Skip to main content

IFS Maintenix Operator Edition

統合型の航空機整備管理ソフトウェア

航空機整備組織のシームレスな運営は、ひとつの目標(耐空性があり安全に飛行可能な設備資産)をサポートするために、複数の入力作業の同期をいかに維持するかにかかっています。適切な航空機整備管理ソフトウェアを使用することで、航空機を運用する組織は、設備資産の可用性や継続的な品質を確保すると同時に、長期的なパフォーマンス目標の達成に必要なツールやデータを手に入れることができます。

IFS Maintenix Operator Edition(航空機運航会社向けソリューション)では、航空会社にリアルタイムのデータの可視化を実現する統合システムを提供し、意思決定の強化、変更への迅速な対応、コンプライアンスの確保を支援します。

  • 迅速なreturn to service(機材を運航に戻す)
  • 資材の遅延を解消
  • フリートの耐空性基準をリアルタイムに管理
  • 計画の改善により航空機の可用性を最大限に高め、コストを削減
  • 整備作業の継続的な改善
統合型の航空機整備管理ソフトウェア

迅速で安全性、信頼性に優れた最先端のMROで、チャイナエアラインが業績を改善

Customer Quote
つまり、これまでに経験した素晴らしい結果を簡単に説明することはできません。(中略)当社は、これまでのコスト削減効果を考慮しながら、より堅調な財務実績を達成するための体制を整備しています。
Huong Wang氏 エンジニアリング・整備部門 シニアバイスプレジデント, チャイナエアライン
詳細はこちら

その他の事例はこちら

0

1年で300万のコストを削減

0

航空機整備計画におけるレイオーバーを平均30日間短縮

0
%

ライン整備の業務効率を11%向上、年間485,000米ドルのコスト削減を達成

Explore the solution

エンジニアリングとコンプライアンス管理

優れた航空機整備およびエンジニアリング企業は、強固なエンジニアリングおよびコンプライアンスの基盤を確立しています。IFS Maintenix Operator Editionは、これらを支援する機能を中心に設計されています。

これにより、お客様に次のような効果をもたらします。

  • 稼働中の設備資産構成の包括的な管理や、追跡およびレポート作成などが含まれ、データ精度を向上しエンジニアリングから実行までのコンプライアンスを完全に追跡できます
  • 整備組織全体にエンジニアリングルールとポリシーを徹底することで、プランナーから整備士、資材担当者まで、指定された手順を把握し、確信を持って作業を進めることができます。
  • IFS Maintenix内の豊富なトランザクションデータを包括的に分析し、傾向を特定し、事実に基づく意思決定をサポートすることにより、整備計画とプラクティスの継続的な改善を支援します。
  • パーツのインポート、分類のグループ化、機密性、およびパーツの非互換性フラグ機能の向上により、構成スペシャリストの柔軟性が向上します。 IFS Maintenixとのリアルタイムのコンプライアンスデータ同期により、メンテナンスプロセス全体の操作性が向上します。

ライン整備、重整備、ショップ整備

IFS Maintenix Operator Editionは、航空機整備のすべての局面で業務効率化と予測可能性の向上を支援します。これは、整備環境に合わせた計画および管理の機能によって実現し、整備士に業務に必要なツールと情報を提供します。

  • ライン整備士と管理者同士が直接的なやり取りを行うことで、最新の作業割り当てと作業のステータスをリアルタイムに確認できるため、臨機応変かつスムーズに意思決定やトラブルシューティングを行うことができます。
  • 整備作業中に発生する延長申請を共有し、管理することで、迅速かつ効果的に記録に基づいた意思決定が行えます。
  • サプライチェーンの情報にリアルタイムにアクセスし、正しい部品やツールが現場で利用できることを確認できます。最終的にAOG(緊急部品供給)を最小限に抑えることができます。
  • 重整備作業全体のステータスを可視化できます。ドリルダウン機能により、シフトに基づいてクルーあるいは整備士が実施すべき作業を表示し、調整することができます。
  • 整備業務を標準化し、ショップのルーティングを自動化することで、装備品の整備プロセス簡素化できます。
  • 電子署名の対応、義務報告の遵守、データ整合性の維持を支援します。

高度な整備計画

航空整備の計画は、複数の異なる期間にわたって広範囲に行われます。これらの個々の期間では、異なる成果が求められ、計画の粒度は異なります。IFS Maintenix Operator Editionでは、ユーザーエクスペリエンスを調整し、計画範囲に合わせてツールを最適化することで、最適な整備計画の策定を支援します。

  • 長期計画ツールにより、ルールベースの自動化機能を利用し、割り当て可能な時間枠を適用し、大規模な整備計画を立案することができます。また、迅速なwhat-if分析とシナリオの評価が可能です。
  • フライトプランと整備に割り当て可能なリソース計画に応じて、作業実施日と短期計画を策定します。
  • 高度な検索およびフィルタリング機能により、重整備の計画範囲を迅速に組み立て、作業可能な時間枠への適合性を評価します。
  • エンジニアリング部門で行われた変更は、すべてのフリートと関連するタスクの期限に自動的に反映されるため、管理者はどのタスクを計画する必要があるかを判断するのに時間を費やすことなく、作業の計画に注力することができます。
  • タスクに割り当てられるリソースリストは、エンジニアリングの定義や不具合記録に基づいて自動的に作られます。これにより、スムーズに計画を策定し、これを実行に移すことができます。

サプライチェーンと倉庫管理

サプライチェーン管理と倉庫管理の目的は部品を時間通りに調達することですが、航空産業では、適切な部品を可能な限り低コストで時間通りに調達することが重要です。高コストな装備品と整備拠点網のグローバル化という点を考慮すると、高度な資材計画と管理のソリューションは必要不可欠です。IFS Maintenix Operator Editionでは、次の方法で航空産業の課題に対応します。

  • 自動予約により、最新の整備計画とその優先度に基づいて部品の需要を見積もり、正確な部品のフルフィルメントを実現できるので、プランナーは例外管理に集中できるようになります。
  • 代替チェック機能により、最適な在庫管理のために、航空機のエンジニアリング定義に従って代替部品が入手できる場所を特定し、フルフィルメントを強化します。
  • 資材計画のフレームワークの拡張機能により、内部アルゴリズムの使用や、外部のサプライチェーン最適化ツールの導入が可能です。
  • 調達の自動化とSpec2000調達APIにより、低コストで大量の自動購入が可能になるため、調達部門の担当者は付加価値の高い調達管理業務に注力できるようになります。
  • 品質管理検査要件の管理機能により、出荷および受入時に自動的にフラグを立てて管理し、コンプライアンスを確保しながら部品の導入プロセスを合理化します。
  • ピッキング、受け入れ、在庫移動などの倉庫管理機能により、倉庫や空港の拠点などを含むサプライチェーン全体を管理することができます。

ライン整備向けモバイル機能

変化する時代に合わせて航空整備の手法が進化するにつれて、モバイルとリモートの整備はますます存在感を増し、優先度の高いものとなりつつあります。

IFS Maintenixのライン整備管理向けモバイル機能は、航空機の整備業務の効率化と航空機のターンアラウンドの向上につながる、航空会社とフリート・オペレーターのためのコネクティッドな作業環境の確立に役立ちます。

IFS Maintenixは、次の機能を通じてライン整備に優れたモビリティを提供します。

  • 技術者への作業割り当てを合理化します。監督者による技術者を個々のタスクまたは到着機への割り当てを支援します。
  • 拡張現実 (AR) テクノロジを使用して技術者の遠隔作業支援を可能にし、技術者が見ているものを本部のスペシャリストがリアルタイムで確認し、アドバイスを提供できるようにします。
  • ラインおよび現場の技術者が状況を認識し、迅速で効果的なアクションをできるよう支援します。
  • 航空機の整備記録を効率的かつ確実に更新し、ペーパーレスのソリューションと進捗状況のモニタリングを可能にします。
  • 効率的な方法で運航開始当日の関係者との連携を可能にし、航空機のリリースを迅速化します。
  • 整備の場所を問わず、技術者をサポートし、現場の作業効率を最大化します。
 

オフライン・オペレーション

防衛組織は、遠隔地、極端な気象条件、および紛争の脅威が存在する敵対的な環境で活動し、人員、防衛資産、および通信にはリスクが伴います。

IFSオフライン・オペレーションは、軍事組織および防衛組織が、ラップトップなどの持ち運び可能なハードウェアとの接続環境の状態を問わず、世界中のどこにいても必要な時に、航空資産およびデータを配備、運用、保護、および安全に返却できるように設計されています。この防衛航空向けソリューションは、作戦行動の有効性を維持し、コンプライアンスを確保し、作戦全体の技術記録の収集を可能にします。さらに、基地への帰還時のデータの完全性を十分に確保するために必要なすべての機能を提供します。IFSオフライン・オペレーションは、次の方法でこれを実現します。

  • 航空機から、中心拠点や分断された拠点の在庫の資産にいたるまで、アプリケーションとエンジニアリングのデータを一元的に管理します。
  • 接続の制約に関わらず、ネットワークの耐障害性を保護しながら、あらゆるオペレーティング・シアターに設備資産を導入できます。
  • 個別の記録を使用して資産を安全に運用しながら、段階的な統合によってデータの整合性を確保できます。
  • データの精度と一貫性が向上しますが、アクティブな資産レコードは1つしかないため、データの重複を防ぐことができます。
  • すべての前哨基地の技術記録保管所を介して、分断された基地に対して、耐空性要件を十分に満たすための支援を提供します。
 

資料のダウンロードはこちら

エンジニアリングとコンプライアンス管理

優れた航空機整備およびエンジニアリング企業は、強固なエンジニアリングおよびコンプライアンスの基盤を確立しています。IFS Maintenix Operator Editionは、これらを支援する機能を中心に設計されています。

これにより、お客様に次のような効果をもたらします。

  • 稼働中の設備資産構成の包括的な管理や、追跡およびレポート作成などが含まれ、データ精度を向上しエンジニアリングから実行までのコンプライアンスを完全に追跡できます
  • 整備組織全体にエンジニアリングルールとポリシーを徹底することで、プランナーから整備士、資材担当者まで、指定された手順を把握し、確信を持って作業を進めることができます。
  • IFS Maintenix内の豊富なトランザクションデータを包括的に分析し、傾向を特定し、事実に基づく意思決定をサポートすることにより、整備計画とプラクティスの継続的な改善を支援します。
  • パーツのインポート、分類のグループ化、機密性、およびパーツの非互換性フラグ機能の向上により、構成スペシャリストの柔軟性が向上します。 IFS Maintenixとのリアルタイムのコンプライアンスデータ同期により、メンテナンスプロセス全体の操作性が向上します。

ライン整備、重整備、ショップ整備

IFS Maintenix Operator Editionは、航空機整備のすべての局面で業務効率化と予測可能性の向上を支援します。これは、整備環境に合わせた計画および管理の機能によって実現し、整備士に業務に必要なツールと情報を提供します。

  • ライン整備士と管理者同士が直接的なやり取りを行うことで、最新の作業割り当てと作業のステータスをリアルタイムに確認できるため、臨機応変かつスムーズに意思決定やトラブルシューティングを行うことができます。
  • 整備作業中に発生する延長申請を共有し、管理することで、迅速かつ効果的に記録に基づいた意思決定が行えます。
  • サプライチェーンの情報にリアルタイムにアクセスし、正しい部品やツールが現場で利用できることを確認できます。最終的にAOG(緊急部品供給)を最小限に抑えることができます。
  • 重整備作業全体のステータスを可視化できます。ドリルダウン機能により、シフトに基づいてクルーあるいは整備士が実施すべき作業を表示し、調整することができます。
  • 整備業務を標準化し、ショップのルーティングを自動化することで、装備品の整備プロセス簡素化できます。
  • 電子署名の対応、義務報告の遵守、データ整合性の維持を支援します。

高度な整備計画

航空整備の計画は、複数の異なる期間にわたって広範囲に行われます。これらの個々の期間では、異なる成果が求められ、計画の粒度は異なります。IFS Maintenix Operator Editionでは、ユーザーエクスペリエンスを調整し、計画範囲に合わせてツールを最適化することで、最適な整備計画の策定を支援します。

  • 長期計画ツールにより、ルールベースの自動化機能を利用し、割り当て可能な時間枠を適用し、大規模な整備計画を立案することができます。また、迅速なwhat-if分析とシナリオの評価が可能です。
  • フライトプランと整備に割り当て可能なリソース計画に応じて、作業実施日と短期計画を策定します。
  • 高度な検索およびフィルタリング機能により、重整備の計画範囲を迅速に組み立て、作業可能な時間枠への適合性を評価します。
  • エンジニアリング部門で行われた変更は、すべてのフリートと関連するタスクの期限に自動的に反映されるため、管理者はどのタスクを計画する必要があるかを判断するのに時間を費やすことなく、作業の計画に注力することができます。
  • タスクに割り当てられるリソースリストは、エンジニアリングの定義や不具合記録に基づいて自動的に作られます。これにより、スムーズに計画を策定し、これを実行に移すことができます。

サプライチェーンと倉庫管理

サプライチェーン管理と倉庫管理の目的は部品を時間通りに調達することですが、航空産業では、適切な部品を可能な限り低コストで時間通りに調達することが重要です。高コストな装備品と整備拠点網のグローバル化という点を考慮すると、高度な資材計画と管理のソリューションは必要不可欠です。IFS Maintenix Operator Editionでは、次の方法で航空産業の課題に対応します。

  • 自動予約により、最新の整備計画とその優先度に基づいて部品の需要を見積もり、正確な部品のフルフィルメントを実現できるので、プランナーは例外管理に集中できるようになります。
  • 代替チェック機能により、最適な在庫管理のために、航空機のエンジニアリング定義に従って代替部品が入手できる場所を特定し、フルフィルメントを強化します。
  • 資材計画のフレームワークの拡張機能により、内部アルゴリズムの使用や、外部のサプライチェーン最適化ツールの導入が可能です。
  • 調達の自動化とSpec2000調達APIにより、低コストで大量の自動購入が可能になるため、調達部門の担当者は付加価値の高い調達管理業務に注力できるようになります。
  • 品質管理検査要件の管理機能により、出荷および受入時に自動的にフラグを立てて管理し、コンプライアンスを確保しながら部品の導入プロセスを合理化します。
  • ピッキング、受け入れ、在庫移動などの倉庫管理機能により、倉庫や空港の拠点などを含むサプライチェーン全体を管理することができます。

ライン整備向けモバイル機能

変化する時代に合わせて航空整備の手法が進化するにつれて、モバイルとリモートの整備はますます存在感を増し、優先度の高いものとなりつつあります。

IFS Maintenixのライン整備管理向けモバイル機能は、航空機の整備業務の効率化と航空機のターンアラウンドの向上につながる、航空会社とフリート・オペレーターのためのコネクティッドな作業環境の確立に役立ちます。

IFS Maintenixは、次の機能を通じてライン整備に優れたモビリティを提供します。

  • 技術者への作業割り当てを合理化します。監督者による技術者を個々のタスクまたは到着機への割り当てを支援します。
  • 拡張現実 (AR) テクノロジを使用して技術者の遠隔作業支援を可能にし、技術者が見ているものを本部のスペシャリストがリアルタイムで確認し、アドバイスを提供できるようにします。
  • ラインおよび現場の技術者が状況を認識し、迅速で効果的なアクションをできるよう支援します。
  • 航空機の整備記録を効率的かつ確実に更新し、ペーパーレスのソリューションと進捗状況のモニタリングを可能にします。
  • 効率的な方法で運航開始当日の関係者との連携を可能にし、航空機のリリースを迅速化します。
  • 整備の場所を問わず、技術者をサポートし、現場の作業効率を最大化します。
 

オフライン・オペレーション

防衛組織は、遠隔地、極端な気象条件、および紛争の脅威が存在する敵対的な環境で活動し、人員、防衛資産、および通信にはリスクが伴います。

IFSオフライン・オペレーションは、軍事組織および防衛組織が、ラップトップなどの持ち運び可能なハードウェアとの接続環境の状態を問わず、世界中のどこにいても必要な時に、航空資産およびデータを配備、運用、保護、および安全に返却できるように設計されています。この防衛航空向けソリューションは、作戦行動の有効性を維持し、コンプライアンスを確保し、作戦全体の技術記録の収集を可能にします。さらに、基地への帰還時のデータの完全性を十分に確保するために必要なすべての機能を提供します。IFSオフライン・オペレーションは、次の方法でこれを実現します。

  • 航空機から、中心拠点や分断された拠点の在庫の資産にいたるまで、アプリケーションとエンジニアリングのデータを一元的に管理します。
  • 接続の制約に関わらず、ネットワークの耐障害性を保護しながら、あらゆるオペレーティング・シアターに設備資産を導入できます。
  • 個別の記録を使用して資産を安全に運用しながら、段階的な統合によってデータの整合性を確保できます。
  • データの精度と一貫性が向上しますが、アクティブな資産レコードは1つしかないため、データの重複を防ぐことができます。
  • すべての前哨基地の技術記録保管所を介して、分断された基地に対して、耐空性要件を十分に満たすための支援を提供します。
 

資料のダウンロードはこちら

White paper: Disconnected Operations

IFS Disconnected Operations arms Military Operators with real-time insights into the force-wide availability and readiness of assets required to achieve Total Asset Readiness® even while existing in a disconnected environment.

Three key benefits:

  • Guaranteed asset compliance and baseline updates
  • Total Asset Visibility
  • Extending the core maintenance system to deliver “Anywhere Operations”
 

DOWNLOAD THE WHITE PAPER TO LEARN MORE

業界屈指の航空機整備管理向けソフトウェア