Skip to main content

エンタープライズ・オペレーショナル・インテリジェンス - EOI

より素早く、優れた意思決定を

IFSエンタープライズ・オペレーショナル・インテリジェンス(IFS EOI) は、ビジネス戦略を素早く実行に移すことを可能にします。企業全体にわたって、戦略に沿ったプロセスとパフォーマンスを360度俯瞰的に把握できるようになります。

IFS EOIを使用すると、幹部とマネージャーは業務プロセスをレビューして調整し、戦略に沿ってプロセスが実行されていることを確認できます。エンタープライズ・オペレーショナル・インテリジェンス・ソリューションにより、エンド・ユーザーは、どの機能が実際の顧客価値を提供するのか、どの機能が効果的でないのか、どの機能が目標を達成するために時間とリソースを浪費するのかを明確に把握できます。最終的に、IFS EOIによって、より良い意思決定を行い、俊敏性と適応性に優れたビジネス・プラクティスを迅速かつ完全に適用することで、ビジネス戦略の実現を促進します。

IFS エンタープライズ・オペレーショナル・インテリジェンス (EOI)

Explore our solution for Enterprise Operational Intelligence

IFS EOIソフトウェアのメリット

成功する企業は、業務を効率化するには、エンドツーエンドのオペレーショナル・インテリジェンスが必要であることを認識しています。IFS EOIは、トップレベルのビジネス戦略と目標から着手し、それをBizMap™に取り込み、リアルタイムデータを段階的に結び付けてエンドツーエンドプロセスをモニターし管理します。IFS EOIソフトウェアの特長:

  • 組織の戦略をトップダウンで強化することで、ビジネス目標を実現
  • 複数の情報ソースをもとに信頼できるひとつの全体像を提供し、組織内の業務プロセスの詳細な見取り図を描き、モニターし、管理する
  • 管理アクションの効率化を実現:品質、速度、ターゲティングの向上
  • 組織または業務部門に点としてのソリューションを作成するのではなく、プロセス全体を効率化する
  • 組織の有効性の向上:企業の隅々までを完全に洞察できるようになり、ビジネスの柔軟性と予測可能性が高まる
  • 価値実現までの時間を短縮:IFS EOIは、主要なビジネスプロセスと目標に影響を与える方法でビジネスパフォーマンスをリアルタイムに評価することで、企業が優れた意思決定を迅速に行えるようにします。

業務プロセスの詳細な見取り図を描く

BizMap™を使用して自社のバリューチェーンの全体を見渡すことのでる動的でグラフィカルなビューを作成し、IFS EOIでビジネスの優先順位を決定します。このトップダウンアプローチにより、主要なビジネス戦略目標と業務プロセスに沿ってビジネスパフォーマンスを管理し、パフォーマンスに突発的な影響を及ぼすような事態の発生を防ぎます。

  • 戦略から運用まで、エンドツーエンドの信頼できるひとつの全体像
  • 戦略、プロセス、KPIを定義するための設計図
  • 複雑さを軽減し、重要な業務に集中する
  • モデルエンジンが柔軟でモデル駆動型のビジネスオペレーションを提供
  • ウェブベースの役割別コックピット

パフォーマンスをモニターする

プロセスマッピングは、パフォーマンスの向上と情報管理の面で重要です。IFS EOIは、ビジネス目標に対するビジネスのパフォーマンスをリアルタイムに監視します。そのために、役割別のコックピットを使用します。原材料の価格や品質の変化がビジネスの収益に与える影響をリアルタイムで評価します。IFS EOIによって、戦略的目標を達成する上で最も重要なタスクに注力しやすくなります。

  • 1つの環境に統合されたパフォーマンスとプロセス
  • リアルタイム(イベント発生時)に監視される業務パフォーマンス
  • データソースに依存しないので、既存のシステムを活用できる
  • モデル駆動型データエンジン - ビジネスキューブの変更にも、ソースコードの変更は不要
  • Microsoft BIスタックを活用して、データマイニングと高度な分析を実現

ビジネスを管理する

IFS EOIは、エンタープライズ管理とエンタープライズインテリジェンスに関わるものです。リアルタイムの「what-if」分析によってサポートされる意思決定を実行でき、ビジネスを推進し、他社との差別化を図り、競争力を高めます。たとえば、エネルギー販売価格の変更案があれば、それが収益性や発電の損益分岐点に与える影響を即座に評価します。

  • プロアクティブなリアルタイムアラートによる、より迅速で優れた意思決定
  • エンドツーエンドのプロセス管理をサポートするモデル駆動型およびデータ駆動型の実行ワークフロー
  • 組織内の人々をつなぐ:適切なタイミング、適切なテーマで
  • シナリオプレイ、what-if分析、意思決定サポートによるインテリジェントなビジネスオペレーション
  • アジリティ:プロセスの変更はすぐに実装可能で、実行時にコンパイル

エンドツーエンドの可視性

変革についての計画は、明確で測定可能な指標を備えた戦略的優先事項によって推進される必要があります。焦って変革を実行する前に、組織全体を調査し、構造的な問題に対処することが重要です。

ビジネスの管理に必要な重要な側面と相互依存関係はすべて、BizMap™に取り込まれます。BizMapにデータを取り込むことで、組織のすべての領域(戦略、戦術、運用)が単一のプラットフォームで連携され、戦略目標、結果、運用の状況を直接確認することができます。これにより、ビジネスのアジリティが高まり、変化する状況に対応し、企業全体のオペレーショナル・インテリジェンスに必要な可視性やインテリジェンスが改善し、状況をコントロールできるようになります。

このアプローチの中核は、バリューチェーンをソフトウェアに直接取り込み、組織についての信頼できるひとつの全体像を提供することです。

  • 戦略、プロセス、KPIを定義する計画
  • 複雑さを軽減し、本当に重要なことに集中する
  • 1回のクリックで根本原因を分析
  • アジャイルおよびモデル駆動型のビジネスオペレーションを遂行するためのモデルエンジン
  • 情報アーキテクチャの決定に使用されるバリューチェーン:どのシステムやイベントからどんな情報が必要か、結果としてビジネス主導のITとなる

IFS EOIソフトウェアのメリット

成功する企業は、業務を効率化するには、エンドツーエンドのオペレーショナル・インテリジェンスが必要であることを認識しています。IFS EOIは、トップレベルのビジネス戦略と目標から着手し、それをBizMap™に取り込み、リアルタイムデータを段階的に結び付けてエンドツーエンドプロセスをモニターし管理します。IFS EOIソフトウェアの特長:

  • 組織の戦略をトップダウンで強化することで、ビジネス目標を実現
  • 複数の情報ソースをもとに信頼できるひとつの全体像を提供し、組織内の業務プロセスの詳細な見取り図を描き、モニターし、管理する
  • 管理アクションの効率化を実現:品質、速度、ターゲティングの向上
  • 組織または業務部門に点としてのソリューションを作成するのではなく、プロセス全体を効率化する
  • 組織の有効性の向上:企業の隅々までを完全に洞察できるようになり、ビジネスの柔軟性と予測可能性が高まる
  • 価値実現までの時間を短縮:IFS EOIは、主要なビジネスプロセスと目標に影響を与える方法でビジネスパフォーマンスをリアルタイムに評価することで、企業が優れた意思決定を迅速に行えるようにします。

業務プロセスの詳細な見取り図を描く

BizMap™を使用して自社のバリューチェーンの全体を見渡すことのでる動的でグラフィカルなビューを作成し、IFS EOIでビジネスの優先順位を決定します。このトップダウンアプローチにより、主要なビジネス戦略目標と業務プロセスに沿ってビジネスパフォーマンスを管理し、パフォーマンスに突発的な影響を及ぼすような事態の発生を防ぎます。

  • 戦略から運用まで、エンドツーエンドの信頼できるひとつの全体像
  • 戦略、プロセス、KPIを定義するための設計図
  • 複雑さを軽減し、重要な業務に集中する
  • モデルエンジンが柔軟でモデル駆動型のビジネスオペレーションを提供
  • ウェブベースの役割別コックピット

パフォーマンスをモニターする

プロセスマッピングは、パフォーマンスの向上と情報管理の面で重要です。IFS EOIは、ビジネス目標に対するビジネスのパフォーマンスをリアルタイムに監視します。そのために、役割別のコックピットを使用します。原材料の価格や品質の変化がビジネスの収益に与える影響をリアルタイムで評価します。IFS EOIによって、戦略的目標を達成する上で最も重要なタスクに注力しやすくなります。

  • 1つの環境に統合されたパフォーマンスとプロセス
  • リアルタイム(イベント発生時)に監視される業務パフォーマンス
  • データソースに依存しないので、既存のシステムを活用できる
  • モデル駆動型データエンジン - ビジネスキューブの変更にも、ソースコードの変更は不要
  • Microsoft BIスタックを活用して、データマイニングと高度な分析を実現

ビジネスを管理する

IFS EOIは、エンタープライズ管理とエンタープライズインテリジェンスに関わるものです。リアルタイムの「what-if」分析によってサポートされる意思決定を実行でき、ビジネスを推進し、他社との差別化を図り、競争力を高めます。たとえば、エネルギー販売価格の変更案があれば、それが収益性や発電の損益分岐点に与える影響を即座に評価します。

  • プロアクティブなリアルタイムアラートによる、より迅速で優れた意思決定
  • エンドツーエンドのプロセス管理をサポートするモデル駆動型およびデータ駆動型の実行ワークフロー
  • 組織内の人々をつなぐ:適切なタイミング、適切なテーマで
  • シナリオプレイ、what-if分析、意思決定サポートによるインテリジェントなビジネスオペレーション
  • アジリティ:プロセスの変更はすぐに実装可能で、実行時にコンパイル

エンドツーエンドの可視性

変革についての計画は、明確で測定可能な指標を備えた戦略的優先事項によって推進される必要があります。焦って変革を実行する前に、組織全体を調査し、構造的な問題に対処することが重要です。

ビジネスの管理に必要な重要な側面と相互依存関係はすべて、BizMap™に取り込まれます。BizMapにデータを取り込むことで、組織のすべての領域(戦略、戦術、運用)が単一のプラットフォームで連携され、戦略目標、結果、運用の状況を直接確認することができます。これにより、ビジネスのアジリティが高まり、変化する状況に対応し、企業全体のオペレーショナル・インテリジェンスに必要な可視性やインテリジェンスが改善し、状況をコントロールできるようになります。

このアプローチの中核は、バリューチェーンをソフトウェアに直接取り込み、組織についての信頼できるひとつの全体像を提供することです。

  • 戦略、プロセス、KPIを定義する計画
  • 複雑さを軽減し、本当に重要なことに集中する
  • 1回のクリックで根本原因を分析
  • アジャイルおよびモデル駆動型のビジネスオペレーションを遂行するためのモデルエンジン
  • 情報アーキテクチャの決定に使用されるバリューチェーン:どのシステムやイベントからどんな情報が必要か、結果としてビジネス主導のITとなる

統合された次世代のオペレーショナル・インテリジェンスのための適応型エンタープライズ・プラットフォーム・テクノロジー

適応性の高いエンタープライズプラットフォームIFS EOI™では、アジリティを備えた適応性に優れた企業であり続けるという約束を現実のものにすることができます。最先端のプラットフォームとそのモデル駆動型アプローチでは、統合されたリアルタイムのオペレーショナル・インテリジェンスを提供し、優れた意思決定を迅速に行えるようにすることで、ビジネスオペレーションが改善し顧客との交流が促進されます。

資料のダウンロードはこちら

IFS EOI: 組織のデジタルツイン

IFSのEOIテクノロジーでは、組織のデジタルツインを作成することで、既存のITシステムから得られるのパフォーマンスが向上し、可視性と業務のコントロールがリアルタイムに得られ、戦略を確実に遂行することができます。このビデオで、組織のデジタルツインを作成することで戦略を視覚化し、それを実現するプロセスとKPIを評価する方法をご確認ください。