Skip to main content

プロジェクトと設備資産のライフサイクル管理ソフトウェア

造船および船舶修繕向け

デジタル化された造船所をめぐる競争。

造船事業全体でデジタル化の利点を享受するためには、製品ライフサイクル管理(PLM)や3D設計ソフトウェアを超えるものが必要です。それはつまり、顧客に価値をもたらす重要な局面を正確に網羅するERPです。しかし、これは難しい課題です。造船ビジネスの性質がプロジェクト主導であり、さらにバリューチェーンに次のような特有のステップがあるからです。

  • 設計
  • 調達
  • 建造
  • 艤装
  • 海上試運転
  • 整備・点検
プロジェクトと設備資産のライフサイクル管理およびサービスソフトウェア

ロイヤルIHC社が17のERPシステムをひとつのIFSのインスタンスに置換し、クローバルに展開

Customer Quote
IFSは当社のばらばらなシステムと機能の統合を非常によく理解していました。
Dave VanderHeyde氏 CEO, ロイヤルIHC社
詳細はこちら

その他の事例はこちら

0

ロイヤルIHC社の拠点数

0

従業員数

0

ひとつのITプラットフォームに統合

プロジェクトおよび設備資産に特化したビジネスシステムの選択方法

エンジニアリング会社および建設会社向けのビジネスソフトウェアの選択はきわめて困難です。その理由は主に、多くのERPソリューションは繰返生産の産業分野を起源とし、プロジェクト主導および設備資産主導のビジネスに不向きであるためです。建設向けソフトウェアを選択する際には、契約管理や進捗ベースの課金、下請業者管理、モジュラーまたはオフサイト建設の機能などの特徴を注意深く観察する必要があります。

詳細はこちら

ロイヤルIHC社が17のERPシステムを1つのIFSインスタンスに置換

ロイヤルIHCは、グローバルに事業を展開する造船会社です。ONE IHCプロジェクトによって、同社がいかにして顧客や関係者に優れたROIを実現する最高のソリューションを提供できるようになったかについて、このビデオをご覧ください。

インダストリーの課題への対処方法

この動画ではIFSのグローバル・インダストリー・ディレクターであるケニー・イングラムが、複雑な設備やインフラのエンジニアリング、建設、建造に携わる企業は、この混沌とした市場の課題にどのように取り組むべきかを語っています。

エンジニアリング・建設・インフラ整備事業向けの最善のソリューション

チャレンジャーのための統合型ソリューション

プロジェクト管理のためのERP

IFSのソフトウェアによって、受注設計生産型の製造業、建設業、エンジニアリング業は、プロジェクトや案件単位に行われるビジネスの管理に最適なERPソリューションを実現することができます。IFSのソリューションは、エンジニアリング、建設、建造、試作品製作、サービス契約など、一度限りのプロジェクトの支援に特化して開発されています。

プロジェクト管理の機能を使用して、設計、調達、ドキュメントの引き渡し、設置、建造などのあらゆる業務のスケジュールを策定することができます。これらは、プロジェクトに関わるすべての部門と効率的に情報を共有することによって、調整することができます。

プロジェクトドリブン型のソリューションによって、組織全体の透明性を高め、ビジネスの状況をよりうまく把握できるようになります。すべての従業員が一つの共通の計画にアクセスできることで、プロジェクトの納期と予算を確実に守れるようになります。

詳細はこちら

設備保全管理システムから設備資産ライフサイクル管理まで

設備資産管理(EAM)ソフトウェアには、単に優れた設備保全管理システム(CMMS)以上の機能が必要です。設備資産ライフサイクル管理(ALM)に対応する必要があります。これこそが、IFSが提供しているものです。IFSのビジネスは、設備資産管理(EAM)ソリューションの開発からスタートしました。そのため、文書管理、リスク管理、会計管理、在庫管理、契約管理など、IFSのソフトウェアを構成するすべての機能が設備資産管理(EAM)ソリューションに統合されています。シンプルな作業オーダの作成や保守在庫管理、あるいは資産集約型企業の設備資産を「ゆりかごから墓場まで」支援するための包括的な設備資産ライフサイクル管理にいたるまで、さまざまな機能を提供します。

詳細はこちら

包括的なサービスライフサイクル管理

IFSサービスマネジメントは、あらゆるサービス事業者向けの包括的なサービスライフサイクル管理ソリューションです。フィールド、工場、顧客の自宅あるいはオフィス、修理センターなどいかなる場所であっても、また、サービスの対象物が線形設備あるいは資本設備などいかなるものであっても、IFSサービスマネジメントは、最適なソリューションを提供します。

詳細はこちら

プロジェクト管理のためのERP

IFSのソフトウェアによって、受注設計生産型の製造業、建設業、エンジニアリング業は、プロジェクトや案件単位に行われるビジネスの管理に最適なERPソリューションを実現することができます。IFSのソリューションは、エンジニアリング、建設、建造、試作品製作、サービス契約など、一度限りのプロジェクトの支援に特化して開発されています。

プロジェクト管理の機能を使用して、設計、調達、ドキュメントの引き渡し、設置、建造などのあらゆる業務のスケジュールを策定することができます。これらは、プロジェクトに関わるすべての部門と効率的に情報を共有することによって、調整することができます。

プロジェクトドリブン型のソリューションによって、組織全体の透明性を高め、ビジネスの状況をよりうまく把握できるようになります。すべての従業員が一つの共通の計画にアクセスできることで、プロジェクトの納期と予算を確実に守れるようになります。

詳細はこちら

設備保全管理システムから設備資産ライフサイクル管理まで

設備資産管理(EAM)ソフトウェアには、単に優れた設備保全管理システム(CMMS)以上の機能が必要です。設備資産ライフサイクル管理(ALM)に対応する必要があります。これこそが、IFSが提供しているものです。IFSのビジネスは、設備資産管理(EAM)ソリューションの開発からスタートしました。そのため、文書管理、リスク管理、会計管理、在庫管理、契約管理など、IFSのソフトウェアを構成するすべての機能が設備資産管理(EAM)ソリューションに統合されています。シンプルな作業オーダの作成や保守在庫管理、あるいは資産集約型企業の設備資産を「ゆりかごから墓場まで」支援するための包括的な設備資産ライフサイクル管理にいたるまで、さまざまな機能を提供します。

詳細はこちら

包括的なサービスライフサイクル管理

IFSサービスマネジメントは、あらゆるサービス事業者向けの包括的なサービスライフサイクル管理ソリューションです。フィールド、工場、顧客の自宅あるいはオフィス、修理センターなどいかなる場所であっても、また、サービスの対象物が線形設備あるいは資本設備などいかなるものであっても、IFSサービスマネジメントは、最適なソリューションを提供します。

詳細はこちら