Skip to main content

You are visiting the Japanese site. You might be interested in the English site.

Go to the English site Stay on the Japanese site

自動車産業向けERPソフトウェア

設計統合からサプライチェーン管理、一貫生産、販売およびアフターサービス管理にいたるまで、自動車のライフサイクル管理を支援する業界屈指のERPソフトウェア。その豊富な機能は、自動車OEMメーカーやあらゆる層のサプライヤーに最適なソリューションを提供します。

IFSソフトウェアは、長期にわたり、自動車産業に最適なERP(企業資源の最適化計画)ソリューションとして導入されてきた実績があります。

自動車産業のお客様は、IFSのソリューションの導入により、自動車のライフサイクルを通した管理が可能になりました。IFSのソリューションは、設計統合から需要管理、サプライチェーン管理、一貫生産、販売およびアフターサービス管理にいたるまでを支援し、これらすべての機能は会計管理や人材管理と統合されています。さらに、カンバンなどリーン生産にも対応しています。IFSのソフトウェアは、自動車OEMメーカーならびにあらゆる層のサプライヤーに最適化されたソリューションを提供します。

自動車産業向けERPソフトウェア

モーガンモーターカンパニー、近代化を推進することで伝統を盛り上げる

Customer Quote
IFSのソフトウェアは当社のビジネスの真の基盤だと考えます。この変革なしには、ビジネスを進めることはできなかったでしょう。IFSのようなパートナーは、100年後、200年後の私たちの成長や未来に欠かすことはできません。私たちは、生産、販売、スペアパーツの管理を支援できるソリューションを探していました。結果的に、これらの要件に標準機能で対応できるシステムは、IFSのソフトウェアだけでした。
Graham Chapman氏 テクノロジーディレクター, モーガンモーターカンパニー
詳細はこちら

その他の事例はこちら

0

100年変わらないモーガンの精神

0
%

IFSのソフトウェアの導入後、スタッフの作業効率が30%向上

0

1車両あたりの作業表の作成にかかる時間(以前は2時間)

ERPのひとつの失敗がリーン生産戦略の障壁になる

ERPソフトウェアによってリーン生産戦略を強化できるでしょうか?もう一度考えてみませんか。ERPのこんな失敗一つによって貴社のリーン戦略が頓挫するかもしれません。

資料のダウンロードはこちら

スポーツペサ・レーシング・ポイント、IFSのクラウドERPにより競争力を強化

スポーツペサ・レーシング・ポイントは、500を超えるグランプリレースで実績を誇るF1チームです。レーシングポイントはIFSのクラウドERPを使用して、複雑な工場のオペレーションを管理し、将来のチームの成長を支援しています。

詳細はこちら

製造業のニーズに対応したソリューション

Challenger(挑戦者)のための統合ソリューション

自動車産業

IFSの自動車産業向けソフトウェアには、生産管理、販売管理、サプライチェーン管理、サービス管理、設備資産管理、プロジェクト管理の機能が装備されており、これらは会計管理や人材管理と統合されています。IFSのソフトウェアは、スタンドアロン型で導入したり、あるいは既存システムと統合するなどさまざまな形態での運用が可能です。または、段階的に導入し、全社的なシステムへと拡張していくこともできます。

自動車部品サプライヤーの中には、IFSのソフトウェアを導入している他の産業の製造業と同様に、複雑なオーダードリブンの複合生産方式に対応したソリューションを必要としている企業があります。しかし、多くの場合、リーン生産(かんばん)、電子データ交換(EDI)、マルチサイトの生産計画および実行などの自動車業界に特有の機能が必要とされます。

自動車メーカー(組立業者)は、特に、複数のアルゴリズムに基づく需要計画および予測、サービスレベル契約に基づくスペア部品の供給や代替計画、受注設計生産や個別受注生産管理、プロジェクト型生産管理や製番管理を含むプロジェクト管理の機能に高い関心を持っています。

また、IFSエコ・フットプリント管理ツールを使用すると、製品単位で環境への負荷を定量化できます。製品ライン、製造プロセス、事業部または会社別に環境負荷の詳細なレポートを作成できます。

IFSのソフトウェアについて詳細はこちら

自動車産業

IFSの自動車産業向けソフトウェアには、生産管理、販売管理、サプライチェーン管理、サービス管理、設備資産管理、プロジェクト管理の機能が装備されており、これらは会計管理や人材管理と統合されています。IFSのソフトウェアは、スタンドアロン型で導入したり、あるいは既存システムと統合するなどさまざまな形態での運用が可能です。または、段階的に導入し、全社的なシステムへと拡張していくこともできます。

自動車部品サプライヤーの中には、IFSのソフトウェアを導入している他の産業の製造業と同様に、複雑なオーダードリブンの複合生産方式に対応したソリューションを必要としている企業があります。しかし、多くの場合、リーン生産(かんばん)、電子データ交換(EDI)、マルチサイトの生産計画および実行などの自動車業界に特有の機能が必要とされます。

自動車メーカー(組立業者)は、特に、複数のアルゴリズムに基づく需要計画および予測、サービスレベル契約に基づくスペア部品の供給や代替計画、受注設計生産や個別受注生産管理、プロジェクト型生産管理や製番管理を含むプロジェクト管理の機能に高い関心を持っています。

また、IFSエコ・フットプリント管理ツールを使用すると、製品単位で環境への負荷を定量化できます。製品ライン、製造プロセス、事業部または会社別に環境負荷の詳細なレポートを作成できます。

IFSのソフトウェアについて詳細はこちら

Explore more manufacturing content