Skip to main content

You are visiting the 日本 site. You might be interested in the United States site.

Go to the United States site Stay on the 日本 site

航空機整備ソフトウェア

航空機整備組織の最適化

航空機整備組織のシームレスな運用は、ひとつの目標(耐空性があり安全に飛行可能な設備資産)をサポートするために、複数の入力作業の同期をいかに維持するかにかかっています。適切な航空機整備管理ソフトウェアを使用することで、航空機を運用する組織は、設備資産の可用性や継続的な品質を確保すると同時に、長期的なパフォーマンス目標の達成に必要なツールやデータを提供できます。

IFSは、世界有数の固定翼および回転翼のオペレーターに、業界屈指の情報フローとリアルタイムのデータ可視性を組み合わせた完全統合システムを提供することで、意思決定の強化、変更への迅速な対応、コンプライアンスの確保などをすべて、ひとつの航空機管理ソフトウェアで実現します。

航空機整備エンジニアリング

チャイナエアラインが業績を大幅改善

Customer Quote
IFS Maintenixは、完全にシームレスな「ジャストインタイム」方式で部品を供給します。保守部品を費用対効果の高い方法でタイムリーに補充してくれます。これは、競争の激しい航空業界でサービス目標を達成するためには必須です。
Huong Wang氏 エンジニアリング部門長, チャイナエアライン
詳細はこちら

その他の事例はこちら

0
%

10%向上したライン管理プロセスの効率

0
%

3%改善したA Checks(A整備)の効率

0

短縮できた計画航空機整備による乗り継ぎ間の待ち時間(レイオーバー)

軍用機の寿命を延長

旧機を蘇らせる - 軍事用設備資産の耐用年数を延長する方法

資料のダウンロードはこちら

設備資産のライフサイクルをあらゆる面から管理

Key solution benefits

リアルタイムにコンプライアンスに遵守

IFS Aircraft Maintenance and Engineering(M&E)ソリューションは、組織全体でのプロアクティブなコンプライアンス管理を可能にします。これには、稼働中の設備資産構成の包括的な管理や、追跡およびレポート作成などが含まれ、データ精度を向上しエンジニアリングから実行までのコンプライアンスを完全に追跡できます。

整備組織全体にエンジニアリングルールとポリシーを徹底することで、プランナーから整備士、資材担当者まで、指定された手順を把握し、確信を持って作業を進めることができます。このようにプロアクティブなコンプライアンス・コントロールによって、整備開始前に航空機の構成や整備状況をリアルタイムに検証し、すべての段階で信頼性を確保します。

ターンアラウンドタイムの短縮

航空機整備組織にとって、ターンアラウンドタイムを継続的に見直しながら、予定通りにreturn to service(機材を運航に戻す)することは非常に重要です。この目標を達成するには、詳細な計画、資材や人員の効率的な配置、意思決定を強化するためのリアルタイムの情報共有、再作業や待ち時間の削減が必要です。

IFS Aircraft M&Eソリューションは、すべての整備作業で部品や作業員を最適な状態に調整し、サプライチェーンに直接アクセスきるように(正しい部品やツールが現場で利用できることを確認)します。このフローの一元化によって、最終的にAOG(緊急部品供給)につながる遅れや、return to serviceの遅延を最小限に抑えることができます。リアルタイムに作業を更新することで、シフトハンドオーバーの合理化、エラーの抑制、作業完了時間の正確予測につながります。

このように、IFSのソリューションは、整備を実施する度に詳細な情報や全体的な傾向をプランナーやスーパーバイザーに提供するとともに、実際のフリート履歴に基づき作業テンプレートを改善できるようになります。

IFS Aircraft M&Eソリューションは、整備全体を管理する機能を提供し、優れた航空機可用性を実現し、世界有数の整備組織に使用されています。

整備士間の連携

運航日は、航空機のメンテナンス組織にとって重要な日です。早いペースで時間が経過し、混乱を招く可能性もあります。変化する運航要求、悪天候、乗組員の可用性、およびメンテナンスの問題はすべて、運航要件を充足できるかどうかに影響します。このような動的な環境では、コミュニケーションが重要です。IFSのソリューションは、最新の作業割り当てと進行中の進捗状況をリアルタイムで表示して、航空機の技術者と直接通信する保守運用コントローラーとスーパーバイザーを提供します。

フライトラインのリアルタイム情報は、状況に対する「気づき」の向上にもつながり、航空機のターンアラウンドを担当する全員が、何をする必要があるかを理解し、作業の実行に必要なツールにアクセスできます。

これらを組み合わせることで、気づきも向上し、トラブルシューティングが容易になり、意思決定が向上します。運航ペースが速い日には、これらは定刻リリースと遅延したreturn to service(機材を運航に戻す)の差に表れます。

計画を広範囲に統合

整備計画は広範囲におよぶため、オペレーターが求める運航上のニーズに対応するため、フリートや施設の要件を決定する戦略的計画から着手します。長期プランナーはこの能力を最大限に活用し、主要点検や定期検査などの大規模な整備作業を計画して、設備資産の可用性を最大限に高めます。

整備実施計画ができたら、詳細な作業範囲を定義して、フェーズ外の整備項目は大規模な作業範囲に移行します。一方で、定期性が高く小さな整備項目は、通常の飛行業務の間に収まる小規模な整備活動として処理されます。

航空機の格納庫では、プランナーはさらにタスクをグループ化および順序付けすることで作業範囲を細かく調整し、最終的に特定の時間や個人に割り当てていきます。

複数の計画を総合的に把握したうえで、計画立案に取り組むことが不可欠です。効果的に整備が計画されることで、その波及効果は航空機の耐空性の確保から航空機のターンアラウンドタイムの短縮、可用性の実現、整備コストの維持まで広範囲にわたります。

IFS Aircraft Maintenance & Engineeringソリューションは、広範囲な運航環境と整備の需要を常に満たすために、計画を効率的に作成および最適化するために必要なツールをプランナーに提供します。

適切な部品を時間通りに

サプライチェーンと調達プロセスは、航空機整備およびエンジニアリング作業に不可欠です。予備部品の在庫管理を効率化することで、企業はコストを大幅に削減できます。ただし、航空機がAOG(緊急部品供給)の状態で部品の調達や購入、配送を待っている場合は、在庫を抑えてコストを節約する方法は効果的な戦略とは言えません。

IFSは、航空機運航者が直面するサプライチェーンの課題に対応します。サプライチェーンプロセスは、エンジニアリング・コンフィグレーション管理システムおよび整備実施プロセスと緊密に連携しているため、整備士は、ライン上または格納庫内で部品が必要になった場合でも、適切な部品を必要なタイミングで入手することができます。また、整備業務の需要信号に基づき、部品が自動的に予約されるため、整備部門からのリクエストに対応するなど、手作業による予備部品の割り当て作業も削減できます。サプライチェーンプロセスのあらゆる段階で、かつ部品リクエストのすべてに対して、航空適合性ルールが適用されます。このルールによってコンプライアンスを確保し、不適切な部品を配送することで生じる遅延を排除することができます。

迅速で安全性、信頼性に優れている

お客様は、IFSのソリューションを自社のITシステムにおけるミッションクリティカルなコンポーネントと考えています。そのため、パフォーマンス、セキュリティ、および信頼性に対して、一定の期待が寄せられています。

現在、IFSのソリューションは、防衛と民間いずれにおいても、世界最大かつ最も複雑な航空機整備オペレーター各社に利用されています。IFSのセキュアな開発プラクティスにより、IFSソフトウェアはOpen Web Application Security Project(OWASP)トップ10のセキュリティリスクに適切に対処するとともに、ミッションクリティカルな要件を満たす可用性の高いアーキテクチャオプションを提供します。

リアルタイムにコンプライアンスに遵守

IFS Aircraft Maintenance and Engineering(M&E)ソリューションは、組織全体でのプロアクティブなコンプライアンス管理を可能にします。これには、稼働中の設備資産構成の包括的な管理や、追跡およびレポート作成などが含まれ、データ精度を向上しエンジニアリングから実行までのコンプライアンスを完全に追跡できます。

整備組織全体にエンジニアリングルールとポリシーを徹底することで、プランナーから整備士、資材担当者まで、指定された手順を把握し、確信を持って作業を進めることができます。このようにプロアクティブなコンプライアンス・コントロールによって、整備開始前に航空機の構成や整備状況をリアルタイムに検証し、すべての段階で信頼性を確保します。

ターンアラウンドタイムの短縮

航空機整備組織にとって、ターンアラウンドタイムを継続的に見直しながら、予定通りにreturn to service(機材を運航に戻す)することは非常に重要です。この目標を達成するには、詳細な計画、資材や人員の効率的な配置、意思決定を強化するためのリアルタイムの情報共有、再作業や待ち時間の削減が必要です。

IFS Aircraft M&Eソリューションは、すべての整備作業で部品や作業員を最適な状態に調整し、サプライチェーンに直接アクセスきるように(正しい部品やツールが現場で利用できることを確認)します。このフローの一元化によって、最終的にAOG(緊急部品供給)につながる遅れや、return to serviceの遅延を最小限に抑えることができます。リアルタイムに作業を更新することで、シフトハンドオーバーの合理化、エラーの抑制、作業完了時間の正確予測につながります。

このように、IFSのソリューションは、整備を実施する度に詳細な情報や全体的な傾向をプランナーやスーパーバイザーに提供するとともに、実際のフリート履歴に基づき作業テンプレートを改善できるようになります。

IFS Aircraft M&Eソリューションは、整備全体を管理する機能を提供し、優れた航空機可用性を実現し、世界有数の整備組織に使用されています。

整備士間の連携

運航日は、航空機のメンテナンス組織にとって重要な日です。早いペースで時間が経過し、混乱を招く可能性もあります。変化する運航要求、悪天候、乗組員の可用性、およびメンテナンスの問題はすべて、運航要件を充足できるかどうかに影響します。このような動的な環境では、コミュニケーションが重要です。IFSのソリューションは、最新の作業割り当てと進行中の進捗状況をリアルタイムで表示して、航空機の技術者と直接通信する保守運用コントローラーとスーパーバイザーを提供します。

フライトラインのリアルタイム情報は、状況に対する「気づき」の向上にもつながり、航空機のターンアラウンドを担当する全員が、何をする必要があるかを理解し、作業の実行に必要なツールにアクセスできます。

これらを組み合わせることで、気づきも向上し、トラブルシューティングが容易になり、意思決定が向上します。運航ペースが速い日には、これらは定刻リリースと遅延したreturn to service(機材を運航に戻す)の差に表れます。

計画を広範囲に統合

整備計画は広範囲におよぶため、オペレーターが求める運航上のニーズに対応するため、フリートや施設の要件を決定する戦略的計画から着手します。長期プランナーはこの能力を最大限に活用し、主要点検や定期検査などの大規模な整備作業を計画して、設備資産の可用性を最大限に高めます。

整備実施計画ができたら、詳細な作業範囲を定義して、フェーズ外の整備項目は大規模な作業範囲に移行します。一方で、定期性が高く小さな整備項目は、通常の飛行業務の間に収まる小規模な整備活動として処理されます。

航空機の格納庫では、プランナーはさらにタスクをグループ化および順序付けすることで作業範囲を細かく調整し、最終的に特定の時間や個人に割り当てていきます。

複数の計画を総合的に把握したうえで、計画立案に取り組むことが不可欠です。効果的に整備が計画されることで、その波及効果は航空機の耐空性の確保から航空機のターンアラウンドタイムの短縮、可用性の実現、整備コストの維持まで広範囲にわたります。

IFS Aircraft Maintenance & Engineeringソリューションは、広範囲な運航環境と整備の需要を常に満たすために、計画を効率的に作成および最適化するために必要なツールをプランナーに提供します。

適切な部品を時間通りに

サプライチェーンと調達プロセスは、航空機整備およびエンジニアリング作業に不可欠です。予備部品の在庫管理を効率化することで、企業はコストを大幅に削減できます。ただし、航空機がAOG(緊急部品供給)の状態で部品の調達や購入、配送を待っている場合は、在庫を抑えてコストを節約する方法は効果的な戦略とは言えません。

IFSは、航空機運航者が直面するサプライチェーンの課題に対応します。サプライチェーンプロセスは、エンジニアリング・コンフィグレーション管理システムおよび整備実施プロセスと緊密に連携しているため、整備士は、ライン上または格納庫内で部品が必要になった場合でも、適切な部品を必要なタイミングで入手することができます。また、整備業務の需要信号に基づき、部品が自動的に予約されるため、整備部門からのリクエストに対応するなど、手作業による予備部品の割り当て作業も削減できます。サプライチェーンプロセスのあらゆる段階で、かつ部品リクエストのすべてに対して、航空適合性ルールが適用されます。このルールによってコンプライアンスを確保し、不適切な部品を配送することで生じる遅延を排除することができます。

迅速で安全性、信頼性に優れている

お客様は、IFSのソリューションを自社のITシステムにおけるミッションクリティカルなコンポーネントと考えています。そのため、パフォーマンス、セキュリティ、および信頼性に対して、一定の期待が寄せられています。

現在、IFSのソリューションは、防衛と民間いずれにおいても、世界最大かつ最も複雑な航空機整備オペレーター各社に利用されています。IFSのセキュアな開発プラクティスにより、IFSソフトウェアはOpen Web Application Security Project(OWASP)トップ10のセキュリティリスクに適切に対処するとともに、ミッションクリティカルな要件を満たす可用性の高いアーキテクチャオプションを提供します。