Skip to main content

You are visiting the 日本 site. You might be interested in the United States site.

Go to the United States site Stay on the 日本 site

フリート&資産管理

設備資産のライフサイクルとフリート稼働率を最大化

航空宇宙・防衛産業、原子力、石油・天然ガスといった業界の複雑なニーズを長期に渡り支援してきた実績を持つIFS フリート&資産管理ソリューションは、シームレスに連携したインテリジェントなソフトウェアツールによって、ライフサイクル全体のコストを抑えながら、設備資産の可用性を最適化します。

IFSの統合型フリート管理&資産管理ソリューションは、IoTに接続されたフィールド設備資産やモバイルサービス機能から大規模なオーバーホールの計画や実施に至るまで、優れた機能を提供します。また、業界屈指のプログラム会計管理およびサプライチェーン機能も装備されています。IFSは、柔軟な展開オプションとエバーグリーンなソフトウェア配信によって、ビジネス要件や規制要件の変化に迅速に適応することで、常にビジネスやプログラム成果を最優先することができます。

IFSの統合型フリート管理&資産資産ソリューション

Vigor Industrial、IFS Applicationsですべての業務を管理

Customer Quote
当社の事業は、IFS Applicationsなしでは成立しないといっても過言ではありません。
Leonie Markgraf 氏 ITディレクター, Vigor
詳細はこちら

その他の事例はこちら

0

13の施設

0

3つの州

0

2,500人の従業員

エンタープライズPBLサポートソリューションにおけるHUMSの総体的な価値

Health Usage Monitoring Systems(HUMS)からの情報をエンタープライズPBL(パフォーマンスベースのロジスティクス)サポートソリューションと同期することによるメリットは多くあります。これは、データ収集力の大幅な向上、設備保全の最適化、サポートチェーンの効率化、プロセス/リソースステップの削減、将来のキャンペーンのミッション計画を通知するための分析につながります。

資料のダウンロードはこちら

重要な機器を常時稼働させる

設備資産ライフサイクルのあらゆる情報を管理・連携することで、ERPの成果が増します。その結果、組織は機器の可用性を向上させ、満足度を高めながら、役割を遂行する上で適切な情報を意思決定者に提供できます。

この動画で以下をご確認ください

  • IFS Applicationsのモジュラー・コンポーネントで、接続デバイスを使用して設備資産にまつわる情報をフリートの管理者に提供する方法
  • HUMS(Health & Usage Monitoring System)
  • サプライチェーン管理(SCM)
  • 最新のオペレーショナルインテリジェンス機能

設備資産のライフサイクルをあらゆる面から管理

Outcome-driven fleet & asset management software

目的に合わせた設計

フリート管理&資産管理では、組織の短期的および長期的なニーズの両方に留意しながら、最適な機能と可用性を適切なコストで実現します。

簡潔に言えば、このニーズを満たすには、エンジニアリング、サプライ&ロジスティクス、マルチレベルの設備保全作業、顧客関係、会計管理および規制管理の複雑な連携が必要です。通常、サポートネットワークには、現場の担当者からチェーン内の最終下請業者まで、さまざまな関係者が含まれます。サービスに対する責任を共有するには情報共有が必要であり、各データポイント(障害の頻度といった情報から移動時間の情報に至るまで)が重要になります。

IFSフリート管理&資産管理ソリューションは、組織がこの環境の複雑さを熟知できるように設計されています。許容される構成や設備保全ポリシーの定義から、保守やロジスティクスの計画・実施に至るまで、IFSソリューションは、フリートマネージャーの財務管理や規制対応の負担を軽減しながら、高い可用性を実現できるようサポートします。

統合型のシステム

「いつでも稼働できる状態」にする目標を費用対効果の高い方法で達成するには、、持続可能な複合的なアプローチが必要です。IFSのフリート管理&資産資産管理のお客様は、機器オペレーターや物流代理店、サプライヤー、サービスプロバイダー、プログラムマネージャーなどが関係する複雑な環境で業務を行っています。この環境では、サイロ化された業務がチェーン内の弱点になり、システム全体の即応性や何か起きた後の回復力が低下します。最前線からサポートチェーンまで、タイムリーで正確に情報が流れる状態を確保することが重要です。場合によっては、システム間で柔軟に統合する機能が必要です。つまり、最前線のユーザーが現場に派遣されている時でも情報システムにアクセスできるようにするということです。お客様が成功するには、情報の連携と接続の障壁を取り除くことが重要です。

IFSフリート管理&資産管理ソフトウェアは、IFSプラットフォームの完全一体型コンポーネントであり、オープン・スタンダードを採用することでグローバルITシステムに簡単に統合できるように設計されています。これにより、サポートチェーン全体で情報の接続性を確保しています。

柔軟で即応性のあるソフトウェア

柔軟な設備資産管理ソリューションには、コンフィグレーションの機能があります。これは、ソフトウェアをカスタマイズすることなく、事業におけるお客様独自の業務プロセスをサポートできる機能です。さらに、この機能を各プログラムの個々のニーズに合わせて調整することにより、各契約で定義されている運用責任、報告、管理要件に対応できます。また、IFSのソリューションは、最初から継続的に改善できるように設計されています。

設備資産管理では、ソフトウェアを10年間程度使い続けることは珍しいことではなく、プログラム構築時に最先端のプロセスや機能を備えることは最低条件です。お客様にとって、継続的に改善できるということは、ソフトウェアのプログラムデータを常に最新の状態にしておけることを意味します。また、新しいソフトウェアや機器が利用可能になった際、それらを使用中のプログラムに組み込めること、そして契約やサポート条件が変更された際、新しいベンダーやパートナーをプログラムに統合できることを意味します。

コンプライアンスの実現

煩雑な設備資産群の管理や厳格なコンプライアンスに対応するには、業務上のアジリティが求められ、常に緊張にさらされていることになります。ここでいうコンプライアンスとは、財務、セキュリティ、輸出管理、品質、耐空性/耐航性、職場の安全性など、幅広い規制とそれに相応するシステム群を指します。さらに、各国政府は、ベンダーの取り組み、現地投資、および特定のプログラムの報告に関連する追加要件を課す場合があります。

設備資産管理プログラムにはこのような負担がかかるため、顧客が設備資産を有効活用することに注力できるよう、コンプライアンス管理を簡素化することが不可欠です。

IFSフリート管理&資産管理ソリューションは、業界の最先端の機能を提供します。プロジェクト型およびプログラム型の会計管理や設備資産構成管理がその一例です。IFSの一連のソリューションが提供する最新のユーザーインターフェイスと統合性によって、組織全体の業務コンプライアンスを確保するための情報とプロセスを管理できます。

IFS製品は、安全な開発手法を使用して構築され、安全な内部ネットワーク環境内、あるいは安全な商用クラウドまたはITAR準拠のクラウド内に展開できます。

目的に合わせた設計

フリート管理&資産管理では、組織の短期的および長期的なニーズの両方に留意しながら、最適な機能と可用性を適切なコストで実現します。

簡潔に言えば、このニーズを満たすには、エンジニアリング、サプライ&ロジスティクス、マルチレベルの設備保全作業、顧客関係、会計管理および規制管理の複雑な連携が必要です。通常、サポートネットワークには、現場の担当者からチェーン内の最終下請業者まで、さまざまな関係者が含まれます。サービスに対する責任を共有するには情報共有が必要であり、各データポイント(障害の頻度といった情報から移動時間の情報に至るまで)が重要になります。

IFSフリート管理&資産管理ソリューションは、組織がこの環境の複雑さを熟知できるように設計されています。許容される構成や設備保全ポリシーの定義から、保守やロジスティクスの計画・実施に至るまで、IFSソリューションは、フリートマネージャーの財務管理や規制対応の負担を軽減しながら、高い可用性を実現できるようサポートします。

統合型のシステム

「いつでも稼働できる状態」にする目標を費用対効果の高い方法で達成するには、、持続可能な複合的なアプローチが必要です。IFSのフリート管理&資産資産管理のお客様は、機器オペレーターや物流代理店、サプライヤー、サービスプロバイダー、プログラムマネージャーなどが関係する複雑な環境で業務を行っています。この環境では、サイロ化された業務がチェーン内の弱点になり、システム全体の即応性や何か起きた後の回復力が低下します。最前線からサポートチェーンまで、タイムリーで正確に情報が流れる状態を確保することが重要です。場合によっては、システム間で柔軟に統合する機能が必要です。つまり、最前線のユーザーが現場に派遣されている時でも情報システムにアクセスできるようにするということです。お客様が成功するには、情報の連携と接続の障壁を取り除くことが重要です。

IFSフリート管理&資産管理ソフトウェアは、IFSプラットフォームの完全一体型コンポーネントであり、オープン・スタンダードを採用することでグローバルITシステムに簡単に統合できるように設計されています。これにより、サポートチェーン全体で情報の接続性を確保しています。

柔軟で即応性のあるソフトウェア

柔軟な設備資産管理ソリューションには、コンフィグレーションの機能があります。これは、ソフトウェアをカスタマイズすることなく、事業におけるお客様独自の業務プロセスをサポートできる機能です。さらに、この機能を各プログラムの個々のニーズに合わせて調整することにより、各契約で定義されている運用責任、報告、管理要件に対応できます。また、IFSのソリューションは、最初から継続的に改善できるように設計されています。

設備資産管理では、ソフトウェアを10年間程度使い続けることは珍しいことではなく、プログラム構築時に最先端のプロセスや機能を備えることは最低条件です。お客様にとって、継続的に改善できるということは、ソフトウェアのプログラムデータを常に最新の状態にしておけることを意味します。また、新しいソフトウェアや機器が利用可能になった際、それらを使用中のプログラムに組み込めること、そして契約やサポート条件が変更された際、新しいベンダーやパートナーをプログラムに統合できることを意味します。

コンプライアンスの実現

煩雑な設備資産群の管理や厳格なコンプライアンスに対応するには、業務上のアジリティが求められ、常に緊張にさらされていることになります。ここでいうコンプライアンスとは、財務、セキュリティ、輸出管理、品質、耐空性/耐航性、職場の安全性など、幅広い規制とそれに相応するシステム群を指します。さらに、各国政府は、ベンダーの取り組み、現地投資、および特定のプログラムの報告に関連する追加要件を課す場合があります。

設備資産管理プログラムにはこのような負担がかかるため、顧客が設備資産を有効活用することに注力できるよう、コンプライアンス管理を簡素化することが不可欠です。

IFSフリート管理&資産管理ソリューションは、業界の最先端の機能を提供します。プロジェクト型およびプログラム型の会計管理や設備資産構成管理がその一例です。IFSの一連のソリューションが提供する最新のユーザーインターフェイスと統合性によって、組織全体の業務コンプライアンスを確保するための情報とプロセスを管理できます。

IFS製品は、安全な開発手法を使用して構築され、安全な内部ネットワーク環境内、あるいは安全な商用クラウドまたはITAR準拠のクラウド内に展開できます。