Skip to main content

You are visiting the 日本 site. You might be interested in the United States site.

Go to the United States site Stay on the 日本 site

設備資産管理(EAM)

変化に素早く対応する、俊敏性の高い設備資産管理(EAM)ソフトウェア

設備資産管理(EAM)ソフトウェアは、単なる優れた設備保全管理システム(CMMS)というものではありません。IFS Applicationsはそれを上回るソリューションとして、多くの価値を提供します。全社的なエンタープライズシステムの一部として、あるいはスタンドアロンの設備資産管理ソリューションとして、お客様は、設備管理や他の業務に必要な機能を選択し、システムを構築することで、企業にとって重要な資産である設備のライフサイクルを通した管理が可能になり、設備の可用性を高めます。保全計画管理、作業指示管理を始めとした信頼性重視保全に必要な機能はもちろんのこと、プロジェクト管理、プロジェクト会計管理、人事管理、購買管理、リスク管理、会計管理、ドキュメント管理などの機能を統合し、包括的な設備資産管理(EAM)ソリューションを構築することができます。

設備資産管理(EAM)

IFS、設備資産管理(EAM)ソフトウェア分野でガートナー・ピアインサイト・カスタマーズチョイスを受賞

IFSは、このたび、設備資産管理ソフトウェア分野で「ガートナー・ピアインサイト・カスタマーズチョイス」に認定されました。これは、「ガートナーピアインサイト」プラットフォームを通して、IFSのお客様から高い評価を受けたものです。

GARTNER PEER INSIGHTS CUSTOMERS’ CHOICEのバッジは、Gartner Inc.または関連会社の商標およびサービスマークであり、同社の許可に基づいて使用しています。All rights reserved. Gartner Peer Insights Customers’ Choiceは、個々のエンドユーザーのレビュー、レーティング、および実証メソドロジー(documented methodology)により抽出されたデータが主観的な意見として集約されたものであり、ガートナーまたはその関連会社による見解あるいは推薦を表すものではありません。

詳細はこちら

設備資産管理(EAM)向けIFS Applications

設備資産の可用性を高め、ライフサイクル管理を改善し、組織に利益をもたらす方法をご覧ください。

資料のダウンロードはこちら

他に類を見ない俊敏な設備資産管理(EAM)ソフトウェア

設備資産のライフサイクルを通した管理を可能にする唯一の設備資産管理(EAM)ソフトウェアベンダーとして、IFSは、企業が劇的に変化する市場で競争力を維持するためのパッケージを提供しています。

 

設備資産のライフサイクルをあらゆる面から管理

Explore the EAM Solution

設備投資計画

多くの組織は、遡ること60年代および70年代あるいはその以前に設備を導入し、莫大な投資を行いました。これらの設備は、現在、耐用年数に近づき、交換、改修、廃棄、または刷新の必要に迫られています。これらは広範囲に影響が及ぶ可能性があるため、最初に刷新の必要がある設備を特定し、資金調達と投資を行うことが肝心です。これを決定するには、自社設備について、現在の設置状況、残存耐用年数、状態、保守履歴などの多くの要素を把握し、設備投資について戦略的なプランを策定する必要があります。IFS Applicationsのオペレーショナルインテリジェンス機能を使って、この計画を支援できます。

IFSエンタープライズ・オペレーショナル・インテリジェンス(IFS EOI)では、組織全体のビジネス状況をモニターできるので、企業内全体のプロセスやパフォーマンスを企業の戦略に照らし合わせて確認でき、トップダウンの管理が可能です。設備投資計画を策定する上で、現在の設備状態を検証するためのプロセスを定義することができます。これらは、設備資産管理(EAM)システムと統合することで、設備をリアルタイムにモニターすることが可能です。

IFSの設備資産管理(EAM)ソリューションによって、すべての設備の計画と運用の情報を一つのシステムで管理することができるので、設備データの漏洩などのリスクやデータ不整合といった課題から解放されます。

資料のダウンロードはこちら

設備資産ライフサイクル管理

IFS Applicationsは、他に類を見ない設備資産管理(EAM)ソリューションとして、ゆりかごから墓場まで、企業にとって重要な資産である設備のライフサイクル管理を支援する包括的な機能を提供しています。インダストリーのニーズに特化したプロジェクト管理機能により、設備の設計や建造あるいは調達の各段階の管理を支援できます。設備の据付や試運転から本稼働と保全にいたるまでを1つのソリューションで管理できます。これは、新しい設備のみを対象としているわけではありません。既存の設備の改修計画も同様にIFSのソリューションで管理できます。

多くの組織において、設備構成情報は変化するものであり、情報は業務システム内で更新されます。IFSのソリューションでは、設計や建造当時の設備構成情報を登録できるので、すべてのドキュメント、データシート、予防保守スケジュール、スペアパーツ、購買および保証などの情報や履歴を管理でき、ユーザーはこれらすべてにアクセスすることができます。

設備の計画、設計、本稼働、耐用期間を通した保全、改修や廃棄など、いかなる段階でも、IFS Applicationsは一つの情報ソースとして信頼できる情報を提供し、設備のライフサイクルを通して資産価値を最大限に高めます。

資料のダウンロードはこちら

設備パフォーマンス管理

設備パフォーマンス管理(APM)を強化する方法のひとつに、IoTと人工知能があります。ただし、設備資産管理(EAM)に必要な体制が確立されていない場合、どのような技術革新も概念実証(PoC)で終わってしまう可能性があります。IFSのAPMのアプローチでは、モバイル機器からの作業報告や設備構成情報の更新などのルーティンタスクは、最小限の労力かつ一貫した方法で行うことを推奨しています。この取り組みを行った後、組織はビジネス価値を生み出す戦略を実行できるようになります。

基盤を確立できたならば、IIoTとAIによって機械、センサー、デバイスから収集したデータを組み合わせ、各所に配置された機械や設備の予兆保全や保守に活用することができます。このデータを定められた障害管理タスクに取り込むと、読み取り値、測定値、およびアラームに基づく結果が蓄積され、IIoTおよびAIが絶えず再評価を実行するため、機器の障害状況を特定し、診断する時間を短縮することができます。場合によっては、特定の期間内に差し迫った障害を警告することもできます。

同様のデータを使用することにより、予防保全の間隔を延ばし、信頼性の高い予兆保全を実現できます。

これにより、設備の稼働時間を劇的に増加させることができます。そして、故障や停止の許されない重要な設備やインフラに対し、単純なカレンダーベースまたは状態に基づく保全よりもはるかに効果的な方法で保守を計画できるようになります。

設備投資計画

多くの組織は、遡ること60年代および70年代あるいはその以前に設備を導入し、莫大な投資を行いました。これらの設備は、現在、耐用年数に近づき、交換、改修、廃棄、または刷新の必要に迫られています。これらは広範囲に影響が及ぶ可能性があるため、最初に刷新の必要がある設備を特定し、資金調達と投資を行うことが肝心です。これを決定するには、自社設備について、現在の設置状況、残存耐用年数、状態、保守履歴などの多くの要素を把握し、設備投資について戦略的なプランを策定する必要があります。IFS Applicationsのオペレーショナルインテリジェンス機能を使って、この計画を支援できます。

IFSエンタープライズ・オペレーショナル・インテリジェンス(IFS EOI)では、組織全体のビジネス状況をモニターできるので、企業内全体のプロセスやパフォーマンスを企業の戦略に照らし合わせて確認でき、トップダウンの管理が可能です。設備投資計画を策定する上で、現在の設備状態を検証するためのプロセスを定義することができます。これらは、設備資産管理(EAM)システムと統合することで、設備をリアルタイムにモニターすることが可能です。

IFSの設備資産管理(EAM)ソリューションによって、すべての設備の計画と運用の情報を一つのシステムで管理することができるので、設備データの漏洩などのリスクやデータ不整合といった課題から解放されます。

資料のダウンロードはこちら

設備資産ライフサイクル管理

IFS Applicationsは、他に類を見ない設備資産管理(EAM)ソリューションとして、ゆりかごから墓場まで、企業にとって重要な資産である設備のライフサイクル管理を支援する包括的な機能を提供しています。インダストリーのニーズに特化したプロジェクト管理機能により、設備の設計や建造あるいは調達の各段階の管理を支援できます。設備の据付や試運転から本稼働と保全にいたるまでを1つのソリューションで管理できます。これは、新しい設備のみを対象としているわけではありません。既存の設備の改修計画も同様にIFSのソリューションで管理できます。

多くの組織において、設備構成情報は変化するものであり、情報は業務システム内で更新されます。IFSのソリューションでは、設計や建造当時の設備構成情報を登録できるので、すべてのドキュメント、データシート、予防保守スケジュール、スペアパーツ、購買および保証などの情報や履歴を管理でき、ユーザーはこれらすべてにアクセスすることができます。

設備の計画、設計、本稼働、耐用期間を通した保全、改修や廃棄など、いかなる段階でも、IFS Applicationsは一つの情報ソースとして信頼できる情報を提供し、設備のライフサイクルを通して資産価値を最大限に高めます。

資料のダウンロードはこちら

設備パフォーマンス管理

設備パフォーマンス管理(APM)を強化する方法のひとつに、IoTと人工知能があります。ただし、設備資産管理(EAM)に必要な体制が確立されていない場合、どのような技術革新も概念実証(PoC)で終わってしまう可能性があります。IFSのAPMのアプローチでは、モバイル機器からの作業報告や設備構成情報の更新などのルーティンタスクは、最小限の労力かつ一貫した方法で行うことを推奨しています。この取り組みを行った後、組織はビジネス価値を生み出す戦略を実行できるようになります。

基盤を確立できたならば、IIoTとAIによって機械、センサー、デバイスから収集したデータを組み合わせ、各所に配置された機械や設備の予兆保全や保守に活用することができます。このデータを定められた障害管理タスクに取り込むと、読み取り値、測定値、およびアラームに基づく結果が蓄積され、IIoTおよびAIが絶えず再評価を実行するため、機器の障害状況を特定し、診断する時間を短縮することができます。場合によっては、特定の期間内に差し迫った障害を警告することもできます。

同様のデータを使用することにより、予防保全の間隔を延ばし、信頼性の高い予兆保全を実現できます。

これにより、設備の稼働時間を劇的に増加させることができます。そして、故障や停止の許されない重要な設備やインフラに対し、単純なカレンダーベースまたは状態に基づく保全よりもはるかに効果的な方法で保守を計画できるようになります。

What others are saying about IFS