Skip to main content

メンテナンス・リペア・オーバーホール(MRO)

航空機やその他の機器や設備向けのソフトウェアソリューション

専門範囲が重整備(ヘビーメンテナンス)、コンポーネント(部品)の修理、設備のOEMアフターサービス、エンジンのオーバーホールのいずれの場合でも、IFSはお客様のニーズを満たすメンテナンス・リペア・オーバーホール(MRO)ソフトウェアソリューションを提供します。

IFSのソリューションは、企業向けの統合MROソフトウェアとして、ビジネスチャンス/リード管理、見積り処理、整備と生産計画、ロジスティクス、整備実施、構成管理から保証処理、サプライチェーンロジスティクス、コスト追跡、請求書発行まで、サービスと設備資産のライフサイクル管理を円滑に進めることができます。また、作業員の管理や会計管理、人事、ドキュメント管理、ビジネスインテリジェンスなどの機能も装備されています。IFSのMROソリューションはモジュール式で、会計管理や人事も含めた最良の完全なエンドツーエンドのソリューションです。

IFSメンテナンス・リペア・オーバーホール(MRO):航空機やその他の機器や設備向けのソフトウェアソリューション

MROプロセスを効率化するための新しいアプローチ

Customer Quote
当社では、IFS Maintenixを使用して、「従来型」、「次世代型」、「新型」を問わず、フリートのメンテナンス業務を管理しています。IFS Maintenixは、最新の包括的な整備管理ソリューションで、情報の透明性とリアルタイムの可視性が保たれています。
Dean Reynolds氏 QA(品質管理)ディレクター兼首席航空機検査官, Executive Jet Management
詳細はこちら

その他の事例はこちら

0

IFS Maintenixの高度な機能によって、作業手順書が28種類から7種類に減少

0
%

作業パッケージの作成に伴う手作業が減少

0
k

40万米ドルの人件費(年ベース)を削減

Solutions and capabilities

複合機器MROソリューション

IFSの複合機器MROソリューションは複雑な機器や機械のメンテナンス・リペア・オーバーホール(MRO)をサポートします。これには、部品番号の完全追跡による分解・組み立てを要する航空機エンジンや補助動力装置(APU)、着陸装置などを含みます。

ソリューションの性能

リペアのセットアップ

複雑な設備資産向けMROソリューションにより、既存の構成、ルーティング、OEMサービスマニュアルから必要な製造運用データを定義できます。

作業範囲の定義

MROチームは作業範囲を定義することにより、フリート管理&設備資産管理ソリューションの情報に基づき、複雑な設備資産のシリアル構造を定義および維持できます。設備資産の寿命データ履歴がすべて取り込まれ、この情報を使用して、整備タスク、変型オーダや、作業の構成・承認済みの範囲が生成されます。

作業の実施

複雑な設備資産の作業を管理するタスクは、IFSのソリューション内で処理されます。分解および廃棄作業の間、さまざまな製造指示タイプがエンジニアリングプロセスを導く一方で、修理オーダや購買オーダは他のコンポーネントと連携し、作業が完了したことを確認できます。最後に組立オーダが生成され、設備資産が正しく再組立されたことを確認します。IFSの品質保証モジュールは、プロセス全体に品質を高めるステップを組み込んでいます。

コンポーネントMROソリューション

コンポーネントMROソリューションは、コンポーネント(部品)の修理/改修とオーバーホールをサポートする商用オフザシェルフ(COTS)サービスです。このソリューションは、スタンドアロンで使用できるほか、機体のメンテナンスや複合機器MROのサポートにも使用できます。修理作業は、作業オーダ、保守請負業者または相手先ブランド供給業者(OEM)が使用する製造指示として開始されます。

ソリューションの性能

入札と見積もり

IFSのソリューションは、潜在顧客からの見積り依頼を管理し、リペアチームをサポートします。作業員の単価、スキル一覧、資材に関してサービスカタログを最新の状態に保ちます。IFSのソリューションにより、リペアチームはリペアプロセスに緊密に連携している入札および見積プロセスを合理化できます。

契約条件の実施

コンポーネント修理オーダ作業プロセスでは、計画、準備、実施から作業完了までの作業オーダのライフサイクル全体を管理します。このプロセスは、ショップ検索レポートの生成、追加作業の承認、サービス・ブリテンの組み込み、コンプライアンス記録管理(EASA Form1、FAA 8130、CoC)をカバーしています。

請求書発行

コンポーネントの修理指示が完了すると、IFSのソリューションが、注文に関連するサービス契約を踏まえて、作業オーダ業務の全体で生じた関連コストと売上をすべて処理します。

機体MRO

IFSの機体MROソリューションは、航空機、船舶、潜水艦、複雑な陸上車両といった車両の主な整備をカバーしています。

ソリューションの性能

入札と見積もり

MRO営業チームは、what-ifシナリオを使用して、個々の契約条件ごとに予想コストと予測収益を完全に可視化して、複数の異なる見積もりを生成できます。このモジュールでは、顧客とのやり取りをすべて追跡することができます。

計画と準備

作業範囲のオーダ構成はまず整備オーダ、次に別の作業オーダへと連携されるため、整備作業のコスト要素を維持および制御できます。その整備作業の進捗など作業の透明性が確保され、作業の管理を行うことができます。IFSのソリューションでは、標準生産計画ロジックを使用して、整備作業の内容をグループ化して整理、順序付けすることで、最適なパフォーマンスを実現します。

整備作業を実施する

このプロセスでは、作業オーダのスケジュール設定から、担当者の割り当て、業務の割り当て、資材の手配、集荷および発送の順に進み、タスクは完了します。タスク業務が完了したら、追加の非定型/緊急作業の検知、顧客による承認、既存の範囲に統合して追加の作業を行うか顧客の指示に従います。作業が完了し、ステータスが更新されたら、タスク業務を完了させるか、検収の準備を行います。

機体MROーラインメンテナンス

IFSのラインメンテナンスソリューションは、設備資産に対して実施される軽微な、あるいは予定外の、または定期的な保守をサポートします。これらは、主に設備資産の保全が行われた時点では予測できなかったイベントに起因しています。このソリューションは、航空、陸上、海上で使用される設備資産の整備に対応します。

ソリューションの性能

整備の計画、スケジュール、実施

整備チームは、IFSのソリューションを使用して、すべてのラインメンテナンス活動を効率的に計画し、スケジューリング、実施できます。一般的な活動には、整備内容の特定、整備士への作業の分配、資材、ツール、設備の準備、物理的な作業オーダ書の発行、完了作業の記録などがあります。

構成を維持・管理する

設備資産の構成に対する変更はすべて記録されます。このプロセス中、IFSのソフトウェアでは、構成現況記録、サービサビリティ・タグの生成、設備資産の運用条件に沿ったCRSドキュメントの作成を管理します。

整備管理

整備管理プロセスは、整備管理者が整備作業中に発生する問題と延長申請を管理するのに役立ちます。この活動には、技術記録の整備、ラインメンテナンスフィールドチームの調整、およびコンプライアンス要件に従った主要なインシデントに関連する活動の管理などがあります。

複合機器MROソリューション

IFSの複合機器MROソリューションは複雑な機器や機械のメンテナンス・リペア・オーバーホール(MRO)をサポートします。これには、部品番号の完全追跡による分解・組み立てを要する航空機エンジンや補助動力装置(APU)、着陸装置などを含みます。

ソリューションの性能

リペアのセットアップ

複雑な設備資産向けMROソリューションにより、既存の構成、ルーティング、OEMサービスマニュアルから必要な製造運用データを定義できます。

作業範囲の定義

MROチームは作業範囲を定義することにより、フリート管理&設備資産管理ソリューションの情報に基づき、複雑な設備資産のシリアル構造を定義および維持できます。設備資産の寿命データ履歴がすべて取り込まれ、この情報を使用して、整備タスク、変型オーダや、作業の構成・承認済みの範囲が生成されます。

作業の実施

複雑な設備資産の作業を管理するタスクは、IFSのソリューション内で処理されます。分解および廃棄作業の間、さまざまな製造指示タイプがエンジニアリングプロセスを導く一方で、修理オーダや購買オーダは他のコンポーネントと連携し、作業が完了したことを確認できます。最後に組立オーダが生成され、設備資産が正しく再組立されたことを確認します。IFSの品質保証モジュールは、プロセス全体に品質を高めるステップを組み込んでいます。

コンポーネントMROソリューション

コンポーネントMROソリューションは、コンポーネント(部品)の修理/改修とオーバーホールをサポートする商用オフザシェルフ(COTS)サービスです。このソリューションは、スタンドアロンで使用できるほか、機体のメンテナンスや複合機器MROのサポートにも使用できます。修理作業は、作業オーダ、保守請負業者または相手先ブランド供給業者(OEM)が使用する製造指示として開始されます。

ソリューションの性能

入札と見積もり

IFSのソリューションは、潜在顧客からの見積り依頼を管理し、リペアチームをサポートします。作業員の単価、スキル一覧、資材に関してサービスカタログを最新の状態に保ちます。IFSのソリューションにより、リペアチームはリペアプロセスに緊密に連携している入札および見積プロセスを合理化できます。

契約条件の実施

コンポーネント修理オーダ作業プロセスでは、計画、準備、実施から作業完了までの作業オーダのライフサイクル全体を管理します。このプロセスは、ショップ検索レポートの生成、追加作業の承認、サービス・ブリテンの組み込み、コンプライアンス記録管理(EASA Form1、FAA 8130、CoC)をカバーしています。

請求書発行

コンポーネントの修理指示が完了すると、IFSのソリューションが、注文に関連するサービス契約を踏まえて、作業オーダ業務の全体で生じた関連コストと売上をすべて処理します。

機体MRO

IFSの機体MROソリューションは、航空機、船舶、潜水艦、複雑な陸上車両といった車両の主な整備をカバーしています。

ソリューションの性能

入札と見積もり

MRO営業チームは、what-ifシナリオを使用して、個々の契約条件ごとに予想コストと予測収益を完全に可視化して、複数の異なる見積もりを生成できます。このモジュールでは、顧客とのやり取りをすべて追跡することができます。

計画と準備

作業範囲のオーダ構成はまず整備オーダ、次に別の作業オーダへと連携されるため、整備作業のコスト要素を維持および制御できます。その整備作業の進捗など作業の透明性が確保され、作業の管理を行うことができます。IFSのソリューションでは、標準生産計画ロジックを使用して、整備作業の内容をグループ化して整理、順序付けすることで、最適なパフォーマンスを実現します。

整備作業を実施する

このプロセスでは、作業オーダのスケジュール設定から、担当者の割り当て、業務の割り当て、資材の手配、集荷および発送の順に進み、タスクは完了します。タスク業務が完了したら、追加の非定型/緊急作業の検知、顧客による承認、既存の範囲に統合して追加の作業を行うか顧客の指示に従います。作業が完了し、ステータスが更新されたら、タスク業務を完了させるか、検収の準備を行います。

機体MROーラインメンテナンス

IFSのラインメンテナンスソリューションは、設備資産に対して実施される軽微な、あるいは予定外の、または定期的な保守をサポートします。これらは、主に設備資産の保全が行われた時点では予測できなかったイベントに起因しています。このソリューションは、航空、陸上、海上で使用される設備資産の整備に対応します。

ソリューションの性能

整備の計画、スケジュール、実施

整備チームは、IFSのソリューションを使用して、すべてのラインメンテナンス活動を効率的に計画し、スケジューリング、実施できます。一般的な活動には、整備内容の特定、整備士への作業の分配、資材、ツール、設備の準備、物理的な作業オーダ書の発行、完了作業の記録などがあります。

構成を維持・管理する

設備資産の構成に対する変更はすべて記録されます。このプロセス中、IFSのソフトウェアでは、構成現況記録、サービサビリティ・タグの生成、設備資産の運用条件に沿ったCRSドキュメントの作成を管理します。

整備管理

整備管理プロセスは、整備管理者が整備作業中に発生する問題と延長申請を管理するのに役立ちます。この活動には、技術記録の整備、ラインメンテナンスフィールドチームの調整、およびコンプライアンス要件に従った主要なインシデントに関連する活動の管理などがあります。

MRO事業者向け:IFSのエンドツーエンドソフトウェアソリューション

IFSは、MRO事業者向けのエンタープライズ規模のソリューションを提供しています。IFSはテクノロジーパートナーとして、ビジネスの合理化や効率化をサポートします。

資料のダウンロードはこちら

設備資産のライフサイクルをあらゆる面から管理