if (True) { } if (True) { }
Skip to main content

You are visiting the 日本 site. You might be interested in the United States site.

Go to the United States site Stay on the 日本 site

航空機MRO向けソフトウェアソリューション

ライン整備の効率化

世界で最も信頼されているAviation Maintenance & Engineering (航空機整備とエンジニアリング:M&E)アプリケーションを支持する整備士によって、航空機MRO(メンテナンス・リペア・オーバーホール)管理プラットフォームは誕生しました。

航空会社のフリートの規模がかつてないペースで拡大し続けているのに伴い、ライン整備組織は、より多くの航空機やフライトに対応できるよう日々のタスクを調整し、ターンアラウンドタイムを短縮することが求められています。そのため、航空機フリート整備を管理するためのソフトウェアソリューションが必要です。

IFS Maintenix Line Plannerによって、ライン整備計画の策定者は、短期整備計画を数多くこなし、安全性やコンプライアンスの維持、もしくは航空機の稼働率の向上といったより重要な業務に注力できるようになります。IFS Maintenix Line Plannerはクラウド型の導入が可能なので、すぐに使用を開始できます。また、整備計画のプランナーは、M&Eシステムのさまざまなデータを使用し、航空機整備の計画や実行が可能になります。

航空機MRO向けソフトウェアソリューション

IFS Maintenix SaaS: 航空整備計画の直感的なアプローチ

IFSには、ローカルの航空会社から世界大手航空会社まで、さまざまな規模の航空会社と20年以上にわたり協業してきた実績があります。現在、IFSは世界有数の航空会社との協業の結果、IFS Maintenix Fleet PlannerとIFS Maintenix Line Plannerの2つのSaaSベースの整備計画ソリューションを提供しています。どちらのソリューションでもMaintenance & Engineeringシステムの情報を使用して、整備計画の3つの領域(ライン、長期、戦略)にわたる計画策定を支援します。

資料のダウンロードはこちら

業界屈指の航空機整備管理向けソフトウェア

Explore the benefits

Improve planning efficiency

プランニングの効率化

IFSの航空機整備業務管理ソフトウェアを使用することで、効果的なライン整備計画を迅速に作成、更新することができます。重要な情報をまとめるために複数のシステムを行き来する必要はありません。整備計画策定者は、1つの画面から最重要タスクを確認し、ネットワーク内の割り当て可能な時間枠にすばやくドラッグアンドドロップすることができます。

Reduce execution risk

実行時のリスクを低減

ノイズを除去し、計画内のリスクの要因を確認します。IFS Maintenix Line Plannerは、ネットワーク内で発生するテールスワップや部品あるいはツールの不足などのイベントを継続的に監視し、計画策定者に対し自動的に変更のアラートを送ります。

これらのアラート機能と強力なフィルタリングオプションにより、計画策定者は実行可能なライン整備計画の管理に注力することができ、タスクの再計画や関連するダウンストリームコストを大幅に削減できます。

Maximize production throughput

生産性を最大化

各ビジットの生産性を最大化し、ステーションの可用率を最大限に高めます。実際に稼働可能な整備士とスキルを明確にすることで、計画策定者は適切な作業量を計画できます。

さらに、IFS Maintenix Line Plannerでは、状況に応じて変化するタスクを特定し、生産計画策定者が検査中に障害を発見した際に作業範囲を柔軟に変更できるようになります。

プランニングの効率化

IFSの航空機整備業務管理ソフトウェアを使用することで、効果的なライン整備計画を迅速に作成、更新することができます。重要な情報をまとめるために複数のシステムを行き来する必要はありません。整備計画策定者は、1つの画面から最重要タスクを確認し、ネットワーク内の割り当て可能な時間枠にすばやくドラッグアンドドロップすることができます。

Improve planning efficiency

実行時のリスクを低減

ノイズを除去し、計画内のリスクの要因を確認します。IFS Maintenix Line Plannerは、ネットワーク内で発生するテールスワップや部品あるいはツールの不足などのイベントを継続的に監視し、計画策定者に対し自動的に変更のアラートを送ります。

これらのアラート機能と強力なフィルタリングオプションにより、計画策定者は実行可能なライン整備計画の管理に注力することができ、タスクの再計画や関連するダウンストリームコストを大幅に削減できます。

Reduce execution risk

生産性を最大化

各ビジットの生産性を最大化し、ステーションの可用率を最大限に高めます。実際に稼働可能な整備士とスキルを明確にすることで、計画策定者は適切な作業量を計画できます。

さらに、IFS Maintenix Line Plannerでは、状況に応じて変化するタスクを特定し、生産計画策定者が検査中に障害を発見した際に作業範囲を柔軟に変更できるようになります。

Maximize production throughput