Skip to main content

You are visiting the 日本 site. You might be interested in the United States site.

Go to the United States site Stay on the 日本 site

業界屈指の最適化スケジューリング(PSO)ソフトウェア

サービス業務の生産性を最適化し、リアルタイムのサービスを実現

現在のオンデマンド型の社会では、顧客に優れたエクスペリエンスを提供しながら、フィールドワーカーの生産性を最適化することはかつてないほど困難になっています。技術者を待機させることなく、迅速な対応を提供し、訪問時間を柔軟に調節し、なおかつ初回訪問解決率を向上するにはどうしたら良いのでしょうか。IFSの世界クラスのリアルタイムな最適化スケジューリングソフトウェアはAIと高度なアルゴリズムを使用して、サービス要員の数がどんなに多くても、またサービスの内容が複雑であろうとも、頻繁に変更が発生したとしても最適なスケジュールを提供します。

IFSの最適化スケジューリングソフトウェアには、シナリオに基づいたスケジュールのシミュレーション・テストを行う機能が装備されており、長期にわたる計画やサービス要員のキャパシティをモデル化し予測することができます。

フィールド作業員のスケジュール最適化ソリューション

労働力の生産性を変革するためにAIが実際にできることは何でしょうか?

AIはすべての業界に影響するとされています。しかし、そのスピードはどれくらいでしょう。本資料では、すでに市販され導入されている、フィールドサービス向けに実用化されたAIソリューションを3つご紹介します。

資料のダウンロードはこちら

優れた作業員の最適化スケジューリング機能

AIを活用した最適化スケジューリング機能を使用して、サービスの生産性を変革し、計画や要員派遣を改善します。3分間のデモをご覧になり、IFSがフィールドサービス業務にどのように役立つかをご確認ください。

サービスマネジメント

Planning and Scheduling Optimization capabilities

IFSダイナミック・スケジューリング・エンジン(DSE)は、AIと洗練されたアルゴリズム群によって、複数の制約による非常に大きなスケジューリングの課題を数秒で解決します。このシステムは、作業場所、交通状況、技術者の空きやスキル、携行している部品やツール、相互依存性のあるタスクかどうか、SLA、各ジョブの優先度などの膨大な数のパラメーターを考慮して、リアルタイムにすべてのデータを継続的に分析します。

DSEは、優先順位を考慮し、新しく発生したジョブと予定されていたジョブとを組み合わせられるかを計算します。また、DSEは数千の選択肢を数秒で評価し、最適化された計画を決定するので、ディスパッチ担当のスタッフは、特例が発生しても慌てることなく対処できるようになります。

DSEは、新しい緊急ジョブの発生や、ジョブが特定の作業員に偏りすぎている状態、渋滞による遅延などの変化に対応し、リアルタイムにスケジュールを再計算し、継続的に調整します。

また、処理されたジョブを継続的にモニターし、改善の余地がないかを診断します。より利益率の高いジョブが見つかると、システムは変更可能なジョブを見つけて、作業員の再割り当てを実施します。

資料のダウンロードはこちら

自社のビジネス目標達成に注力する

ビジネス目標を組み込むことができるスケジューリングソフトウェアを使用すれば、例えば緊急コールの何割がSLAに記載された条件内に対応できたかなど、ビジネスにとって重要なKPIに直接スケジューリングを集中させることができます。

貴社独自のビジネス目標や顧客契約、SLAに基づいて、AIがスケジューリングを行います。これは、最善のカスタマーエクスペリエンスとサービス要員の生産性の最適化を実現します。 例えば、特定の顧客に対して、SLA達成などの目標値を設定します。すると、それに応じて、可能であれば、スケジューリングエンジンのパラメーターが自動的に調整されます。

すべてのスケジューリングは、スキル、SLA、部品要件など、ビジネスで定義された複数の制約条件を考慮して決定されます。

スケジューリングソフトウェアの中には、は、地理的ゾーンなどの厳しい制約を使用しており、スケジューリングエンジンに不必要な制限を課しているものが多くあります。IFSのスケジューリングソフトウェアはこういった制約が少なく、手動による介入の必要性を減らし、目標の達成率を高めます。

資料のダウンロードはこちら

「故障/修理」と「計画的な予防保守」を組み合わせることもできる訪問予約機能

コンタクトセンター、カスタマー用セルフサービスポータル、またはモバイルアプリから修理の予約を行う際、スケジューリングモジュールは既に確定している作業やビジネスルール、その他の制約に基づいて、その訪問予約に最適な時間帯を自動的に計算します。

修理訪問のための予約機能は、訪問の際に「故障/修理」や「計画的な予防保守」などの異なるタイプの作業をシームレスに組み合わせることにより、リアルタイムでダイナミックなスケジューリングを可能にしています。この訪問予約機能は、各社のビジネスの優先順位に応じて、実行コストとビジネスに対する加重値に基づいて作業をランク付けし、業務効率を最適化します。

資料のダウンロードはこちら

シナリオベースの予測で将来に備える

さまざまなシナリオを設定して、どのようなリソースが必要になるかを予測できます。

この高度な予測分析機能は、労働力を増やしたり減らしたりすることで業績にどのような影響が出るか、特定の需要に対してあるパフォーマンスを達成するためにはどうようなリソースがどれだけ必要になるかなど、条件を設定したうえでの予測が可能です。

たとえば、新しいサービス契約に入札する場合や新しい地域に進出する場合、追加のリソースがどれだけ必要になるでしょうか?このツールは、スタッフの人数、種類、その理想的な拠点配置について教えてくれます。

資料のダウンロードはこちら

IFSダイナミック・スケジューリング・エンジン(DSE)は、AIと洗練されたアルゴリズム群によって、複数の制約による非常に大きなスケジューリングの課題を数秒で解決します。このシステムは、作業場所、交通状況、技術者の空きやスキル、携行している部品やツール、相互依存性のあるタスクかどうか、SLA、各ジョブの優先度などの膨大な数のパラメーターを考慮して、リアルタイムにすべてのデータを継続的に分析します。

DSEは、優先順位を考慮し、新しく発生したジョブと予定されていたジョブとを組み合わせられるかを計算します。また、DSEは数千の選択肢を数秒で評価し、最適化された計画を決定するので、ディスパッチ担当のスタッフは、特例が発生しても慌てることなく対処できるようになります。

DSEは、新しい緊急ジョブの発生や、ジョブが特定の作業員に偏りすぎている状態、渋滞による遅延などの変化に対応し、リアルタイムにスケジュールを再計算し、継続的に調整します。

また、処理されたジョブを継続的にモニターし、改善の余地がないかを診断します。より利益率の高いジョブが見つかると、システムは変更可能なジョブを見つけて、作業員の再割り当てを実施します。

資料のダウンロードはこちら

自社のビジネス目標達成に注力する

ビジネス目標を組み込むことができるスケジューリングソフトウェアを使用すれば、例えば緊急コールの何割がSLAに記載された条件内に対応できたかなど、ビジネスにとって重要なKPIに直接スケジューリングを集中させることができます。

貴社独自のビジネス目標や顧客契約、SLAに基づいて、AIがスケジューリングを行います。これは、最善のカスタマーエクスペリエンスとサービス要員の生産性の最適化を実現します。 例えば、特定の顧客に対して、SLA達成などの目標値を設定します。すると、それに応じて、可能であれば、スケジューリングエンジンのパラメーターが自動的に調整されます。

すべてのスケジューリングは、スキル、SLA、部品要件など、ビジネスで定義された複数の制約条件を考慮して決定されます。

スケジューリングソフトウェアの中には、は、地理的ゾーンなどの厳しい制約を使用しており、スケジューリングエンジンに不必要な制限を課しているものが多くあります。IFSのスケジューリングソフトウェアはこういった制約が少なく、手動による介入の必要性を減らし、目標の達成率を高めます。

資料のダウンロードはこちら

「故障/修理」と「計画的な予防保守」を組み合わせることもできる訪問予約機能

コンタクトセンター、カスタマー用セルフサービスポータル、またはモバイルアプリから修理の予約を行う際、スケジューリングモジュールは既に確定している作業やビジネスルール、その他の制約に基づいて、その訪問予約に最適な時間帯を自動的に計算します。

修理訪問のための予約機能は、訪問の際に「故障/修理」や「計画的な予防保守」などの異なるタイプの作業をシームレスに組み合わせることにより、リアルタイムでダイナミックなスケジューリングを可能にしています。この訪問予約機能は、各社のビジネスの優先順位に応じて、実行コストとビジネスに対する加重値に基づいて作業をランク付けし、業務効率を最適化します。

資料のダウンロードはこちら

シナリオベースの予測で将来に備える

さまざまなシナリオを設定して、どのようなリソースが必要になるかを予測できます。

この高度な予測分析機能は、労働力を増やしたり減らしたりすることで業績にどのような影響が出るか、特定の需要に対してあるパフォーマンスを達成するためにはどうようなリソースがどれだけ必要になるかなど、条件を設定したうえでの予測が可能です。

たとえば、新しいサービス契約に入札する場合や新しい地域に進出する場合、追加のリソースがどれだけ必要になるでしょうか?このツールは、スタッフの人数、種類、その理想的な拠点配置について教えてくれます。

資料のダウンロードはこちら

Find out more