Skip to main content

エンタープライズ・サービス管理(ESM)

企業全体でサービスを提供する方法を変革

サービスの瞬間に顧客を満足させるには、効率的な企業が必要です。ワークフローを最適化し、収益機会を最大化し、収益性を向上させるには、従業員が組織全体のサービスに効率的かつシンプルに一元的にアクセスできるようにすることが不可欠です。

IFSのエンタープライズサービス管理ソフトウェア (ESM) は、ITサービス管理ツールを、人事、財務、施設、および従業員に内部サービスを提供するその他のグループを含む、IT以外のビジネス機能に拡張します。これは、従業員が1つのポータルからアクセスできるようにするものです。

ESMソフトウェアの中核を成すものは、ビジネス・プロセスの自動化とワークフローです。これにより、個人、グループ、部門間での作業の受け渡しや、共同作業を容易かつ一貫して行うことができます。

エンタープライズ・サービス管理(ESM)

企業サービスだけが機能するビジネスを想像する

エンタープライズ・サービス管理(ESM)は、共通のプラットフォームとポータルを使用してサービスの需要と供給を管理し、組織のすべての可動部分を連携させて、ビジネス・ミッションの遂行において従業員の稼働時間を最大化するという、企業サービスに対する統合アプローチを作成します。

  • バックオフィスのサービスチームを合理化してコストを削減し、サービス提供を迅速化することで、新しい変革プロジェクトのための時間とエネルギーを解放します。
  • デジタル結果を完全に自動化することで、従業員は即座にサービスを提供でき、サービスチームはより複雑な人間のニーズに集中できます。
  • 1つのデジタルポータルで従業員のエクスペリエンスを刷新し、すべてのサービスプロバイダに一貫したサービスエクスペリエンスを提供します。
  • 異なるサービス部門間の作業フローを改善し、従業員が必要なものをより迅速に入手できるようにします。

エンタープライズ・サービス管理は、内部サービスの隠れたエコシステムに光を当てることで、従業員の効率性を変革します。適切なESMテクノロジーを使用することで、このエコシステムを強力な生産性資産に変えることができます。これにより、サービス・チームの対応とサービスの提供方法を変革し、従業員の経験を向上させることができます。

デジタル時代と消費者時代のためにバックオフィスのエコシステムを再発明

優れたサービス管理は、IT部門の門戸を閉ざすべきではありません。人事、施設、財務など、組織内のすべての部門は、ITによって実証されたベスト・プラクティスと自動化からメリットを得ることができます。IFSを導入することで、企業のサービス・エコシステムを再構築して、サービス・プロバイダとサービス利用者の生産性を向上させることができます。これにより、人事、財務、施設、その他のチームが次のステップに進む時間を増やすことができます。

従業員に新しいデジタルサービスエクスペリエンスを提供

助けを求めるためにメールを送ったり電話をかけたりする代わりに、従業員が必要なものすべてを1カ所で手に入れることができると想像してほしい。会議室の予約、経費の申請、またはPCの調整をご希望ですか?すべてがそこにあります。単一のポータル内。どこにいても。必要なときにいつでも。どのデバイスを使用しているか。これは究極のサービスのシンプルさです。従業員の満足度を高めるために、エンタープライズ・サービス管理をデジタル職場戦略の一部にします。

ルーチンワークを自動化してイノベーションの余地を作る

IT担当者、人事マネージャ、施設チームなどが日常的な消火活動に苦労している場合、効果をもたらす戦略的なプロジェクトに取り組んでいません。IFSの支援により、日常的な作業を自動化し、スタッフが本当に重要な作業に専念できるようにすることで、組織の将来の形を構築できます。シンプルなドラッグ・アンド・ドロップ操作によるプロセスの自動化により、組織全体で発生するアクティビティが連携し、シームレスでハンズフリーのサービス提供が実現します。これにより、ストレスの低減、さらなる革新、従業員の幸せ、お客様の満足度をもたらします。

継続的な改善のためのサービス管理

多くの組織では、企業サービスは、監視されていない、測定されていない、無視されているなど、暗闇の中で生きています。企業のサービスポートフォリオを管理するための統合アプローチを適用することで、作業の実行方法を迅速に最適化できます。エンタープライズ・サービス・マネジメントは、内部サービスを合理化し、サービス・プロバイダの作業を自動化し、サービス利用者の摩擦を軽減することで、競合他社に先んじるチャンスです。

企業サービスだけが機能するビジネスを想像する

エンタープライズ・サービス管理(ESM)は、共通のプラットフォームとポータルを使用してサービスの需要と供給を管理し、組織のすべての可動部分を連携させて、ビジネス・ミッションの遂行において従業員の稼働時間を最大化するという、企業サービスに対する統合アプローチを作成します。

  • バックオフィスのサービスチームを合理化してコストを削減し、サービス提供を迅速化することで、新しい変革プロジェクトのための時間とエネルギーを解放します。
  • デジタル結果を完全に自動化することで、従業員は即座にサービスを提供でき、サービスチームはより複雑な人間のニーズに集中できます。
  • 1つのデジタルポータルで従業員のエクスペリエンスを刷新し、すべてのサービスプロバイダに一貫したサービスエクスペリエンスを提供します。
  • 異なるサービス部門間の作業フローを改善し、従業員が必要なものをより迅速に入手できるようにします。

エンタープライズ・サービス管理は、内部サービスの隠れたエコシステムに光を当てることで、従業員の効率性を変革します。適切なESMテクノロジーを使用することで、このエコシステムを強力な生産性資産に変えることができます。これにより、サービス・チームの対応とサービスの提供方法を変革し、従業員の経験を向上させることができます。

デジタル時代と消費者時代のためにバックオフィスのエコシステムを再発明

優れたサービス管理は、IT部門の門戸を閉ざすべきではありません。人事、施設、財務など、組織内のすべての部門は、ITによって実証されたベスト・プラクティスと自動化からメリットを得ることができます。IFSを導入することで、企業のサービス・エコシステムを再構築して、サービス・プロバイダとサービス利用者の生産性を向上させることができます。これにより、人事、財務、施設、その他のチームが次のステップに進む時間を増やすことができます。

従業員に新しいデジタルサービスエクスペリエンスを提供

助けを求めるためにメールを送ったり電話をかけたりする代わりに、従業員が必要なものすべてを1カ所で手に入れることができると想像してほしい。会議室の予約、経費の申請、またはPCの調整をご希望ですか?すべてがそこにあります。単一のポータル内。どこにいても。必要なときにいつでも。どのデバイスを使用しているか。これは究極のサービスのシンプルさです。従業員の満足度を高めるために、エンタープライズ・サービス管理をデジタル職場戦略の一部にします。

ルーチンワークを自動化してイノベーションの余地を作る

IT担当者、人事マネージャ、施設チームなどが日常的な消火活動に苦労している場合、効果をもたらす戦略的なプロジェクトに取り組んでいません。IFSの支援により、日常的な作業を自動化し、スタッフが本当に重要な作業に専念できるようにすることで、組織の将来の形を構築できます。シンプルなドラッグ・アンド・ドロップ操作によるプロセスの自動化により、組織全体で発生するアクティビティが連携し、シームレスでハンズフリーのサービス提供が実現します。これにより、ストレスの低減、さらなる革新、従業員の幸せ、お客様の満足度をもたらします。

継続的な改善のためのサービス管理

多くの組織では、企業サービスは、監視されていない、測定されていない、無視されているなど、暗闇の中で生きています。企業のサービスポートフォリオを管理するための統合アプローチを適用することで、作業の実行方法を迅速に最適化できます。エンタープライズ・サービス・マネジメントは、内部サービスを合理化し、サービス・プロバイダの作業を自動化し、サービス利用者の摩擦を軽減することで、競合他社に先んじるチャンスです。

ITSMによってESMを推進

デジタルの世界では、テクノロジーがあらゆるものを動かしています。従業員に成果をもたらすエンタープライズサービスは、従業員をサポートする技術サービス(ERP、人事管理、施設管理アプリケーションなど)によって実現されます。ITサービス管理ソフトウェア(ITSM)は、ITが信頼性の高い技術サービスを構築/調達する方法であり、これらを組み合わせることで、人事、施設、財務、カスタマー・サービスなどの業務の自動化を可能にします。ITSMによって、これらのサービスを常に即応可能な状態に維持できるようになります。ITSMソフトウェアはESMを強化します。

詳細はこちら(外部サイト)

IFSのグループ会社Axios SystemsのWebサイトにリンクします

優れたITOMにより優れたITSMを実現

IT運用管理(ITOM)は、組織を強化するサービスを提供するために連携するアプリ、サーバ、メインフレーム、データベース、ネットワーク、およびその他の技術的な側面を管理します。IFSは、ITSMとITOMソフトウェアの統合を支援し、インフラストラクチャ・コンポーネント、ステータス、可用性、容量、依存関係、セキュリティ、ライセンスなどに対する完全な可視性と制御をリアルタイムで提供します。IFSのソリューションは、いつでも優れたサービスを提供できるよう支援します。

詳細はこちら(外部サイト)

IFSのグループ会社Axios SystemsのWebサイトにリンクします