Skip to main content

顧客情報管理/CRM

パイプラインを把握し、​既存顧客や見込み客を育成し、​ビジネスを推進します。

IFSの顧客情報管理(CRM)ソリューションにより、商談機会を広げ、顧客満足度を向上させます。IFS CRMでは次のことが可能です。

  • パイプラインを明確に把握し、適切なタイミングで適切な方法で導入を検討しているお客様と連絡を取ることができます。
  • 過去のやり取りのライブラリを作成して、すべてのビジネスのタッチポイントでの会話をより的確に把握することができます。
  • 組み込み型ソリューションにより、基幹業務プロセスと情報を統合することで時間とコストを節約できます。
  • 使い慣れたプラットフォーム上で、Microsoft Outlookとの統合を利用してコミュニケーションを行うことができます。
IFSの顧客情報管理/CRMソリューション

​コア機能

パイプラインを把握せずに、ビジネスを成長させることはできますか

パイプラインの可視性が欠如していると、商談機会が失われ、将来の計画を立てたり、最も収益性の高いお客様や導入を検討されているお客様に注力することが困難です。お客様の関心を示すグラフィカルなビューを使用して、どの案件機会がセールス・パイプラインに向かっているか、どの案件が失敗しているかを明確に確認できます。

常に正確なデータを使用してビジネス上の意思決定を行う必要があります。監査機能を使用すると、情報を掘り下げてその正確さを確認し、直感ではなく事実に基づいて行動することができます。

IFSの営業プロセス自動化ツールを使用すると、見込み客と商談機会の育成プロセスを標準化および自動化できます。これらのプロセスは、関連する市場や業界の要件に適用できます。これにより、担当営業は、商談確度の低い見込み客に注力するのではなく、より多くの確度の高い案件の成約に専念できます。

​いつでもどこでも、お客様と繋がり、育成やサービスの提供が可能

時間や場所を問わず、導入を検討されている既存顧客や見込み客と連絡を取り合うことができます。車の中でもオフィスでも、IFSのCRMソリューションはモバイルで利用可能なIFS Aurenaから使用できます。IFS Aurenaは外出先でも利用可能で、本格的なCRMをポケットサイズで提供します。

すべてのお客様とのやり取りを1か所に保存することで、セールス・チームとカスタマー・サービス・チームがデータを相互に連携することが可能になります。これらのやり取りは、顧客からの質問や課題についてアクセス可能なライブラリを形成し、過去の経験に基づいて既存顧客をサポートし、新しい顧客を育成するのに役立ちます。

個別の見積システムや発注システムを辿る代わりに、IFSの価格と原価管理機能を使用すると、遅滞なく発注を進めることができます。お客様の承認を得た時点で、計画およびスケジュールシステムにオーダーを入力するだけで、プロジェクトを開始できます。

着実に顧客との深い信頼関係を構築

既存顧客や導入を検討されているお客様と、必要なすべての情報をより効果的にやり取りできます。

職責ごとの機能を使用すると、定義された役割とセキュリティ・プロファイルに基づいて、既存顧客や導入を検討されているお客様と連絡をとることができます。対話を推進するための次の最適なアクションとタスクを明確に把握し、適切なタイミングで適切な会話が行われるようにします。

Microsoft Outlookとの統合により、モバイルまたはデスクトップ上で新しい商談機会、アクティビティ、連絡先情報を作成するための使い慣れたプラットフォームを利用できます。

ビジネスのあらゆる局面に対応する、完全に統合された組み込み型ソリューション

スタンドアロンのCRMソリューションでは、情報を検索するために複数の異なるシステムを操作する必要があり、その情報が常に信頼できるとは限りません。

IFSのCRMソリューションはIFSのソフトウェアに完全に組み込まれており、ビジネスデータの明確なビューにアクセスできます。情報への変更はビジネス・エコシステム全体にシームレスに反映されるため、常に最新の、最も正確な、最も実用的な情報に基づいたインテリジェンスな業務が可能です。

直感的なIFS Aurenaインターフェイスと職責ごとに用意されたIFSロビー・ダッシュボードでは、チームの各メンバーにとって最も重要な情報を明確に表示します。既存客、導入を検討されているお客様、サプライヤに関する情報を一目で把握できるため、データを迅速に情報に基づくアクションに変換できます。

パイプラインを把握せずに、ビジネスを成長させることはできますか

パイプラインの可視性が欠如していると、商談機会が失われ、将来の計画を立てたり、最も収益性の高いお客様や導入を検討されているお客様に注力することが困難です。お客様の関心を示すグラフィカルなビューを使用して、どの案件機会がセールス・パイプラインに向かっているか、どの案件が失敗しているかを明確に確認できます。

常に正確なデータを使用してビジネス上の意思決定を行う必要があります。監査機能を使用すると、情報を掘り下げてその正確さを確認し、直感ではなく事実に基づいて行動することができます。

IFSの営業プロセス自動化ツールを使用すると、見込み客と商談機会の育成プロセスを標準化および自動化できます。これらのプロセスは、関連する市場や業界の要件に適用できます。これにより、担当営業は、商談確度の低い見込み客に注力するのではなく、より多くの確度の高い案件の成約に専念できます。

​いつでもどこでも、お客様と繋がり、育成やサービスの提供が可能

時間や場所を問わず、導入を検討されている既存顧客や見込み客と連絡を取り合うことができます。車の中でもオフィスでも、IFSのCRMソリューションはモバイルで利用可能なIFS Aurenaから使用できます。IFS Aurenaは外出先でも利用可能で、本格的なCRMをポケットサイズで提供します。

すべてのお客様とのやり取りを1か所に保存することで、セールス・チームとカスタマー・サービス・チームがデータを相互に連携することが可能になります。これらのやり取りは、顧客からの質問や課題についてアクセス可能なライブラリを形成し、過去の経験に基づいて既存顧客をサポートし、新しい顧客を育成するのに役立ちます。

個別の見積システムや発注システムを辿る代わりに、IFSの価格と原価管理機能を使用すると、遅滞なく発注を進めることができます。お客様の承認を得た時点で、計画およびスケジュールシステムにオーダーを入力するだけで、プロジェクトを開始できます。

着実に顧客との深い信頼関係を構築

既存顧客や導入を検討されているお客様と、必要なすべての情報をより効果的にやり取りできます。

職責ごとの機能を使用すると、定義された役割とセキュリティ・プロファイルに基づいて、既存顧客や導入を検討されているお客様と連絡をとることができます。対話を推進するための次の最適なアクションとタスクを明確に把握し、適切なタイミングで適切な会話が行われるようにします。

Microsoft Outlookとの統合により、モバイルまたはデスクトップ上で新しい商談機会、アクティビティ、連絡先情報を作成するための使い慣れたプラットフォームを利用できます。

ビジネスのあらゆる局面に対応する、完全に統合された組み込み型ソリューション

スタンドアロンのCRMソリューションでは、情報を検索するために複数の異なるシステムを操作する必要があり、その情報が常に信頼できるとは限りません。

IFSのCRMソリューションはIFSのソフトウェアに完全に組み込まれており、ビジネスデータの明確なビューにアクセスできます。情報への変更はビジネス・エコシステム全体にシームレスに反映されるため、常に最新の、最も正確な、最も実用的な情報に基づいたインテリジェンスな業務が可能です。

直感的なIFS Aurenaインターフェイスと職責ごとに用意されたIFSロビー・ダッシュボードでは、チームの各メンバーにとって最も重要な情報を明確に表示します。既存客、導入を検討されているお客様、サプライヤに関する情報を一目で把握できるため、データを迅速に情報に基づくアクションに変換できます。

ERP