは、オンプレミス型またはクラウド対応のERPおよび設備資産管理ソフトウェアの世界的なリーディングプロバイダーとして、第三者機関から高い評価を受けています。

発電設備や施設が進化し、再生可能エネルギーの発電コストが低減していくのに伴って、IFSは、プロジェクト管理、設備資産管理、サービス管理に重点を置く企業を支援するために注力してきました。つまり、IFSは、企業がビジネスの課題をチャンスに転換するための支援を提供する最適なソフトウェアベンダーです。

発電施設と事業者のための設備資産管理(EAM)およびERPソリューション

エネルギー・公益産業に向けてIFSができること

エネルギー・公益産業の企業にとって重要なのは、運転効率を高め、顧客満足度を向上させることです。これらを実現するには、さまざまなシナリオを網羅した幅広い業務プロセスを管理する必要があります。こちらのページでは、エネルギーならびに公益産業におけるエコシステムのインタラクティブなマップをご紹介しています。IFSのソフトウェアがどのような局面でお客様にどのような価値をご提供できるのかをご覧いただけます。

詳細はこちら

発電産業の多様化

再生可能エネルギーはもはや未来の計画ではなく、今日のエネルギーの大部分を占めるものです。このような市場競争のために、発電事業者は、再生可能エネルギーの差別化と投資強化に注力しています。しかし、これにより、従来の発電方法に加えて新たな業務管理の課題が生じ、多くの企業は新たなビジネスモデルを採用する傾向にあります。このようなビジネスの多様化戦略を成功させるには、適切なテクノロジーとソリューションを導入することが不可欠です。

資料のダウンロードはこちら

Globeleq社、IFSで5か国の18拠点を統合

このビデオでは、Globeleq社のITディレクターであるGary Mitchem氏が、彼のビジネスを「ひとつのGlobeleq」として統合するにあたり、なぜIFSが最適なソリューションだったのかを説明しています。

IFSは、エネルギー産業、公益産業、天然資源産業に向けて、ERP、設備資産管理(EAM)、フィールドサービス管理(FSM)のソリューションを提供しています。

グローバルなコンプライアンスとレポートの管理

世界のエネルギー需要は急速に増加し続けており、2040年までには、中国とインドが新たに現在の30%増の電力を必要とすると言われています。多くの人々がこの需要を満たすために再生可能エネルギーへの転換を図っています。再生可能エネルギーは、より効率的な発電が可能であり、市場の圧力にさらされることなく、競争を勝ち抜く機会を提供するものです。これに加えて、グリーンエネルギーに対する課税、規制、消費者の需要の変化により、従来の化石燃料の利用は魅力のないものとなっています。しかし、多様な発電方式の組み合わせにより、それ自体が課題となり、その結果、事業がより細分化され、地理的に分散されるようになりました。

このような組織構造では、企業の業績や、ベンダーやサプライヤとの協業を統合管理することが困難です。組織がプロジェクト、資産、サプライチェーン、人事などのさまざまなアプリケーションに依存している場合、財務チームはすべての機能を個別に検討する必要があるため、この問題はさらに複雑になります。

IFSは、グローバルに複数の拠点を展開する企業の組織構造をサポートする、合理化された柔軟なソリューションを提供します。グローバルおよびローカル・レベルでの財務報告の透明性を実現すると同時に、全社的にコンプライアンスを確保します。

資料のダウンロードはこちら

統合資産管理

IFSは、揺りかごから墓場まで、設備資産のライフサイクル全体をサポートする包括的な機能を提供します。発電施設への新たな投資を計画している場合でも、生産的なライフサイクルを通じて発電施設を運用および維持している場合でも、あるいは改修または廃止措置を実施している場合でも、IFSのソリューションは一つの信頼できる情報を提供し、設備資産のライフサイクルを通じて価値の最大化を支援します。

設備資産管理(EAM) ソフトウェアは、コンピュータ化された保守管理システム(CMMS)以上のものである必要があります。完全なエンタープライズ・ソフトウェア・システムの一部として、またはスタンドアロンの設備資産管理ソリューションとして、IFSのソリューションは、設備の信頼性とライフサイクル管理を向上させながら、設備資産管理やその他の組織の要件を満たすために必要な機能を選択し、導入できます。

つまり、IFSは発電事業者に、世界をリードする設備資産管理機能を備えたグローバルなエンタープライズソリューション、またはより広範な環境に統合できる優れた設備資産管理ソリューションのいずれの選択肢も提供することができます。

詳しくはこちら

効率的なプロジェクト管理

複雑なプロジェクトライフサイクルを管理する担当者は、プロジェクトのさまざまな段階 (入札、民営、見積もり、エンジニアリング、調達、製造、建造、プランニング、コスト管理、建設、設置、試運転) を管理するために、個別のソフトウェア製品を使用することを余儀なくされることがよくあります。

IFSのエンタープライズ・プロジェクト管理ソフトウェア機能は、これらのステップを1つのプロセスに統合し、リアルタイムのアクティビティに関するデータをプロジェクト計画に直接取り込みます。これにより、コスト、現金、時間、リソース、リスクをリアルタイムで管理できるようになり、管理性と可視性が向上します。IFSは、真のプロジェクト管理ソリューションを提供します。これは、反復的なプロセスではなく、プロジェクト管理の原則に基づいて構築されたエンタープライズソリューションです。

詳しくはこちら

最適化されたサプライチェーン

サプライチェーンの透明性を高めることで、国内外の複数のサイトと様々なポートフォリオで構成されるビジネスの全体像を正確に把握し、個々のサイトと同程度の正確性を確保していますか?

IFSのソリューションは、発電事業者がグローバル・サプライ・チェーンの複雑さを管理することを支援し、会社間取引、グローバルでのスペア・パーツ計画、および特定のサイトの保有在庫の管理をサポートします。

IFSのソリューションでは、サプライチェーン管理だけでなく、計画や予測も同じプラットフォームで行うことができます。

詳しくはこちら

イノベーションのための基盤

IFSのソリューション・ビジョン・ステートメントでは、ソリューションの戦略的方向性と、このビジョンを実現するために構築している基盤について説明しています。インテリジェントで自律的な企業を目指す当社のビジョンは、お客様がビジネスを進化させ、変革するのを支援することであり、お客様は、エキサイティングな新製品や新しい考え方で市場の期待に応え、成長することができます。

拡張現実、人工知能、最適化、およびその他のデジタル変換技術を統合するアプリケーションサービス

ユーザーエクスペリエンス、エバーグリーン(いつまでも使い続けることができる)、ユニバーサルクラウド、統合、セキュリティに関する戦略的基盤

開発と革新のペースを上げるための進化したアーキテクチャ

資料のダウンロードはこちら

グローバルなコンプライアンスとレポートの管理

世界のエネルギー需要は急速に増加し続けており、2040年までには、中国とインドが新たに現在の30%増の電力を必要とすると言われています。多くの人々がこの需要を満たすために再生可能エネルギーへの転換を図っています。再生可能エネルギーは、より効率的な発電が可能であり、市場の圧力にさらされることなく、競争を勝ち抜く機会を提供するものです。これに加えて、グリーンエネルギーに対する課税、規制、消費者の需要の変化により、従来の化石燃料の利用は魅力のないものとなっています。しかし、多様な発電方式の組み合わせにより、それ自体が課題となり、その結果、事業がより細分化され、地理的に分散されるようになりました。

このような組織構造では、企業の業績や、ベンダーやサプライヤとの協業を統合管理することが困難です。組織がプロジェクト、資産、サプライチェーン、人事などのさまざまなアプリケーションに依存している場合、財務チームはすべての機能を個別に検討する必要があるため、この問題はさらに複雑になります。

IFSは、グローバルに複数の拠点を展開する企業の組織構造をサポートする、合理化された柔軟なソリューションを提供します。グローバルおよびローカル・レベルでの財務報告の透明性を実現すると同時に、全社的にコンプライアンスを確保します。

資料のダウンロードはこちら

統合資産管理

IFSは、揺りかごから墓場まで、設備資産のライフサイクル全体をサポートする包括的な機能を提供します。発電施設への新たな投資を計画している場合でも、生産的なライフサイクルを通じて発電施設を運用および維持している場合でも、あるいは改修または廃止措置を実施している場合でも、IFSのソリューションは一つの信頼できる情報を提供し、設備資産のライフサイクルを通じて価値の最大化を支援します。

設備資産管理(EAM) ソフトウェアは、コンピュータ化された保守管理システム(CMMS)以上のものである必要があります。完全なエンタープライズ・ソフトウェア・システムの一部として、またはスタンドアロンの設備資産管理ソリューションとして、IFSのソリューションは、設備の信頼性とライフサイクル管理を向上させながら、設備資産管理やその他の組織の要件を満たすために必要な機能を選択し、導入できます。

つまり、IFSは発電事業者に、世界をリードする設備資産管理機能を備えたグローバルなエンタープライズソリューション、またはより広範な環境に統合できる優れた設備資産管理ソリューションのいずれの選択肢も提供することができます。

詳しくはこちら

効率的なプロジェクト管理

複雑なプロジェクトライフサイクルを管理する担当者は、プロジェクトのさまざまな段階 (入札、民営、見積もり、エンジニアリング、調達、製造、建造、プランニング、コスト管理、建設、設置、試運転) を管理するために、個別のソフトウェア製品を使用することを余儀なくされることがよくあります。

IFSのエンタープライズ・プロジェクト管理ソフトウェア機能は、これらのステップを1つのプロセスに統合し、リアルタイムのアクティビティに関するデータをプロジェクト計画に直接取り込みます。これにより、コスト、現金、時間、リソース、リスクをリアルタイムで管理できるようになり、管理性と可視性が向上します。IFSは、真のプロジェクト管理ソリューションを提供します。これは、反復的なプロセスではなく、プロジェクト管理の原則に基づいて構築されたエンタープライズソリューションです。

詳しくはこちら

最適化されたサプライチェーン

サプライチェーンの透明性を高めることで、国内外の複数のサイトと様々なポートフォリオで構成されるビジネスの全体像を正確に把握し、個々のサイトと同程度の正確性を確保していますか?

IFSのソリューションは、発電事業者がグローバル・サプライ・チェーンの複雑さを管理することを支援し、会社間取引、グローバルでのスペア・パーツ計画、および特定のサイトの保有在庫の管理をサポートします。

IFSのソリューションでは、サプライチェーン管理だけでなく、計画や予測も同じプラットフォームで行うことができます。

詳しくはこちら

イノベーションのための基盤

IFSのソリューション・ビジョン・ステートメントでは、ソリューションの戦略的方向性と、このビジョンを実現するために構築している基盤について説明しています。インテリジェントで自律的な企業を目指す当社のビジョンは、お客様がビジネスを進化させ、変革するのを支援することであり、お客様は、エキサイティングな新製品や新しい考え方で市場の期待に応え、成長することができます。

拡張現実、人工知能、最適化、およびその他のデジタル変換技術を統合するアプリケーションサービス

ユーザーエクスペリエンス、エバーグリーン(いつまでも使い続けることができる)、ユニバーサルクラウド、統合、セキュリティに関する戦略的基盤

開発と革新のペースを上げるための進化したアーキテクチャ

資料のダウンロードはこちら

IFS、設備資産管理(EAM)ソフトウェア分野でガートナー・ピアインサイト・カスタマーズチョイスを受賞

IFSは、このたび、設備資産管理ソフトウェア分野で「ガートナー・ピアインサイト・カスタマーズチョイス」に認定されました。これは、「ガートナーピアインサイト」プラットフォームを通して、IFSのお客様から高い評価を受けたものです。

GARTNER PEER INSIGHTS CUSTOMERS’ CHOICEのバッジは、Gartner Inc.または関連会社の商標およびサービスマークであり、同社の許可に基づいて使用しています。All rights reserved. Gartner Peer Insights Customers’ Choiceは、個々のエンドユーザーのレビュー、レーティング、および実証メソドロジー(documented methodology)により抽出されたデータが主観的な意見として集約されたものであり、ガートナーまたはその関連会社による見解あるいは推薦を表すものではありません。

詳細はこちら