Skip to main content

サプライチェーン管理(SCM)ソフトウェア

将来の見通しを明確にすることで、日常業務をよりスマートにする。

IFSのサプライチェーン管理(SCM)ソリューションは、世界中のどこででも、スムーズで収益性の高い業務を推進するための支援をします。複数言語、複数通貨、マルチサイトを1つのプラットフォームで管理する機能を備えたこのソリューションは、以下を実現します。

  • ビジネス・データに関して、全社的に単一の明確な視点を共有できます。IFSのSCMソリューションは、エンタープライズ・リソース・プランニング(ERP)ソフトウェアに完全に組み込まれています。
  • 完全な統合型の倉庫管理システム(WMS)を使用して、倉庫における管理業務とスペースを最適化します。
  • 需要予測機能により、顧客サービスの向上と管理コストの削減を実現
  • 受注と返品の管理を簡素化:複数の拠点を包括的に統合管理することにより、世界中のどこからでも製品、能力、在庫を可視化し、管理することが可能になります。
サプライチェーン管理(SCM)

Core capabilities

サプライチェーンの統一された明確な視点

IFSのサプライチェーン管理ソリューションは、エンタープライズ・リソース・プランニング(ERP)ソフトウェアに完全に組み込まれており、組織内のすべてのユーザーに対して、ビジネスデータを一元的に表示できます。

  • サード・パーティ・ソフトウェアとの統合を回避することで、時間とコストを節約できます。関連するERP機能はすべて、すぐに使用できます。
  • 信頼できるデータを参照する。すべての情報がアプリケーション全体にわたってリアルタイムに更新されるため、組織内のすべてのユーザーが1つの統一された視点で業務を実施できるようになります。
  • 追加機能の制約から開放されます。例えば、組み込みソリューションを選択することで、ツールキットの一部である顧客からの受注情報や集中購買が使用可能になります。
 

倉庫業務とスペースを最適化

よりスマートな出庫、払出、棚入により、サプライチェーンおよび流通チャネルに固有の顧客の要求を満たします。IFSの包括的な倉庫管理ソリューションでは、以下を実現します。

  • スロッティングと頻繁に行われる棚入により、倉庫スペースを最大化し、最も必要なアイテムを最適な場所に保管します。
  • 保管棚間の移動時間を最小限に抑えます。このソリューションでは、ウェーブピッキング、格納経路、およびルールに基づいた棚入用の保管ゾーンを定義できます。
  • バッチ番号とシリアル番号を作成して、アップストリームおよびダウンストリームの完全なトレーサビリティを実現し、保管期限、有効期限を管理できます。
  • 出荷予定をモデル化し、独自の出荷フローを構成できる自動出荷プロセスを使用して、より正確な搬送処理を実行できます。
  • 設定可能なモバイル・スキャニング・ソリューションにより、人為的エラーを減らし、時間とコストを節約できます。組み込み型の倉庫データ収集ツール(WaDaCo)により、バーコードスキャンを使用して顧客の注文に迅速かつ正確に対応できます。

WaDaCoのご紹介動画はこちら

最も要求の厳しい環境のプランニングと予測

IFSのユーザーとの緊密な協業により開発された計画および予測機能により、管理コストの削減、カスタマー・サービスの向上、ROIの向上を実現できます。

  • 複数の異なる統計予測モデルと予測エラーの測定方法を使用して、予測精度を向上させます。統計モデルには、Best Fit、Bayesian、Brownや傾向などがあります。適切な時期に適切な量の製品を確実に生産できるよう支援することで、IFSのソリューションはROIを達成し、顧客に最適なサービスレベルを提供します。
  • 在庫計画と補充を改善します。IFS需要予測ツールと直接連携することで、需要と予測の精度の変化に迅速かつ効果的に対応できます。
  • 複雑なサプライネットワーク全体で、大量の部品、資材、製品を効率的かつ正確に管理します。他に類を見ない在庫計画の支援機能により、IFSのソリューションでは、頻度、ABCクラス、およびライフサイクルステージに基づいて部品をグループ化できます。サービスレベルなどのパラメータは、個々の部品ではなくグループごとに設定することもできます。

マルチサイトのすべての受注と返品を把握

企業全体にわたる複数拠点を完全に統合し、可視化することにより、優れたカスタマーサービスの提供、レスポンス・タイムの短縮、コストの削減を実現します。IFSのマルチサイト機能は、トレーサビリティとデータ接続性を維持しながら、幅広いロジスティクスシナリオ(サイト間、サイトから顧客、仕入先からサイトなど)を支援します。

  • お客様のコミットメントに一貫して対応。供給拠点の可用性、自動化されたルールに基づいた外部部品調達、マルチサイトの納期回答(ATP)および生産可能数量(CTP)機能など、これらすべてに対応しているため、信頼性の高い受注処理が可能になります。
  • 統合されたひとつの視点によるメリットを得られます。同期的な変更管理と検証により、拠点から国や地域に至るまで、すべての関係者が同じ情報を共有でき、顧客に対して一貫したやり取りが保証されます。
  • 返品処理の簡素化。一元化された返品管理機能により、どのような配送方法であっても、顧客が注文したどの拠点にも返品が可能です。

サプライチェーンのあらゆる段階で持続可能性を確保

IFSのサプライチェーン管理ソリューションで、リデュース、リユース、リサイクルを実現できます。サプライチェーン全体で廃棄物を削減することで、循環型経済においてより大きな役割を果たすことができます。

  • 閉じられた資材供給サイクルの中で運営することで、真の持続可能性に近づきます。ロット・バッチ追跡管理、シリアル・トラッキング、コンディション・コード、構成部品、返品のマテリアル・ハンドリングなどにより、IFSのソリューションは企業のサプライチェーンを理想的な状態に近づける支援を行います。
  • エコ・フットプリント管理機能を使用して、環境への負荷を追跡および分析できます。サプライチェーンのすべての段階をモニタリングできるため、持続可能性を向上する機会がより明確になります。
  • 複雑な法令遵守を簡素化します。REACH、ROHS、WEEEなどの法規制の報告に必要なデータを管理できます。

サプライチェーンの統一された明確な視点

IFSのサプライチェーン管理ソリューションは、エンタープライズ・リソース・プランニング(ERP)ソフトウェアに完全に組み込まれており、組織内のすべてのユーザーに対して、ビジネスデータを一元的に表示できます。

  • サード・パーティ・ソフトウェアとの統合を回避することで、時間とコストを節約できます。関連するERP機能はすべて、すぐに使用できます。
  • 信頼できるデータを参照する。すべての情報がアプリケーション全体にわたってリアルタイムに更新されるため、組織内のすべてのユーザーが1つの統一された視点で業務を実施できるようになります。
  • 追加機能の制約から開放されます。例えば、組み込みソリューションを選択することで、ツールキットの一部である顧客からの受注情報や集中購買が使用可能になります。
 

倉庫業務とスペースを最適化

よりスマートな出庫、払出、棚入により、サプライチェーンおよび流通チャネルに固有の顧客の要求を満たします。IFSの包括的な倉庫管理ソリューションでは、以下を実現します。

  • スロッティングと頻繁に行われる棚入により、倉庫スペースを最大化し、最も必要なアイテムを最適な場所に保管します。
  • 保管棚間の移動時間を最小限に抑えます。このソリューションでは、ウェーブピッキング、格納経路、およびルールに基づいた棚入用の保管ゾーンを定義できます。
  • バッチ番号とシリアル番号を作成して、アップストリームおよびダウンストリームの完全なトレーサビリティを実現し、保管期限、有効期限を管理できます。
  • 出荷予定をモデル化し、独自の出荷フローを構成できる自動出荷プロセスを使用して、より正確な搬送処理を実行できます。
  • 設定可能なモバイル・スキャニング・ソリューションにより、人為的エラーを減らし、時間とコストを節約できます。組み込み型の倉庫データ収集ツール(WaDaCo)により、バーコードスキャンを使用して顧客の注文に迅速かつ正確に対応できます。

WaDaCoのご紹介動画はこちら

最も要求の厳しい環境のプランニングと予測

IFSのユーザーとの緊密な協業により開発された計画および予測機能により、管理コストの削減、カスタマー・サービスの向上、ROIの向上を実現できます。

  • 複数の異なる統計予測モデルと予測エラーの測定方法を使用して、予測精度を向上させます。統計モデルには、Best Fit、Bayesian、Brownや傾向などがあります。適切な時期に適切な量の製品を確実に生産できるよう支援することで、IFSのソリューションはROIを達成し、顧客に最適なサービスレベルを提供します。
  • 在庫計画と補充を改善します。IFS需要予測ツールと直接連携することで、需要と予測の精度の変化に迅速かつ効果的に対応できます。
  • 複雑なサプライネットワーク全体で、大量の部品、資材、製品を効率的かつ正確に管理します。他に類を見ない在庫計画の支援機能により、IFSのソリューションでは、頻度、ABCクラス、およびライフサイクルステージに基づいて部品をグループ化できます。サービスレベルなどのパラメータは、個々の部品ではなくグループごとに設定することもできます。

マルチサイトのすべての受注と返品を把握

企業全体にわたる複数拠点を完全に統合し、可視化することにより、優れたカスタマーサービスの提供、レスポンス・タイムの短縮、コストの削減を実現します。IFSのマルチサイト機能は、トレーサビリティとデータ接続性を維持しながら、幅広いロジスティクスシナリオ(サイト間、サイトから顧客、仕入先からサイトなど)を支援します。

  • お客様のコミットメントに一貫して対応。供給拠点の可用性、自動化されたルールに基づいた外部部品調達、マルチサイトの納期回答(ATP)および生産可能数量(CTP)機能など、これらすべてに対応しているため、信頼性の高い受注処理が可能になります。
  • 統合されたひとつの視点によるメリットを得られます。同期的な変更管理と検証により、拠点から国や地域に至るまで、すべての関係者が同じ情報を共有でき、顧客に対して一貫したやり取りが保証されます。
  • 返品処理の簡素化。一元化された返品管理機能により、どのような配送方法であっても、顧客が注文したどの拠点にも返品が可能です。

サプライチェーンのあらゆる段階で持続可能性を確保

IFSのサプライチェーン管理ソリューションで、リデュース、リユース、リサイクルを実現できます。サプライチェーン全体で廃棄物を削減することで、循環型経済においてより大きな役割を果たすことができます。

  • 閉じられた資材供給サイクルの中で運営することで、真の持続可能性に近づきます。ロット・バッチ追跡管理、シリアル・トラッキング、コンディション・コード、構成部品、返品のマテリアル・ハンドリングなどにより、IFSのソリューションは企業のサプライチェーンを理想的な状態に近づける支援を行います。
  • エコ・フットプリント管理機能を使用して、環境への負荷を追跡および分析できます。サプライチェーンのすべての段階をモニタリングできるため、持続可能性を向上する機会がより明確になります。
  • 複雑な法令遵守を簡素化します。REACH、ROHS、WEEEなどの法規制の報告に必要なデータを管理できます。

食品・飲料業界で完全なトレーサビリティが重要な理由

食品・飲料製造分野では、厳しい規制や企業の社会的責任に対する消費者の要求の高まりから、トレーサビリティの重要性が高まっています。テクノロジーにより、食品・飲料業界のサプライチェーンを完全に可視化することが可能です。このホワイトペーパーでは、優れた運営を維持しながら、コスト効率に優れたやり方でトレーサビリティを実現する方法について説明しています。

資料のダウンロードはこちら

プッカハーブス社、年間25%の成長率を維持するためにIFSを導入

プッカハーブス社は、過去十年間で前年比25%~30%の成長を遂げました。同社は、この成長を維持するためにIFSのソフトウェアを成功裏に導入しました。これにより、グローバルビジネスの成長に合わせてシステムとレポートを迅速かつ柔軟に拡張できるようになります。.

ERP

What others are saying about IFS