Skip to main content

リバースロジスティクスと修理センター

効率を最大にし、可視性を向上する

リバースロジスティクスの管理において、どこで業務が滞っていますか。効率を最大化し、コストを削減し、顧客のダウンタイムを短縮するために必要なツールは揃っていますか?

ほとんどの組織では、標準的な保守部品の管理やロジスティクスには、なんらかのツールが導入されています。しかし、多くの企業にとって、保守部品や返品、修理センターでのサービスが必要となった場合に、そのバリューチェーンを反転させることはそれほど簡単ではありません。

IFSのソフトウェアソリューションは、すべてのリバースロジスティクスのビジネスプロセス管理を容易にします。このプロセスには、事前交換および修理返品といった返品保証(RMA)、受け取り、修理品のルートの管理、修理、梱包、出荷、請求が含まれます。

リバースロジスティクスと修理センター

スペンサーがリバースロジスティクス機能で新規契約を獲得

Customer Quote
3週間以内に修理センター用モジュールの導入とトレーニングを終え、システムを稼働させる必要がありました。必要な機能のほとんどがすでにシステムに装備されており、設定のみすれば良かったので、期日に間に合わせることができました。
Rudy Goedhart氏 システム開発部長, スペンサー テクノロジーズ社
詳細はこちら

その他の事例はこちら

0

スペンサー テクノロジーズは、IFSフィールドサービス管理(IFS FSM)によって導入から5年以内に企業の実績と収益を2倍に

0

わずか3週間で修理センター用モジュールの導入を完了

0

200人のフィールドサービス技術者

優れたリバースロジスティクスエンジンの構築

リバースロジスティクスの成熟度を定義する要因は、5年前とは異なります。顧客の要求とビジネスニーズは、新しいテクノロジーや製品を提供するチャネルとともに、もともと複雑な一連のプロセスをさらに複雑にしています。では、リバースロジスティクスの管理において、貴社では業務のどこに問題がありますか。

資料のダウンロードはこちら

実用性の高いリバースロジスティクス

スペンサーテクノロジーズ社がIFSフィールドサービス管理(IFS FSM)ソリューションおよびリバースロジスティクスソリューションを使用して、どのように優れたサービスを提供しているかをご覧ください。設備の返品と修理を効率的に管理するこのテクノロジーによって、スペンサーは複雑なプロセスを管理し、顧客の期待を上回るサービスを提供しています。

サービスマネジメント

Integrated Reverse Logistics and Repair capabilities

IFSのフィールドサービス管理でリバースロジスティクスを掌握する

コスト削減、修理所要時間の短縮、効率性の向上のために、企業は修理プロセス全体で修理対象品を効率的に管理し、追跡する必要があります。これらはすべて、IFSのサービス修理ソフトウェアで対応できます。

サービスを提供する組織、顧客、サードパーティの修理ベンダーは、IFSのセキュアなWebポータルを使用してプロセス全体で修理対象品を追跡し、自動アラートにより最新状況を把握することができます。

IFSフィールドサービス管理ソリューションおよびサービス修理ソリューションにより、サービス修理プロセスを100%可視化できます。IFSのエンドツーエンドのサービスソリューションを使用することで、サービスのレベルと品質を向上させながら、最適な運用効率で顧客と技術者の満足度を高めることができます。

資料のダウンロードはこちら

返品管理により効率を最大化し、可視性を変革

保守部品の返品は、複雑ですが収益性の高いビジネスです。IFS フィールドサービス管理(IFS FSM)は、返品保証(RMA)、受け取り、修理品のルートの管理、修理、梱包、出荷、請求までのすべてのリバースロジスティクスにおけるビジネスプロセスの管理を支援します。

その結果、返品プロセスの質が向上し、顧客の満足度も高まり、修理業務からの収益性が高まります。

IFSフィールドサービス管理(IFS FSM)は、リコール、改修、分解、修理、サードパーティ・サービスなど、サービス業務の中でも複雑な返品プロセスの自動化における明確なリーダーとして認識されています。

資料のダウンロードはこちら

スペアパーツ管理ソフトウェアによる100%の可視性

在庫を保有することは、サービス業務において不可欠でありながらコストのかかる部分です。コストを低く抑えながら最適なパフォーマンスを実現するには、在庫レベルや場所、スペアパーツ、サービスレベルなどのバランスを慎重に維持する必要があります。

これはまさに、ものづくりを中心としたビジネスに対して、IFSフィールドサービス管理(IFS FSM)ソリューションで実現できることです。このソリューションは、在庫管理とロジスティクス業務全体を一元管理するために必要な機能をすべて備えています。

IFSフィールドサービス管理(IFS FSM)は、マルチビン方式の在庫管理やシリアル番号を使ったトレーサビリティを含め、スペアパーツの在庫やフィールドの場所を100%可視化します。また、出荷と入荷、在庫とロジスティクス、保守部品コストと現場需要などのすべての情報にアクセスできるため、在庫の回転率を上げ、旧式化を防ぐことができます。

資料のダウンロードはこちら

IFSのフィールドサービス管理でリバースロジスティクスを掌握する

コスト削減、修理所要時間の短縮、効率性の向上のために、企業は修理プロセス全体で修理対象品を効率的に管理し、追跡する必要があります。これらはすべて、IFSのサービス修理ソフトウェアで対応できます。

サービスを提供する組織、顧客、サードパーティの修理ベンダーは、IFSのセキュアなWebポータルを使用してプロセス全体で修理対象品を追跡し、自動アラートにより最新状況を把握することができます。

IFSフィールドサービス管理ソリューションおよびサービス修理ソリューションにより、サービス修理プロセスを100%可視化できます。IFSのエンドツーエンドのサービスソリューションを使用することで、サービスのレベルと品質を向上させながら、最適な運用効率で顧客と技術者の満足度を高めることができます。

資料のダウンロードはこちら

返品管理により効率を最大化し、可視性を変革

保守部品の返品は、複雑ですが収益性の高いビジネスです。IFS フィールドサービス管理(IFS FSM)は、返品保証(RMA)、受け取り、修理品のルートの管理、修理、梱包、出荷、請求までのすべてのリバースロジスティクスにおけるビジネスプロセスの管理を支援します。

その結果、返品プロセスの質が向上し、顧客の満足度も高まり、修理業務からの収益性が高まります。

IFSフィールドサービス管理(IFS FSM)は、リコール、改修、分解、修理、サードパーティ・サービスなど、サービス業務の中でも複雑な返品プロセスの自動化における明確なリーダーとして認識されています。

資料のダウンロードはこちら

スペアパーツ管理ソフトウェアによる100%の可視性

在庫を保有することは、サービス業務において不可欠でありながらコストのかかる部分です。コストを低く抑えながら最適なパフォーマンスを実現するには、在庫レベルや場所、スペアパーツ、サービスレベルなどのバランスを慎重に維持する必要があります。

これはまさに、ものづくりを中心としたビジネスに対して、IFSフィールドサービス管理(IFS FSM)ソリューションで実現できることです。このソリューションは、在庫管理とロジスティクス業務全体を一元管理するために必要な機能をすべて備えています。

IFSフィールドサービス管理(IFS FSM)は、マルチビン方式の在庫管理やシリアル番号を使ったトレーサビリティを含め、スペアパーツの在庫やフィールドの場所を100%可視化します。また、出荷と入荷、在庫とロジスティクス、保守部品コストと現場需要などのすべての情報にアクセスできるため、在庫の回転率を上げ、旧式化を防ぐことができます。

資料のダウンロードはこちら