Skip to main content

設備資産管理(EAM)

変化に素早く対応する、俊敏性の高い設備資産管理(EAM)ソフトウェア

設備資産管理 (EAM) ソフトウェアは、単なる優れた設備保全管理システム(CMMS)というものではありません。IFSのソフトウェアはそれを上回るより多くの優れた機能を提供します。お客様は、包括的なエンタープライズ・アプリケーションスイートの一部として、またはスタンドアロンの設備資産管理ソリューションとして、設備の信頼性とライフサイクル管理を向上させながら、資産管理およびその他の組織要件を満たすために必要な支援機能を自由に選択し、導入できます。保全計画管理、作業指示管理を始めとした信頼性重視保全に必要な機能はもちろんのこと、プロジェクト管理、プロジェクト会計、人事管理、購買管理、リスク管理、財務管理、ドキュメント管理にいたるまで、全社的なEAMソリューションを構築することができます。

設備資産管理(EAM)

Core capabilities

単一のソリューションに統合された資産計画と運用

当社の資産計画および実現機能により、コストと進捗の両方を完全に管理しながら、複雑な資産プロジェクトを計画、設計し、資産の運用と保守に提供することができます。

  • 資産運用の戦略計画を策定する。資産の状態に関する詳細な洞察を得ることで、資産の交換、改装、廃棄、または更新の方法と時期について、最も情報に基づいた決定を下すことができます。
  • エンドツーエンドの資産実現プロセスを改善する。ほとんどのメンテナンスソフトウェアプログラムでは、アイデアから最終仕様、機器ツリーの登録資産まで、このプロセスを二重に入力する必要があります。しかし、IFSを使用すると、情報を1回入力するだけで時間が節約され、エラーが発生する可能性が低くなります。
  • プロジェクトから運用および保守への引き継ぎがシームレスに行われるようにします。マスター資産設計コンポーネントを使用すると、EPCI (エンジニアリング、調達、建設、設置)フェーズで収集されたすべての詳細とドキュメントが、資産マスターデータの1つのリポジトリに保持されます。
 

人と機器の保護:最も貴重な資産

資産運用と保守では、リスクが高い。予期しない機器の障害が原因で製造期限を過ぎ、お客様の信頼が試されたり、失われたりする可能性があります。また、機械を突然交換しなければならず、計画外のコストが突然吸収されると、利益率も失われる可能性がある。IFS 設備資産ライフサイクル管理ソリューションは、強力な運用および保守機能により、ビジネスの管理と安定性を実現します。

  • 組織全体で保守方法を標準化することにより、設備を最高のパフォーマンスで稼働させます。
  • Permit to Work (PtW) およびIsolation Managementソリューションにより、従業員の安全を確保します。真実の単一バージョンから作業することで、リスクを特定し、緩和手段を確立し、許可とさらなる隔離手順が守られることを保証する権限が与えられます。
  • 構造化された資産保守計画とスケジュール設定により、効率性を実現します。このソリューションを使用すると、社内の資本プロジェクトの要求を含め、メンテナンス部門のワークロードを管理および最適化できます。
  • 協力会社と効果的に協力する。作業を発注する前に潜在的なサプライヤと作業範囲などのドキュメントを共有し、作業中のメンテナンスタスク、再構築、改修作業などの進捗状況を監視します。
  • お客様の環境に必要なインタフェースを提供することで、生産性を向上させます。モバイルワークオーダーソリューションでは、データの入力、作業指示履歴の調査、必要な文書へのアクセスを現場で行うことができます。
 

機器のアップタイムと意思決定の促進

IFSの資産パフォーマンス管理機能は、運用データ、運用コストと設備投資、収益への影響、重要性を検証することで、資産の概要を提供します。このプロセスにより、より安全で信頼性の高い資産を使用して運用を強化できます。また、当社のソリューションは、最新のAIおよび産業用モノのインターネット (IIoT) を活用しているため、お客様は、真の予測メンテナンスシステムを使用して、困難な作業を行うことができます。

  • 資産のデジタルツイン (DTA) を作成して、機器、そのサブコンポーネント、およびサービス履歴に関する詳細情報を得ることができます。このソリューションでは、DTAとIIoTを組み合わせて、資産のパフォーマンス、スケジュール、およびその周辺状況に関するリアルタイムデータを表示します。
  • 保守データと運用データの相互関係を検討する。IFS ALMを使用すると、交換/オーバーホールの物理的な作業に関連するすべてのアクティビティを含む、メンテナンス履歴、残存寿命、減価償却ステータス、交換コストの詳細な分析を実行できます。
  • 資産または資産クラスのOPEXとCAPEXを分析します。当社のソリューションはプロジェクト・モジュールと連携しており、設備投資プログラムをクラス最高の方法で管理できます。
  • リスク/クリティカル分析、信頼性中心の保守分析、およびフォールトツリー分析など、さまざまなタイプの分析を実行します。
  • 現在の保守計画をレビューし、現場の経験に基づいて推奨事項を変更します。たとえば、資産の計画の変更、資産の交換、サービスとしての購入などです。

人事および購買機能からリスクおよび文書管理へ

ビジネス・クリティカルな機能がIFSに組み込まれているため、必要に応じてソリューションを拡張し、コストのかかる統合を回避できます。これらのサポート機能により、次のことが可能になります。

  • 内蔵のスペアパーツと購入機能を使用して、社外および組織全体でパーツを調達できます。
  • 組み込みの人事管理機能により、従業員のスキルを向上させ、特定の作業タスクに関する認定を取得できます。
  • 保守コストを元帳に直接計上することにより、財務を正確に管理します。また、設備のアップグレード、変更、およびオーバーホールに関する設備投資を詳細に追跡することもできます。
  • 健康、安全、環境リスクを特定し、管理する。
  • ワークフロー、テンプレート、バージョン管理、リリース管理などの技術文書を管理します。

単一のソリューションに統合された資産計画と運用

当社の資産計画および実現機能により、コストと進捗の両方を完全に管理しながら、複雑な資産プロジェクトを計画、設計し、資産の運用と保守に提供することができます。

  • 資産運用の戦略計画を策定する。資産の状態に関する詳細な洞察を得ることで、資産の交換、改装、廃棄、または更新の方法と時期について、最も情報に基づいた決定を下すことができます。
  • エンドツーエンドの資産実現プロセスを改善する。ほとんどのメンテナンスソフトウェアプログラムでは、アイデアから最終仕様、機器ツリーの登録資産まで、このプロセスを二重に入力する必要があります。しかし、IFSを使用すると、情報を1回入力するだけで時間が節約され、エラーが発生する可能性が低くなります。
  • プロジェクトから運用および保守への引き継ぎがシームレスに行われるようにします。マスター資産設計コンポーネントを使用すると、EPCI (エンジニアリング、調達、建設、設置)フェーズで収集されたすべての詳細とドキュメントが、資産マスターデータの1つのリポジトリに保持されます。
 

人と機器の保護:最も貴重な資産

資産運用と保守では、リスクが高い。予期しない機器の障害が原因で製造期限を過ぎ、お客様の信頼が試されたり、失われたりする可能性があります。また、機械を突然交換しなければならず、計画外のコストが突然吸収されると、利益率も失われる可能性がある。IFS 設備資産ライフサイクル管理ソリューションは、強力な運用および保守機能により、ビジネスの管理と安定性を実現します。

  • 組織全体で保守方法を標準化することにより、設備を最高のパフォーマンスで稼働させます。
  • Permit to Work (PtW) およびIsolation Managementソリューションにより、従業員の安全を確保します。真実の単一バージョンから作業することで、リスクを特定し、緩和手段を確立し、許可とさらなる隔離手順が守られることを保証する権限が与えられます。
  • 構造化された資産保守計画とスケジュール設定により、効率性を実現します。このソリューションを使用すると、社内の資本プロジェクトの要求を含め、メンテナンス部門のワークロードを管理および最適化できます。
  • 協力会社と効果的に協力する。作業を発注する前に潜在的なサプライヤと作業範囲などのドキュメントを共有し、作業中のメンテナンスタスク、再構築、改修作業などの進捗状況を監視します。
  • お客様の環境に必要なインタフェースを提供することで、生産性を向上させます。モバイルワークオーダーソリューションでは、データの入力、作業指示履歴の調査、必要な文書へのアクセスを現場で行うことができます。
 

機器のアップタイムと意思決定の促進

IFSの資産パフォーマンス管理機能は、運用データ、運用コストと設備投資、収益への影響、重要性を検証することで、資産の概要を提供します。このプロセスにより、より安全で信頼性の高い資産を使用して運用を強化できます。また、当社のソリューションは、最新のAIおよび産業用モノのインターネット (IIoT) を活用しているため、お客様は、真の予測メンテナンスシステムを使用して、困難な作業を行うことができます。

  • 資産のデジタルツイン (DTA) を作成して、機器、そのサブコンポーネント、およびサービス履歴に関する詳細情報を得ることができます。このソリューションでは、DTAとIIoTを組み合わせて、資産のパフォーマンス、スケジュール、およびその周辺状況に関するリアルタイムデータを表示します。
  • 保守データと運用データの相互関係を検討する。IFS ALMを使用すると、交換/オーバーホールの物理的な作業に関連するすべてのアクティビティを含む、メンテナンス履歴、残存寿命、減価償却ステータス、交換コストの詳細な分析を実行できます。
  • 資産または資産クラスのOPEXとCAPEXを分析します。当社のソリューションはプロジェクト・モジュールと連携しており、設備投資プログラムをクラス最高の方法で管理できます。
  • リスク/クリティカル分析、信頼性中心の保守分析、およびフォールトツリー分析など、さまざまなタイプの分析を実行します。
  • 現在の保守計画をレビューし、現場の経験に基づいて推奨事項を変更します。たとえば、資産の計画の変更、資産の交換、サービスとしての購入などです。

人事および購買機能からリスクおよび文書管理へ

ビジネス・クリティカルな機能がIFSに組み込まれているため、必要に応じてソリューションを拡張し、コストのかかる統合を回避できます。これらのサポート機能により、次のことが可能になります。

  • 内蔵のスペアパーツと購入機能を使用して、社外および組織全体でパーツを調達できます。
  • 組み込みの人事管理機能により、従業員のスキルを向上させ、特定の作業タスクに関する認定を取得できます。
  • 保守コストを元帳に直接計上することにより、財務を正確に管理します。また、設備のアップグレード、変更、およびオーバーホールに関する設備投資を詳細に追跡することもできます。
  • 健康、安全、環境リスクを特定し、管理する。
  • ワークフロー、テンプレート、バージョン管理、リリース管理などの技術文書を管理します。

IFS、設備資産管理(EAM)ソフトウェア分野でガートナー・ピアインサイト・カスタマーズチョイスを受賞

IFSは、このたび、設備資産管理ソフトウェア分野で「ガートナー・ピアインサイト・カスタマーズチョイス」に認定されました。これは、「ガートナーピアインサイト」プラットフォームを通して、IFSのお客様から高い評価を受けたものです。

GARTNER PEER INSIGHTS CUSTOMERS’ CHOICEのバッジは、Gartner Inc.または関連会社の商標およびサービスマークであり、同社の許可に基づいて使用しています。All rights reserved. Gartner Peer Insights Customers’ Choiceは、個々のエンドユーザーのレビュー、レーティング、および実証メソドロジー(documented methodology)により抽出されたデータが主観的な意見として集約されたものであり、ガートナーまたはその関連会社による見解あるいは推薦を表すものではありません。

詳細はこちら

GIS統合による意思決定の向上

コンピュータベースの地図を使用すると、さまざまな情報を地理的な形式で表示できます。また、地理的に表示されるデータによって、情報をより正確に分析し、情報に基づいた意思決定を行い、運用を向上させることができます。IFSは、Esri GISソフトウェアとの強固な統合を開発する上で、Esriと緊密に連携しています。Esri GISソフトウェアは、さまざまな目的のために地理ベースのデータの視覚化と分析を可能にします。これらの目的と、それらがお客様のビジネスにどのように関連するかについては、この洞察に満ちたホワイトペーパーを参照してください。

ホワイトペーパーはこちら

設備資産のライフサイクルをあらゆる面から管理

What others are saying about IFS