if (True) { } if (True) { }
Skip to main content

You are visiting the 日本 site. You might be interested in the United States site.

Go to the United States site Stay on the 日本 site

業界トップレベルのフィールドサービス管理ソフトウェア

サービスプロバイダーの複雑な業務プロセスを簡素化

お問い合わせから問題解決にいたるまで、お客様は個々の状況に応じた一貫したサービスを求めています。これを実現するには、サービス業務を効率化し、初回訪問解決率を向上、リアルタイムなサービスの提供を支援するためのエンドツーエンドのソリューションが必要です。

IFSは、作業オーダー、スペアパーツ、設備、契約、保証、請求、支払いまでサービスに関わるあらゆる情報が統合されたフィールドサービス管理のソリューションを提供しています。IFSのソリューションにより、サービスプロバイダーは、いつでもすべての顧客に優れたサービスを提供することができます。

IFSはサービス業に関する豊富な知識を擁しており、企業個々にサービス業務は異なることを理解しています。IFSのソリューションは、複雑なサービス業務であっても、要件に応じて構成が可能であり、クラウド型あるいはオンプレミス型のどちらの形態でも利用することができます。

IFS フィールドサービス管理ソリューション

オート・ウィンドスクリーンズ社、IFSフィールドサービス管理でカスタマー・エクスペリエンスを改善

Customer Quote
ひとつのソリューションで、電話対応、スペアパーツ管理、倉庫管理、技術者派遣に至るまで、お客様にエンドツーエンドのサービスを提供することができるようになりました。これこそが、求めていたものです。
Adrian Egley氏 アプリケーションサポートチームリーダー, オート・ウィンドスクリーンズ社
詳細はこちら

その他の導入事例はこちら

0
%

IFS導入後、サービスデスクへの問い合わせを75%低減

0

請求書の発行のスピードが数日から数分に

0
%

サービス管理システムの稼働率

IFS、ガートナー社のマジッククアドラントで4年連続「リーダー」を獲得

市場の多くのサービス管理ソフトウェアの中から、自社に最適なソリューションを選定するのは非常に難しいことです。IFSのソリューションはその豊富な機能と優れた柔軟性により、ガートナー社から高い評価を受けています。いかに複雑なサービス業務であっても簡素化し、円滑に業務を実施できるよう支援します。

マジッククアドラントのレポートはこちら

包括的なフィールドサービス管理

サービスレベル契約(SLA)を満たし、状況に応じて必要なスキルを備えた作業員を派遣し、顧客との信頼関係を築くことは、複雑かつ時間がかかるものです。優れたサービス管理ソリューションを導入することは、これらの課題に対応するだけでなく、コストの削減のほか、新しい収益機会を得るための鍵になります。IFSが提供するフィールドサービス管理(IFS FSM)ソリューションについて、動画でご紹介します。

サービスマネジメント

IFS FSM Service Management capabilities

複雑なサービス業務を簡素化

サービスセンター、顧客のスマートフォン、あるいはIoT接続された設備など、いかなる方法で顧客からの問い合わせが送られてこようとも、IFSフィールドサービス管理があれば容易に作業オーダーを作成し、管理できます。

IFSのIT基盤によりバックオフィス業務を簡素化することで、担当者は迅速に問い合わせに対応し、問題を診断し、関連するすべての設備や契約および部品の情報を確認できるようになり、SLA遵守につながります。

IFSのフィールドサービス管理ソリューションは、フィールド作業員のスケジューリングツールとシームレスに統合されているので、作業オーダーに最適なエンジニアを割り当てることができます。さらに、Salesforce、SAP、Microsoft Dynamicsなど、任意のCRMとも統合できます。

資料のダウンロードはこちらから

初回訪問解決率を向上する最適化されたスペアパーツ供給

スペアパーツの在庫は、サービスの提供に不可欠である一方、コストのかかるものです。コストを低減しつつ最適なパフォーマンスを実現するには、在庫レベル、保管場所、スペアパーツの調達、サービスの質などのバランスを慎重に保つ必要があります。IFSフィールドサービス管理(IFS FSM)ソリューションは、在庫管理やロジスティクス業務の一元管理に必要な機能をすべて提供しています。

IFS FSMによって、複数の保管場所の在庫管理やシリアル番号による追跡管理を含め、スペアパーツの在庫レベルや使用場所を100%把握できるようになります。また、出庫と受入、在庫とロジスティクス、部品コストと需要の情報に常にアクセスできるため、在庫の回転率を上げ、在庫価値を維持できます。

資料のダウンロードはこちらから

契約の作成、管理、遵守をシームレスに

初回見積や価格設定から自動更新や請求に至るまで、IFSフィールドサービス管理(IFS FSM)はサービス契約の管理と履行の業務を簡素化します。企業は、顧客との保守契約やサービスレベル契約の管理のために、年間数百万の損失を被っています。これは、収益の漏れ、紙の文書の使用、ExcelやWordなどの構造化されていないファイルによる管理、スタンドアロンシステムの使用などに起因しています。

IFS FSMの契約ライフサイクル管理機能を使用することで、初回見積や価格設定から契約の自動更新や請求に至るまで、保守契約の作成、履行、更新、管理の業務を円滑に管理し、契約遵守を支援することができます。IFSは、契約ライフサイクル管理の分野で25年以上の経験があり、現在世界各地のお客様がIFSのソリューションを導入しています。

資料のダウンロードはこちらから

シームレスな保証管理

保証請求処理の過程で生じる問題に起因して、サービスプロバイダーは収益漏れによる年間何千もの損失を被っています。このような課題に対応するには、請求を受けてからケースをクローズするまでのすべての業務を連携し、プロセスを管理することが肝心です。そうすることで、顧客との契約期間中一貫してすべての保証を管理、処理、追跡でき、顧客満足度の向上、製品の品質の向上、サービスコストの削減が可能になります。

これを実現できるのがIFSの保証管理と設備資産管理のソリューションです。保証請求処理や顧客に納入された設備のトラッキングを自動化することで、サービスプロバイダーは、保証、請求、設備に関する情報を作成から更新にいたるまでその保証期間中一貫して管理し、追跡できるようになります。その結果、外部委託業者は正当な請求処理を行い、カスタマーサービス部門は保証範囲を確認し、設備の復旧対応を開始します。そして、フィールド作業員は、履歴も含めた設備情報にアクセスし、保証対象の部品を交換します。IFS フィールドサービス管理(IFS FSM)の保証管理と設備資産管理の機能でこれらすべてを実現できます。

資料のダウンロードはこちらから

複雑なサービスプロジェクトの調整

顧客との長期的なサービス契約に基づくプロジェクトを実行するにあたり、プロジェクトの管理者は、複数のプロジェクトを管理しつつ、現地で活動中のエンジニアや設備の管理も同時に行うことがいかに難しいかを理解しています。

多くのタスクが相互に関連し、密接な連携を必要とする一方で、遠隔地から信頼できるデータを収集し、現場作業の承認などのさまざまな業務を継続的に行う必要があります。多くのサービスプロバイダーは、このような流動的な物事をマニュアルで管理しています。これは、生産性、業務の可視性、サービスの品質という点でかなりのデメリットです。

IFSのサービスプロジェクト管理ソリューションは、プロジェクト管理と現場の作業を連携します。これはタスクの自動化、遠隔地とのやり取り、プロジェクトに関わる情報の一元管理を可能にするもので、これにより、サービスプロバイダーは現場の業務を最適化し、生産性を高め、顧客により良いサービスを提供できるようになります。

資料のダウンロードはこちらから

複雑なサービス業務を簡素化

サービスセンター、顧客のスマートフォン、あるいはIoT接続された設備など、いかなる方法で顧客からの問い合わせが送られてこようとも、IFSフィールドサービス管理があれば容易に作業オーダーを作成し、管理できます。

IFSのIT基盤によりバックオフィス業務を簡素化することで、担当者は迅速に問い合わせに対応し、問題を診断し、関連するすべての設備や契約および部品の情報を確認できるようになり、SLA遵守につながります。

IFSのフィールドサービス管理ソリューションは、フィールド作業員のスケジューリングツールとシームレスに統合されているので、作業オーダーに最適なエンジニアを割り当てることができます。さらに、Salesforce、SAP、Microsoft Dynamicsなど、任意のCRMとも統合できます。

資料のダウンロードはこちらから

初回訪問解決率を向上する最適化されたスペアパーツ供給

スペアパーツの在庫は、サービスの提供に不可欠である一方、コストのかかるものです。コストを低減しつつ最適なパフォーマンスを実現するには、在庫レベル、保管場所、スペアパーツの調達、サービスの質などのバランスを慎重に保つ必要があります。IFSフィールドサービス管理(IFS FSM)ソリューションは、在庫管理やロジスティクス業務の一元管理に必要な機能をすべて提供しています。

IFS FSMによって、複数の保管場所の在庫管理やシリアル番号による追跡管理を含め、スペアパーツの在庫レベルや使用場所を100%把握できるようになります。また、出庫と受入、在庫とロジスティクス、部品コストと需要の情報に常にアクセスできるため、在庫の回転率を上げ、在庫価値を維持できます。

資料のダウンロードはこちらから

契約の作成、管理、遵守をシームレスに

初回見積や価格設定から自動更新や請求に至るまで、IFSフィールドサービス管理(IFS FSM)はサービス契約の管理と履行の業務を簡素化します。企業は、顧客との保守契約やサービスレベル契約の管理のために、年間数百万の損失を被っています。これは、収益の漏れ、紙の文書の使用、ExcelやWordなどの構造化されていないファイルによる管理、スタンドアロンシステムの使用などに起因しています。

IFS FSMの契約ライフサイクル管理機能を使用することで、初回見積や価格設定から契約の自動更新や請求に至るまで、保守契約の作成、履行、更新、管理の業務を円滑に管理し、契約遵守を支援することができます。IFSは、契約ライフサイクル管理の分野で25年以上の経験があり、現在世界各地のお客様がIFSのソリューションを導入しています。

資料のダウンロードはこちらから

シームレスな保証管理

保証請求処理の過程で生じる問題に起因して、サービスプロバイダーは収益漏れによる年間何千もの損失を被っています。このような課題に対応するには、請求を受けてからケースをクローズするまでのすべての業務を連携し、プロセスを管理することが肝心です。そうすることで、顧客との契約期間中一貫してすべての保証を管理、処理、追跡でき、顧客満足度の向上、製品の品質の向上、サービスコストの削減が可能になります。

これを実現できるのがIFSの保証管理と設備資産管理のソリューションです。保証請求処理や顧客に納入された設備のトラッキングを自動化することで、サービスプロバイダーは、保証、請求、設備に関する情報を作成から更新にいたるまでその保証期間中一貫して管理し、追跡できるようになります。その結果、外部委託業者は正当な請求処理を行い、カスタマーサービス部門は保証範囲を確認し、設備の復旧対応を開始します。そして、フィールド作業員は、履歴も含めた設備情報にアクセスし、保証対象の部品を交換します。IFS フィールドサービス管理(IFS FSM)の保証管理と設備資産管理の機能でこれらすべてを実現できます。

資料のダウンロードはこちらから

複雑なサービスプロジェクトの調整

顧客との長期的なサービス契約に基づくプロジェクトを実行するにあたり、プロジェクトの管理者は、複数のプロジェクトを管理しつつ、現地で活動中のエンジニアや設備の管理も同時に行うことがいかに難しいかを理解しています。

多くのタスクが相互に関連し、密接な連携を必要とする一方で、遠隔地から信頼できるデータを収集し、現場作業の承認などのさまざまな業務を継続的に行う必要があります。多くのサービスプロバイダーは、このような流動的な物事をマニュアルで管理しています。これは、生産性、業務の可視性、サービスの品質という点でかなりのデメリットです。

IFSのサービスプロジェクト管理ソリューションは、プロジェクト管理と現場の作業を連携します。これはタスクの自動化、遠隔地とのやり取り、プロジェクトに関わる情報の一元管理を可能にするもので、これにより、サービスプロバイダーは現場の業務を最適化し、生産性を高め、顧客により良いサービスを提供できるようになります。

資料のダウンロードはこちらから

What others are saying about IFS

Find out more