if (True) { } if (True) { }
Skip to main content

You are visiting the 日本 site. You might be interested in the United States site.

Go to the United States site Stay on the 日本 site

AIを活用した24時間365日対応のセルフサービス

顧客を支援し、サポートセンターの生産性を向上

テクノロジーにより、人々がサービスプロバイダーとやり取りする方法は変化しました。顧客は、問い合わせの際に担当者に電話がつながるまで待つ必要はなくなります。一般消費者や顧客企業も同様に、自らで注文を追跡し、問題を解決し、関心のある情報に気軽にアクセスできるツールを求めています。自然言語処理機能を使用することで、顧客は要求を即座に解決できると同時に、時間のかかる繰り返し作業からエージェントを解放します。

仮想アシスタント、チャットボット、ポータル、ナレッジベース、動的なFAQから、自動通話応答、電子メール、チャットまで、IFSは、ビジネスに最適なセルフサービスソリューションを提供できます。

カスタマーセルフサービス・ポータルソリューション

ロボットはカスタマーサービスエージェントに取って代わりますか?

カスタマーサポートにAIやチャットボットをお求めですか?このホワイトペーパーでは、カスタマーサービスのリーダー達に、AI関連のコンタクトセンターおよびフィールドサービスプロジェクトを最適に進める方法についてご紹介します。

資料のダウンロードはこちら

スマートなセルフサービス機能で顧客を支援

サービスビジネスの一部としてAI対応の顧客セルフサービスを提供することで、サポートセンターへの問い合わせ電話を大幅に削減するとともに、顧客に迅速なサービスを提供できるようになります。オムニチャネル・コンタクトセンター「IFS カスタマー・エンゲージメント」は、人工知能と自然言語処理機能を使用して、技術的な問題のトラブルシューティングを容易にし、顧客に進捗状況を通知し、双方向の自動チャットを可能にします。

サービスマネジメント

Put your customers in control with AI-powered self-service

チャットボットと仮想エージェント

チャットボットと仮想アシスタントは、顧客の問い合わせに即座に回答し、顧客の連絡先が電話、オンライン、モバイルデバイスのいずれであっても、さまざまな顧客からのサービスリクエストの対応を自動化します。顧客は、ボットに合わせて何度も繰り返し質問したり、質問を言い換えたりする必要はありません。自動化機能では、自然言語処理機能を使用して、情報に基づいた、関連性のある、多段階的な会話を行います。ボットは、テクニカルな問題のトラブルシューティングを行い、顧客に多段階の解決策を示します。また、アカウントの変更、返品、返金、注文、予約時間など、多数のタスクを処理することもできます。会話が複雑になると、リクエストは最適なスキルを持つアドバイザーにシームレスに転送され、解決されます。

サービス企業はチャットボットのテクノロジーに追随し、これを導入することを急いでいますが、肝心なのは、顧客に真の価値をもたらし、想定される顧客からの要求を解決することです。IFSは、顧客のサポート要件を十分に検討し、チャットボットを最大限に活用できるソリューションを提供します。さらに、IFSのソリューションでは、カスタマーサービスチームの見落としがないように、チャネルはコンタクトセンターに統合されています。

資料のダウンロードはこちら

チャネルを問わず、お客様やエージェントに正確に回答

顧客は、問い合わせに対する正確かつ迅速な回答を求めています。一方、サービススタッフは、さまざまなデータベースやマニュアル、あるいは他のエージェントから関連する最新情報を収集することに貴重な時間を費やしています。

IFSは、広範にわたるナレッジ管理のソリューションを提供し、セルフサービスのナレッジベースソフトウェアを介して、顧客、エージェント、フィールド技術者、コミュニティまたはパートナーに情報を配信します。情報は、ウェブサイト、ポータル、アプリ、およびソーシャルフォーラムを介して顧客に共有され、キーワード検索も可能です。これらのソリューションによって、顧客を支援すると同時にコンタクトセンターへの問い合わせ電話を低減します。

チャット、電子メール、またはチャットボット経由で顧客の問い合わせを受けると、自動的に関連するナレッジコンテンツが配信されます。エージェントアプリケーション内の適合性の指標により、顧客のリクエストをより迅速に解決し、速やかにベストプラクティスを取り入れることができます。情報公開を柔軟に管理できるので、ユーザーが新しいコンテンツを追加したり、組織の内外でベストプラクティスを共有できます。

Download IFS Customer Engagement brochure

最新の音声自動化機能でサービスデスクの生産性を変革

音声セルフサービスは、今日の顧客が必要とする迅速で応答性の高いサービスを提供するためのシンプルで費用対効果の高いソリューションです。これは、クラウドベースのサブスクリプションサービスであり、素早く導入でき、導入時のサービスデスクまたはコンタクトセンターの業務の中断を最小限に留めます。

最新の音声認証、言語認識、対話型自動音声応答装置(IVR)、テキストの音声変換機能を組み合わせることで、音声セルフサービス・ソリューションは、繰り返しの多い問い合わせ業務からコールセンターを解放し、顧客への迅速なサービスを支援します。顧客からの要求は、予約時間の変更やキャンセル、在庫の確認、購入注文の承認、交換部品の要求まで多岐にわたります。

資料のダウンロードはこちら

最新のデジタルオートメーションでサービスデスクの生産性を変革

サービスビジネスがB2BあるいはB2Cかに関わらず、顧客はサービスの状況をリアルタイムに把握したいと考えています。そこで、顧客自身に、自らが望むチャネルを選択してもらいましょう。IFSのデジタルセルフサービスでは、オンラインポータル、FAQまたは「お問い合わせ」ページ、スマートフォンアプリや仮想エージェントにいたるまで、さまざまなオンラインセルフサービスオプションを提供しています。セルフサービスオプションでは、業界屈指のIFSの言語処理モジュールによって、人が日常的に使う言葉を使用して多段階の会話を行うことで、より迅速で正確な対応と回答を提供します。

IFSのソリューションは、企業のサービスビジネスの変革を支援し、顧客自らがフィールドサービスを依頼したり、進捗を確認したり、モバイル経由で部品を注文することを可能にします。保守員のスケジューリングおよび作業オーダー作成機能へ統合することで、規定のビジネスルールに従って、シームレスな自動化されたカスタマーエクスペリエンスを提供できます。

セルフサービスオプションが多すぎると、顧客が必要とするサービスの提供が困難になります。それはつまり、サービスセンターと切り離して考えられていることに他ならないからです。IFSのテクノロジーソリューションは、迅速なセルフサービスを可能にするだけでなく、必要に応じてサービススタッフにリクエストをシームレスに引き渡し、やり取りの内容とに関連するすべての顧客データにアクセスすることで一貫したサービスの提供を支援します。

チャットボットと仮想エージェント

チャットボットと仮想アシスタントは、顧客の問い合わせに即座に回答し、顧客の連絡先が電話、オンライン、モバイルデバイスのいずれであっても、さまざまな顧客からのサービスリクエストの対応を自動化します。顧客は、ボットに合わせて何度も繰り返し質問したり、質問を言い換えたりする必要はありません。自動化機能では、自然言語処理機能を使用して、情報に基づいた、関連性のある、多段階的な会話を行います。ボットは、テクニカルな問題のトラブルシューティングを行い、顧客に多段階の解決策を示します。また、アカウントの変更、返品、返金、注文、予約時間など、多数のタスクを処理することもできます。会話が複雑になると、リクエストは最適なスキルを持つアドバイザーにシームレスに転送され、解決されます。

サービス企業はチャットボットのテクノロジーに追随し、これを導入することを急いでいますが、肝心なのは、顧客に真の価値をもたらし、想定される顧客からの要求を解決することです。IFSは、顧客のサポート要件を十分に検討し、チャットボットを最大限に活用できるソリューションを提供します。さらに、IFSのソリューションでは、カスタマーサービスチームの見落としがないように、チャネルはコンタクトセンターに統合されています。

資料のダウンロードはこちら

チャネルを問わず、お客様やエージェントに正確に回答

顧客は、問い合わせに対する正確かつ迅速な回答を求めています。一方、サービススタッフは、さまざまなデータベースやマニュアル、あるいは他のエージェントから関連する最新情報を収集することに貴重な時間を費やしています。

IFSは、広範にわたるナレッジ管理のソリューションを提供し、セルフサービスのナレッジベースソフトウェアを介して、顧客、エージェント、フィールド技術者、コミュニティまたはパートナーに情報を配信します。情報は、ウェブサイト、ポータル、アプリ、およびソーシャルフォーラムを介して顧客に共有され、キーワード検索も可能です。これらのソリューションによって、顧客を支援すると同時にコンタクトセンターへの問い合わせ電話を低減します。

チャット、電子メール、またはチャットボット経由で顧客の問い合わせを受けると、自動的に関連するナレッジコンテンツが配信されます。エージェントアプリケーション内の適合性の指標により、顧客のリクエストをより迅速に解決し、速やかにベストプラクティスを取り入れることができます。情報公開を柔軟に管理できるので、ユーザーが新しいコンテンツを追加したり、組織の内外でベストプラクティスを共有できます。

Download IFS Customer Engagement brochure

最新の音声自動化機能でサービスデスクの生産性を変革

音声セルフサービスは、今日の顧客が必要とする迅速で応答性の高いサービスを提供するためのシンプルで費用対効果の高いソリューションです。これは、クラウドベースのサブスクリプションサービスであり、素早く導入でき、導入時のサービスデスクまたはコンタクトセンターの業務の中断を最小限に留めます。

最新の音声認証、言語認識、対話型自動音声応答装置(IVR)、テキストの音声変換機能を組み合わせることで、音声セルフサービス・ソリューションは、繰り返しの多い問い合わせ業務からコールセンターを解放し、顧客への迅速なサービスを支援します。顧客からの要求は、予約時間の変更やキャンセル、在庫の確認、購入注文の承認、交換部品の要求まで多岐にわたります。

資料のダウンロードはこちら

最新のデジタルオートメーションでサービスデスクの生産性を変革

サービスビジネスがB2BあるいはB2Cかに関わらず、顧客はサービスの状況をリアルタイムに把握したいと考えています。そこで、顧客自身に、自らが望むチャネルを選択してもらいましょう。IFSのデジタルセルフサービスでは、オンラインポータル、FAQまたは「お問い合わせ」ページ、スマートフォンアプリや仮想エージェントにいたるまで、さまざまなオンラインセルフサービスオプションを提供しています。セルフサービスオプションでは、業界屈指のIFSの言語処理モジュールによって、人が日常的に使う言葉を使用して多段階の会話を行うことで、より迅速で正確な対応と回答を提供します。

IFSのソリューションは、企業のサービスビジネスの変革を支援し、顧客自らがフィールドサービスを依頼したり、進捗を確認したり、モバイル経由で部品を注文することを可能にします。保守員のスケジューリングおよび作業オーダー作成機能へ統合することで、規定のビジネスルールに従って、シームレスな自動化されたカスタマーエクスペリエンスを提供できます。

セルフサービスオプションが多すぎると、顧客が必要とするサービスの提供が困難になります。それはつまり、サービスセンターと切り離して考えられていることに他ならないからです。IFSのテクノロジーソリューションは、迅速なセルフサービスを可能にするだけでなく、必要に応じてサービススタッフにリクエストをシームレスに引き渡し、やり取りの内容とに関連するすべての顧客データにアクセスすることで一貫したサービスの提供を支援します。