Skip to main content

調達管理

調達から支払いまでの完全なソリューション

IFS調達管理では、調達から支払いまでのエンドツーエンドの調達プロセスを1つのソリューションで管理できます。スタンドアロンシステムを運用するよりも少ないコストで、容易にすべての直接費、間接費、およびサービスコストを管理できます。このソフトウェアでは、次のことが可能です。

  • 戦略計画、リスク管理、サプライヤ評価、新規契約開拓を強化することで、調達から契約までのプロセスを改善
  • すべての調達から支払いまでのプロセスを管理することで、マーベリック支出 を防止し、優先サプライヤとの取引量を増加
  • サプライヤーと下請け業者とのより緊密で協力的な関係を構築することにより、コストとリスクを削減
調達管理

サプライヤの調達および新規契約の開拓を管理

戦略計画、サプライヤ評価、契約の開拓を強化することで、組織内の調達から契約締結までのプロセスを改善します。

  • 戦略的なプランニングを通じて、コスト削減の可能性を特定し、調達プロセスを効率化します。このソリューションを使用すると、さまざまな支出を階層化し、分析し、組織内で誰が何を購入しているか、彼らが支払っている価格、使用されているベンダー、マーベリック(調達ルールを守らない発注)の割合を正確に特定できます。
  • サプライヤの評価によるリスクの低減と収益性の向上。能力、品質、価格などの確かな基準に基づいてサプライヤを選定できます。
  • 契約書作成機能により、契約条件を統一的に把握できます。契約、カタログ、価格に関する信頼できる単一のビューを全員に提供することで、下流の調達プロセスへの契約ルールの周知が向上します。
 

発注から請求および支払までの一貫したアプローチ

最良のサプライヤを選び、有利な条件を交渉することは、コストを削減するための第一歩にすぎません。IFS調達管理では、支払いにいたるまでのすべてのダウンストリーム・プロセスを実行管理できるため、マーベリック支出を排除し、優先サプライヤとの取引量を増やすことができます。

  • IFS契約管理ソリューションを使用して、仕入先基本契約、変更オーダーおよび価格表を管理します。仕入先契約を監視して、すべての条件が満たされていることを確認します。
  • 調達によるコスト削減を実現します。購買から支払までの各ステップ(依頼、発注、発送から、受入、検査、返品まで)を常に把握します。また、このソリューションはIFS Cloud製品に完全に組み込まれているため、お客様は1つのシステム内ですべてのタスクを実行することができます。たとえば、発注を行う前に在庫を確認することができます。
  • 請求書および財務管理により、財務データをリアルタイムに分析できます。請求書の照合、GRNI (未請求の受入済商品)および発注の消込を単一の組込みシステムで実行します。誰もが1つのシステムを共有することで、すべての調達および財務データに、請求から財務全体に至るサプライチェーンのさまざまなポイントから即座にアクセスできます。
  • 車載在庫の補充、外部仕入先からの機材のレンタル、発注の変更管理などの高度な機能を活用できます。

サプライヤとのパートナーシップの価値を最大化

コストとリスクを削減するためには、サプライヤとの密接な協力関係が重要です。IFS調達管理では、サプライヤと一貫したプロセスとパラメータを導入して、お客様が受け取る商品やサービスの品質の一貫性を確保することができます。

  • サプライヤとの関係強化。ツールを使用して、サプライヤの認定、契約、維持、および段階的な契約停止を行うツールを使用すると、より多くの商品とサービスを予定どおりに予算内で受け取ることができます。
  • サプライヤの業績をより効果的に管理できます。パフォーマンス評価および監査機能を通じて、契約で定められたサービス・レベルが満たされていることを確認します。
  • セルフ・サービス・サポートによってサプライヤを支援し、処理時間を短縮し、品質、精度、収益性を向上させます。

リスク管理への投資:調達から支払いまでの全プロセスに適用

実コストから固定費まで、さまざまな契約タイプを分析すると、それぞれに異なるリスクがあることがわかります。サプライヤ候補の過去の実績または支払い能力のレベルを調査すると、固有の事情が見えてきます。

IFSリスク管理機能は、広範な機能をカバーするIFS Cloudソリューションの一部であり、このような不確定要素を調査し、業務の確実性を高めるのに役立ちます。

  • 中央で一元管理されたリスクの記録を活用できます。共有の記録を継続的に更新し評価することで、リスク管理は業務プロセスと意思決定に根ざしたものになります。
  • 市場リスクを常に把握できます。例えば、IFSのソリューションでは、貿易政策、サプライヤの実行可能性、グローバル/地域的な希少性から、サプライチェーンに内在する重大なリスクを評価できます。
  • 調達サイクルに対するリスクの全体像を形成できます。IFS調達管理は、IFS Cloudに統合されており、在庫管理や会計管理からロジスティクスや配送管理に至るまで、業務全体のリアルタイムなデータにアクセスすることができます。

複雑な下請契約の管理:作業指示から作業完了の支払まで

IFS調達管理は、下請け業者のリスクからプロジェクトをより効果的に保護すると同時に、支払いプロセスを合理化します。

  • 外注作業指示を発行し、契約範囲およびタイムラインに対して行われた作業を記録します。
  • 下請け契約管理用に特別に作成されたツールにアクセスして、契約変更を管理し、範囲の確認、コストの管理、リスクの軽減、および成果を確実に達成できるよう管理できます。
  • 支払申請の受領、完了済作業証明書の発行、期末経過勘定の管理、請求書と証明書の照合による下請業者への支払を支援しできます。

サプライヤの調達および新規契約の開拓を管理

戦略計画、サプライヤ評価、契約の開拓を強化することで、組織内の調達から契約締結までのプロセスを改善します。

  • 戦略的なプランニングを通じて、コスト削減の可能性を特定し、調達プロセスを効率化します。このソリューションを使用すると、さまざまな支出を階層化し、分析し、組織内で誰が何を購入しているか、彼らが支払っている価格、使用されているベンダー、マーベリック(調達ルールを守らない発注)の割合を正確に特定できます。
  • サプライヤの評価によるリスクの低減と収益性の向上。能力、品質、価格などの確かな基準に基づいてサプライヤを選定できます。
  • 契約書作成機能により、契約条件を統一的に把握できます。契約、カタログ、価格に関する信頼できる単一のビューを全員に提供することで、下流の調達プロセスへの契約ルールの周知が向上します。
 

発注から請求および支払までの一貫したアプローチ

最良のサプライヤを選び、有利な条件を交渉することは、コストを削減するための第一歩にすぎません。IFS調達管理では、支払いにいたるまでのすべてのダウンストリーム・プロセスを実行管理できるため、マーベリック支出を排除し、優先サプライヤとの取引量を増やすことができます。

  • IFS契約管理ソリューションを使用して、仕入先基本契約、変更オーダーおよび価格表を管理します。仕入先契約を監視して、すべての条件が満たされていることを確認します。
  • 調達によるコスト削減を実現します。購買から支払までの各ステップ(依頼、発注、発送から、受入、検査、返品まで)を常に把握します。また、このソリューションはIFS Cloud製品に完全に組み込まれているため、お客様は1つのシステム内ですべてのタスクを実行することができます。たとえば、発注を行う前に在庫を確認することができます。
  • 請求書および財務管理により、財務データをリアルタイムに分析できます。請求書の照合、GRNI (未請求の受入済商品)および発注の消込を単一の組込みシステムで実行します。誰もが1つのシステムを共有することで、すべての調達および財務データに、請求から財務全体に至るサプライチェーンのさまざまなポイントから即座にアクセスできます。
  • 車載在庫の補充、外部仕入先からの機材のレンタル、発注の変更管理などの高度な機能を活用できます。

サプライヤとのパートナーシップの価値を最大化

コストとリスクを削減するためには、サプライヤとの密接な協力関係が重要です。IFS調達管理では、サプライヤと一貫したプロセスとパラメータを導入して、お客様が受け取る商品やサービスの品質の一貫性を確保することができます。

  • サプライヤとの関係強化。ツールを使用して、サプライヤの認定、契約、維持、および段階的な契約停止を行うツールを使用すると、より多くの商品とサービスを予定どおりに予算内で受け取ることができます。
  • サプライヤの業績をより効果的に管理できます。パフォーマンス評価および監査機能を通じて、契約で定められたサービス・レベルが満たされていることを確認します。
  • セルフ・サービス・サポートによってサプライヤを支援し、処理時間を短縮し、品質、精度、収益性を向上させます。

リスク管理への投資:調達から支払いまでの全プロセスに適用

実コストから固定費まで、さまざまな契約タイプを分析すると、それぞれに異なるリスクがあることがわかります。サプライヤ候補の過去の実績または支払い能力のレベルを調査すると、固有の事情が見えてきます。

IFSリスク管理機能は、広範な機能をカバーするIFS Cloudソリューションの一部であり、このような不確定要素を調査し、業務の確実性を高めるのに役立ちます。

  • 中央で一元管理されたリスクの記録を活用できます。共有の記録を継続的に更新し評価することで、リスク管理は業務プロセスと意思決定に根ざしたものになります。
  • 市場リスクを常に把握できます。例えば、IFSのソリューションでは、貿易政策、サプライヤの実行可能性、グローバル/地域的な希少性から、サプライチェーンに内在する重大なリスクを評価できます。
  • 調達サイクルに対するリスクの全体像を形成できます。IFS調達管理は、IFS Cloudに統合されており、在庫管理や会計管理からロジスティクスや配送管理に至るまで、業務全体のリアルタイムなデータにアクセスすることができます。

複雑な下請契約の管理:作業指示から作業完了の支払まで

IFS調達管理は、下請け業者のリスクからプロジェクトをより効果的に保護すると同時に、支払いプロセスを合理化します。

  • 外注作業指示を発行し、契約範囲およびタイムラインに対して行われた作業を記録します。
  • 下請け契約管理用に特別に作成されたツールにアクセスして、契約変更を管理し、範囲の確認、コストの管理、リスクの軽減、および成果を確実に達成できるよう管理できます。
  • 支払申請の受領、完了済作業証明書の発行、期末経過勘定の管理、請求書と証明書の照合による下請業者への支払を支援しできます。

より大きな全体の一部

IFS調達管理は、IFS Cloudに完全に統合されたソリューションであり、スタンドアロンの調達ソリューションを運用する場合に比べてコストを低減し、業務を簡素化します。さらに、主要なビジネスパートナーとの間により知見を生かした収益性の高い関係を構築できます。

これらのメリットの詳細と、IFS調達管理ソリューションの機能概要をご確認ください。

資料のダウンロードはこちら

ERP