Skip to main content

You are visiting the 日本 site. You might be interested in the United States site.

Go to the United States site Stay on the 日本 site

IFSオリーナ/IFS Aurena — 直観的、レシポンシブ、カスタマイズ可能なユーザーインターフェース

人々に愛されるユーザーエクスペリエンス

新たなビジネスチャンスを掴み、ビジネス環境の変化に対応し、優れた品質の製品やサービスを提供するには、従業員が個々の職責を果たし、確実に業務を遂行することが重要です。これは、ユーザーが快適に使用できるようなエンタープライズツールがあれば、簡単に実現することができます。

IFS Aurena(IFSオリーナ)は、あらゆるデバイスの画面サイズやブラウザーに対応したユーザーインターフェースであり、モバイルアプリやチャットボットを使用することでより効果的に活用することができます。これは、システムに常時アクセスしながら業務を行うユーザーからアクセスの頻度の少ないユーザー、あるいは外注先のユーザーにいたるまで、さまざまな業務を効率化します。また、RESTful APIを使用しているので、パートナー企業とも同様のユーザーエクスペリエンスを共有できます。

IFS Aurenaは、一般消費者向け製品で使用されているデザインを取り入れているので、ユーザーは使い慣れた方法でIFS Applicationsを使用することができます。さらに、豊富な機能やデータを扱うエンタープライズ製品に求められるニーズを満たすように構成されています。IFS Aurenaでは最先端のテクノロジーが使用されており、ユーザーは、オフィスや外出先など場所を問わず、ノートPCや携帯電話あるいはタブレットなど任意のデバイスで使用することができます。自由にカスタマイズできるため、ユーザー個々が最適なやり方で業務を行うことができます。

人々に愛されるユーザーエクスペリエンス

IFS Applications 10:将来に備えて取るべき次の一手

IFS Applicationsで変化を受け入れ、チャンスに変えましょう。IFS Applicationsは、世界各地の企業に向けて、製品の製造と販売、サプライチェーン管理、設備の維持管理、アフターサービスの提供などの業務を支援する統合型のERPおよびEAMソリューションを提供します。

IFS Applicationsの直感的で使いやすいユーザーインターフェースによって、ユーザーはどのようなユーザーエクスペリエンスを享受できるのでしょうか。

資料のダウンロードはこちら

IFS Aurenaのご紹介:IFS Applications 10の新ユーザーエクスペリエンス

フィールド作業員のスマートフォン、工場内で使用されるタブレット、またはオフィスのデスクトップPCなど、IFS Aurenaは場所やデバイスを問わず使用することできます。これにより、生産性を向上し、チーム内のより素早い意思決定が可能になります。

IFS Applicationsについて

Find out more

ユーザーを重視したレスポンシブなデザイン

今日、一般消費者向けに作られたWebサイトやソフトウェアの多くは、非常によく設計されており、直感的に操作することができ、優れたユーザーエクスペリエンスを提供しています。これを受けて、IFSは、一般消費者向けソフトウェアと同様の操作性を提供できるようIFS Aurenaを設計し、エンタープライズ向けに多くのデータを処理するソフトウェアに必要な要件を満たすよう開発してきました。使い慣れたやり方で日々の業務をうまく行えるよう、情報を可視化し、管理できるようにデザインされています。

IFS Aurenaは、レスポンシブなデザインを取り入れることで、エンタープライズソフトウェアを新たな高みへと押し上げました。これは、マウスとキーボードを使うデスクトップPCの大型モニターから、ノートPCやタブレット、タッチパネル入力が唯一の操作方法であるスマートフォンにいたるまで、あらゆるデバイスに自動的に適応するものです。例えば、使用するデバイスに応じて、スプレッドシートなどの表は、よりシンプルなリストに変換されたり、タッチパネルのスワイプ操作に対応したリストへ変換されたりします。

ダッシュボード「IFSロビー」

IFSロビーには、一日の業務を開始するために必要なすべての情報が揃っています。チームメンバーは、役割毎に重要な情報を一目で確認でき、個々の必要に応じて表示を調整することができます。とって最も重要な情報を一覧で表示し、さらには個々のニーズに合わせて調整できる機能を提供します。

IFSロビーの主な特長は、以下の通りです。これにより、チームワークを強化できます。

  • リアルタイムの情報が一目でわかるので、必要な時に必要な情報にアクセスできます。
  • 複数の画面、クエリ、データソースの情報が一元管理されているので、関係者が共通認識をもつことができます。
  • ドリルダウンの機能により、関連する画面やより詳細なデータに素早くアクセスできます。
  • 重要な指標を把握できるので、予期せぬ事態を回避し、日々の活動計画を改善できます。
  • あらゆる業種に共通の職種や役割向けに構成済の画面が提供されているので、すぐに業務を開始できます。さらに、これらの画面は容易に調整することができます。

モバイルアプリ

IFS Aurenaは、モバイル機器上で業務を行うことを想定して設計されました。タブレットやスマートフォンを使って、ほぼすべての業務を行うことができます。つまり、使い慣れたデバイスから業務を行うために、多くのモバイルアプリをインストールする必要はありません。

ただし、オフラインの状態やネットワーク接続ができない環境で業務を行う場合や、デバイスのハードウェアや連絡先リストなどに頻繁にアクセスする必要がある場合は、モバイルアプリは最適なツールになります。

IFSは、フィールドサービス管理、設備保全管理、CRM、作業時間報告と経費精算を行うためのモバイルアプリを提供しています。このほかにも、IFSのモバイルアプリを使用して、個々の業務に関わる重要なイベントが発生した場合に通知を受け取ったり、承認を申請したり、倉庫内のデータを収集することができます。

チャットボット

IFS Aurena Bot(IFSオリーナボット)は、IFS Aurenaのユーザーエクスペリエンスをさらに高めるものです。Microsoft Teams、Facebook Messenger、Skype、IFS Aurenaなどのメッセージチャネルを通じて、日常で使用している言語、テキストあるいは音声を使用し、対話形式で日々の業務一部を行うことができます。

IFS Aurena Botを使えば、アプリケーションにログインしていない状態からでも、チームメンバーの空き状況の確認、休暇の申請、在庫の確認などのタスクをすばやく実行できるようになります。

カスタマイズや他ツールとの連携が可能

アプリケーションは、実際の業務のやり方に則った使いやすいものであるべきです。IFS Aurenaは直感的に操作しやすい設計が施されているものの、常にカスタマイズや他ツールとの連携といった要望はつきものです。

IFS Aurenaでは、組み込み型のページデザイナを使用することで、ページごとのレイアウトやアプリケーションのナビゲーションを始めとしたさまざまな要素を容易に設定できます。また、カスタムフィールドの追加、カスタムコマンドやカスタムイベントの設定も可能です。

外部のアプリケーションからIFS Applicationsの情報を使って業務を行うことができれば、より生産性が向上することでしょう。たとえば、IFS Aurena を通して、IFSのソリューションとOffice365、IoTやAIなどの新技術、PowerAppsやOutsystemsで作成したアプリケーションなどを連携することで、ユーザーエクスペリエンスの向上につながります。これは、IFS Aurenaでも使用されている業界標準のOData RESTful APIによって実現することができます。オープンなAPIを使用することで、IFS Aurenaで行うのと同じことを他のアプリケーションからも行うことができます。

企業間取引(BtoB)

サプライヤ、顧客、外注先との協業により、企業間の結びつきがますます拡大しています。これに伴い、基幹業務を支援するビジネスアプリケーションを導入し、企業ブランドを構築し、維持することの必要性が高まっています。

IFSのB2Bソリューションは、企業間の販売管理、調達管理、サービス管理、委託製造、文書管理など、企業間取引に必要な機能を提供します。これらのプロセスはすべて、最先端のユーザーインターフェースIFS Aurenaを通して行うことができます。IFS Aurenaは、さまざまなブラウザーやデバイス上で業務を行うことができ、Azure AD B2Bを使った二段階認証など、企業間の協業を促進する上で重要な多くの機能を提供しています。

IFS Aurenaでは、取引先企業が使用する点を考慮し、自社のコーポレートカラーやロゴタイプなど、企業ブランドを象徴する重要なアイテムを表示することもできます。

ユーザーを重視したレスポンシブなデザイン

今日、一般消費者向けに作られたWebサイトやソフトウェアの多くは、非常によく設計されており、直感的に操作することができ、優れたユーザーエクスペリエンスを提供しています。これを受けて、IFSは、一般消費者向けソフトウェアと同様の操作性を提供できるようIFS Aurenaを設計し、エンタープライズ向けに多くのデータを処理するソフトウェアに必要な要件を満たすよう開発してきました。使い慣れたやり方で日々の業務をうまく行えるよう、情報を可視化し、管理できるようにデザインされています。

IFS Aurenaは、レスポンシブなデザインを取り入れることで、エンタープライズソフトウェアを新たな高みへと押し上げました。これは、マウスとキーボードを使うデスクトップPCの大型モニターから、ノートPCやタブレット、タッチパネル入力が唯一の操作方法であるスマートフォンにいたるまで、あらゆるデバイスに自動的に適応するものです。例えば、使用するデバイスに応じて、スプレッドシートなどの表は、よりシンプルなリストに変換されたり、タッチパネルのスワイプ操作に対応したリストへ変換されたりします。

ダッシュボード「IFSロビー」

IFSロビーには、一日の業務を開始するために必要なすべての情報が揃っています。チームメンバーは、役割毎に重要な情報を一目で確認でき、個々の必要に応じて表示を調整することができます。とって最も重要な情報を一覧で表示し、さらには個々のニーズに合わせて調整できる機能を提供します。

IFSロビーの主な特長は、以下の通りです。これにより、チームワークを強化できます。

  • リアルタイムの情報が一目でわかるので、必要な時に必要な情報にアクセスできます。
  • 複数の画面、クエリ、データソースの情報が一元管理されているので、関係者が共通認識をもつことができます。
  • ドリルダウンの機能により、関連する画面やより詳細なデータに素早くアクセスできます。
  • 重要な指標を把握できるので、予期せぬ事態を回避し、日々の活動計画を改善できます。
  • あらゆる業種に共通の職種や役割向けに構成済の画面が提供されているので、すぐに業務を開始できます。さらに、これらの画面は容易に調整することができます。

モバイルアプリ

IFS Aurenaは、モバイル機器上で業務を行うことを想定して設計されました。タブレットやスマートフォンを使って、ほぼすべての業務を行うことができます。つまり、使い慣れたデバイスから業務を行うために、多くのモバイルアプリをインストールする必要はありません。

ただし、オフラインの状態やネットワーク接続ができない環境で業務を行う場合や、デバイスのハードウェアや連絡先リストなどに頻繁にアクセスする必要がある場合は、モバイルアプリは最適なツールになります。

IFSは、フィールドサービス管理、設備保全管理、CRM、作業時間報告と経費精算を行うためのモバイルアプリを提供しています。このほかにも、IFSのモバイルアプリを使用して、個々の業務に関わる重要なイベントが発生した場合に通知を受け取ったり、承認を申請したり、倉庫内のデータを収集することができます。

チャットボット

IFS Aurena Bot(IFSオリーナボット)は、IFS Aurenaのユーザーエクスペリエンスをさらに高めるものです。Microsoft Teams、Facebook Messenger、Skype、IFS Aurenaなどのメッセージチャネルを通じて、日常で使用している言語、テキストあるいは音声を使用し、対話形式で日々の業務一部を行うことができます。

IFS Aurena Botを使えば、アプリケーションにログインしていない状態からでも、チームメンバーの空き状況の確認、休暇の申請、在庫の確認などのタスクをすばやく実行できるようになります。

カスタマイズや他ツールとの連携が可能

アプリケーションは、実際の業務のやり方に則った使いやすいものであるべきです。IFS Aurenaは直感的に操作しやすい設計が施されているものの、常にカスタマイズや他ツールとの連携といった要望はつきものです。

IFS Aurenaでは、組み込み型のページデザイナを使用することで、ページごとのレイアウトやアプリケーションのナビゲーションを始めとしたさまざまな要素を容易に設定できます。また、カスタムフィールドの追加、カスタムコマンドやカスタムイベントの設定も可能です。

外部のアプリケーションからIFS Applicationsの情報を使って業務を行うことができれば、より生産性が向上することでしょう。たとえば、IFS Aurena を通して、IFSのソリューションとOffice365、IoTやAIなどの新技術、PowerAppsやOutsystemsで作成したアプリケーションなどを連携することで、ユーザーエクスペリエンスの向上につながります。これは、IFS Aurenaでも使用されている業界標準のOData RESTful APIによって実現することができます。オープンなAPIを使用することで、IFS Aurenaで行うのと同じことを他のアプリケーションからも行うことができます。

企業間取引(BtoB)

サプライヤ、顧客、外注先との協業により、企業間の結びつきがますます拡大しています。これに伴い、基幹業務を支援するビジネスアプリケーションを導入し、企業ブランドを構築し、維持することの必要性が高まっています。

IFSのB2Bソリューションは、企業間の販売管理、調達管理、サービス管理、委託製造、文書管理など、企業間取引に必要な機能を提供します。これらのプロセスはすべて、最先端のユーザーインターフェースIFS Aurenaを通して行うことができます。IFS Aurenaは、さまざまなブラウザーやデバイス上で業務を行うことができ、Azure AD B2Bを使った二段階認証など、企業間の協業を促進する上で重要な多くの機能を提供しています。

IFS Aurenaでは、取引先企業が使用する点を考慮し、自社のコーポレートカラーやロゴタイプなど、企業ブランドを象徴する重要なアイテムを表示することもできます。