Skip to main content

You are visiting the Japanese site. You might be interested in the English site.

Go to the English site Stay on the Japanese site

製造業向けERP

無駄を無くし、変化に素早く対応し、収益性を向上するためのソリューション

IFSの生産管理ソリューションでは、様々な生産形態の生産プロセスを包括的に管理できます。複雑な受注生産からシンプルな見込生産、および組立生産からプロセス生産まで、IFSのソリューションでは次のようなことが実現できます。

  • 生産コストの削減と資材の可用性の向上
  • 予測、価格見積り、スケジューリングの精度を向上
  • 生産工程のあらゆる段階で品質を最優先する
  • 製品ライフサイクル全体にわたる持続可能性の管理
  • 物理的な製品に加えてサービスを提供することで収益を増大
製造業向けERP

製造業向けソリューション

包括的な管理:資材調達から完成品、さらにその先まで

IFSの生産管理ソリューションは、組立生産からプロセス生産まで、あらゆる生産形態におけるプロセスの管理を可能にします。

  • 生産プロセスのあらゆる側面を管理。繰返生産、受注生産、見込み生産、ハイブリッド生産、受注設計生産など、様々な生産形態を管理できます。
  • 柔軟なレポート作成機能により、リアルタイムにデータをキャプチャします。バーコードリーダ、携帯電話、タブレット、オペレータ端末など、現在使用中のデバイスに必要なインタフェースを使用して、業務や資材の流れを報告します。
  • 受注情報の入力から完成品の検収まで、生産プロセス全体を管理し、より的確な意思決定を行うことができます。リアルタイムなデータを活用して、資材の可用性の確認、製造スケジュール設定、統合された品質管理を実現します。
  • 構成品の保守修理を予定通りに完了し、予算を確保し、循環型経済への取り組みを支援します。組み込み型の保守管理ソリューションを使用することで、コスト、収益、スコープを完全に管理できます。
 

効率性の向上:見積もりから納品まで

資材の可用性を向上し、ダウンタイムを回避し、効率を数値化して利益を増加させます。

  • 組み込み型のコンフィギュレータ機能により、お客様のニーズに合わせて製品をカスタマイズできます。注文を入力し、顧客の製品構成に基づいて販売価格を算出します。複数の部品表は必要ありません。
  • 資材所要量計画(MRP)を使用して、資材の可用性を向上させ、運転資本を削減します。リードタイムの短縮と従来のブルウィップ効果を実現するために、需要主導型MRPにも標準機能で対応できます。
  • 無限または有限の生産能力計画機能を使用して生産計画を最適化します。視覚的なプランニングとスケジュール設定機能により、製品を計画どおりに最適な順序で製造できるため、生産コストを最小限に抑え、顧客サービスを最大限に高めることができます
 

予測、価格見積り、スケジュールの精度を向上

信頼性の高いプランニング機能を活用して、過剰な在庫や在庫切れを無くします。IFSの生産管理ソリューションでは、お客様の業務を正確に管理できます。

  • 正確な販売および業務計画の実行。様々な想定シナリオを使用して、販売、生産および在庫計画を検討できます。
  • 見積を提出する際に、可能な限り最良の入札価格を確保することができます。組み込み型見積算出ツールにより、価格見積りの複雑さを軽減し、製造と購入の意思決定を行うことができます。
  • 組織全体でサプライ・チェーン管理を最適化できます。資材計画機能では、需要予測および需要/供給データに基づいて資材および生産能力所要量が計算されます。
  • 現場からのデータをオンラインでキャプチャすることで、より的確で迅速な意思決定が可能になります。運転、中断、間接的な作業時間、機械のダウンタイムなどの実際の時間をリアルタイムで取得し、意思決定を改善します。
 

継続的な品質管理により欠陥品を排除

組み込み型の品質管理システムにより、生産プロセスのあらゆる段階で品質を管理します。

  • 調達と製造プロセスにおける部品の計画、試験、検査指示を定め、品質管理を行うことができます。統計的プロセス制御チャートを作成し、任意のプロセスの指標を計算します。
  • 不適合報告機能(NCR)により、定められたルールに則っていないプロセスや作業を検出します。機械、業務、サプライヤ、顧客などのオブジェクトにNCRを登録します。
  • 社内外の品質監査を使用して、個々のサプライヤからプロジェクト全体に至るまで、生産プロセスの主要な側面を分析し、レポートを作成します。
  • 是正・予防措置(CAPA)で長期的な視点を持ちます。廃棄、完成予定日、責任者、検証及び撤退などを管理することで、問題の根本原因に取り組むことができます。
  • 故障モード影響解析(FMEA)機能により、障害の特定、優先順位付け、制限を実施できます。最小限の労力とリソースで、製品/プロセス設計における障害のリスクを低減します。
 

製品ライフサイクル全体にわたる持続可能性レポート

地球とビジネスにとってより明るい未来を築くためには、持続可能なモノづくりが重要です。組み込み型のエコフットプリント管理機能により、次のことが可能になります。

  • コストと無駄を削減。レポートによるインサイトを通じて、エネルギー消費量と原材料使用量を削減できます。
  • ライフサイクルを通した製品の追跡管理により、環境保護へのアプローチを検証。サプライチェーン全体から使用段階、および耐用年数の終了まで、すべての段階をモニタリングします。
  • 持続可能性へのコミットメントを発信。資材および環境に優しい製品の宣言を作成し、見込み客や顧客と共有します。
  • 複雑な法令遵守のプロセスを簡素化。コンプライアンス報告機能により、REACH、ROHS、WEEEなどの規制に対応します。
 

包括的な管理:資材調達から完成品、さらにその先まで

IFSの生産管理ソリューションは、組立生産からプロセス生産まで、あらゆる生産形態におけるプロセスの管理を可能にします。

  • 生産プロセスのあらゆる側面を管理。繰返生産、受注生産、見込み生産、ハイブリッド生産、受注設計生産など、様々な生産形態を管理できます。
  • 柔軟なレポート作成機能により、リアルタイムにデータをキャプチャします。バーコードリーダ、携帯電話、タブレット、オペレータ端末など、現在使用中のデバイスに必要なインタフェースを使用して、業務や資材の流れを報告します。
  • 受注情報の入力から完成品の検収まで、生産プロセス全体を管理し、より的確な意思決定を行うことができます。リアルタイムなデータを活用して、資材の可用性の確認、製造スケジュール設定、統合された品質管理を実現します。
  • 構成品の保守修理を予定通りに完了し、予算を確保し、循環型経済への取り組みを支援します。組み込み型の保守管理ソリューションを使用することで、コスト、収益、スコープを完全に管理できます。
 

効率性の向上:見積もりから納品まで

資材の可用性を向上し、ダウンタイムを回避し、効率を数値化して利益を増加させます。

  • 組み込み型のコンフィギュレータ機能により、お客様のニーズに合わせて製品をカスタマイズできます。注文を入力し、顧客の製品構成に基づいて販売価格を算出します。複数の部品表は必要ありません。
  • 資材所要量計画(MRP)を使用して、資材の可用性を向上させ、運転資本を削減します。リードタイムの短縮と従来のブルウィップ効果を実現するために、需要主導型MRPにも標準機能で対応できます。
  • 無限または有限の生産能力計画機能を使用して生産計画を最適化します。視覚的なプランニングとスケジュール設定機能により、製品を計画どおりに最適な順序で製造できるため、生産コストを最小限に抑え、顧客サービスを最大限に高めることができます
 

予測、価格見積り、スケジュールの精度を向上

信頼性の高いプランニング機能を活用して、過剰な在庫や在庫切れを無くします。IFSの生産管理ソリューションでは、お客様の業務を正確に管理できます。

  • 正確な販売および業務計画の実行。様々な想定シナリオを使用して、販売、生産および在庫計画を検討できます。
  • 見積を提出する際に、可能な限り最良の入札価格を確保することができます。組み込み型見積算出ツールにより、価格見積りの複雑さを軽減し、製造と購入の意思決定を行うことができます。
  • 組織全体でサプライ・チェーン管理を最適化できます。資材計画機能では、需要予測および需要/供給データに基づいて資材および生産能力所要量が計算されます。
  • 現場からのデータをオンラインでキャプチャすることで、より的確で迅速な意思決定が可能になります。運転、中断、間接的な作業時間、機械のダウンタイムなどの実際の時間をリアルタイムで取得し、意思決定を改善します。
 

継続的な品質管理により欠陥品を排除

組み込み型の品質管理システムにより、生産プロセスのあらゆる段階で品質を管理します。

  • 調達と製造プロセスにおける部品の計画、試験、検査指示を定め、品質管理を行うことができます。統計的プロセス制御チャートを作成し、任意のプロセスの指標を計算します。
  • 不適合報告機能(NCR)により、定められたルールに則っていないプロセスや作業を検出します。機械、業務、サプライヤ、顧客などのオブジェクトにNCRを登録します。
  • 社内外の品質監査を使用して、個々のサプライヤからプロジェクト全体に至るまで、生産プロセスの主要な側面を分析し、レポートを作成します。
  • 是正・予防措置(CAPA)で長期的な視点を持ちます。廃棄、完成予定日、責任者、検証及び撤退などを管理することで、問題の根本原因に取り組むことができます。
  • 故障モード影響解析(FMEA)機能により、障害の特定、優先順位付け、制限を実施できます。最小限の労力とリソースで、製品/プロセス設計における障害のリスクを低減します。
 

製品ライフサイクル全体にわたる持続可能性レポート

地球とビジネスにとってより明るい未来を築くためには、持続可能なモノづくりが重要です。組み込み型のエコフットプリント管理機能により、次のことが可能になります。

  • コストと無駄を削減。レポートによるインサイトを通じて、エネルギー消費量と原材料使用量を削減できます。
  • ライフサイクルを通した製品の追跡管理により、環境保護へのアプローチを検証。サプライチェーン全体から使用段階、および耐用年数の終了まで、すべての段階をモニタリングします。
  • 持続可能性へのコミットメントを発信。資材および環境に優しい製品の宣言を作成し、見込み客や顧客と共有します。
  • 複雑な法令遵守のプロセスを簡素化。コンプライアンス報告機能により、REACH、ROHS、WEEEなどの規制に対応します。
 

製造業のビジネス価値

IFSは、ソフトウェアベンダーとして、目に見える、真のビジネス価値をお客様にもたらすことに注力しています。IFSのソフトウェアおよびテクノロジーは、お客様のビジネスを強化し、従来のプロセスから付加価値を生まない業務を排除するために設計されています。そのためには、ソフトウェアの導入に先立ち、プロジェクトの初期段階でビジネス・バリュー・エンジニアリングを実施することで、IFSのソフトウェアから得られる価値をさらに高めることができるようになります。このホワイトペーパーでは、事前のプランニングがソフトウェアの導入成果に与える影響について考察しています。

資料のダウンロードはこちら

モーガン・モーター・カンパニーは、近代化により、伝統を守り続ける

モーガン・モーター・カンパニーは、IFSのソリューションを導入することで、8つのシステムを1つに統合し、すべてのビジネスに不可欠なデータを1つの正確なソースに集約できました。

ERP

What others are saying about IFS