三峡ダム水力発電所、IFS Applicationsが提供するベストプラクティスにより最小限の人員で価値ある資産を保守

三峡ダム水力発電所(TGHP)では、e-プロジェクト管理情報システム(ePMS)と呼ばれるIFS Applicationsをベースとしたソリューションを導入することにより、世界最大級の水力発電所をほんの一握りの従業員だけで最大限の効率で運営することが可能になりました。

File Information: 事例,   pdf   0.4 MB

ダウンロード事例

ダウンロード