Skip to main content

You are visiting the 日本 site. You might be interested in the United States site.

Go to the United States site Stay on the 日本 site

IFSエンタープライズテクノロジーソリューション

オープンでインテリジェント、かつ自律的

IFSは、ソフトウェアの専門知識、業界の深い知識、顧客の意見を組み合わせてイノベーションをソリューションに組み込み、エンタープライズテクノロジーを用いて価値の高いユースケースを実現するために、実用的で現実的なアプローチを採用しています。

IFSは、楽しく使えるソフトウェアに重点を置いています。ニーズや業務のやり方に合わせて簡単にテイラーメイドで組み立てられるソフトウェアです。自動化されたプロセスとタスクを一層インテリジェントな方法で可能にするオープンAPIを使用して、ERPテクノロジー、CRMシステムなどのソリューションをビジネスやITシステムの全体像に統合し、各段階で最大の価値を引き出すことができるソフトウェアです。

そのため、クラウドかオンプレミスかを問わず、お客様が最適な方法で作業できる選択肢を提供し、エンタープライズソフトウェアテクノロジーの価値を高めるために、継続的に更新し改善し続ける努力をしています。また、企業がインテリジェントで自律的になったこのような時代においては、AIテクノロジーを適用して、問題の解決、自動化の推進、エクスペリエンスの向上を支援することが重要です。

IFSエンタープライズテクノロジーソリューション

IFSソリューションの理念:インテリジェントで自律的なソリューション

「IFSソリューションの理念」には、IFS製品の戦略的方向性とこのビジョンを実現するために我々が作り上げた基盤が示されています。インテリジェントで自律的な企業に対する私たちのビジョンは、ビジネスの進化と変革を支援することです。ですので、IFSのソリューションを使えば、企業は市場の期待に応えるべく挑戦を続け、新しい製品や考え方で成長することが可能です。

IFSの理念をダウンロード

IFS Statement of Direction

The IFS Statement of Direction describes our solution and technology strategy and planned investments for the coming three-year period. Download this document to find out more about our plans for:

  • Solution strategy and investment
  • Services for intelligent and autonomous business
  • Superior experiences

Download our Statement of Direction

IFS Applicationsへようこそ

新しいデザインの、音声で起動するIFS Applicationsをご覧ください。IFS Aurena(IFSオリーナ)には、新しくなったモバイル対応インターフェイスに加え、AI搭載のIFS Aurena Bot(IFSオリーナボット)による音声認識機能が搭載されています。以下の動画で新機能を体験してください。

Technology for the intelligent, autonomous enterprise

ユーザーエクスペリエンスの向上

ビジネスを変革し、新しいビジネス機会を獲得し、変化に対応し、高品質の製品とサービスを日々提供するには、自分のすべきことに深く携わり責任を持って取り組む人々(従業員)が必須だとIFSは考えています。その人たちが業務でr使い易いツールを利用すれば、これらはもっと実現しやすくなるでしょう。だからこそ、IFSは、ユーザーが効率的に業務を進められるユーザーエクスペリエンスを創造し、障害になるのではなく進展の手助けをしてきました。

IFS Aurena(IFSオリーナ)のユーザーエクスペリエンスは、最新のブラウザベースのレスポンシブエクスペリエンスであり、すべてのソリューションに対応しています。つまり、当社のソリューションは、iOS、Android、Windows、MacOS、Linuxが搭載されたすべてのスマートフォンやタブレット、ラップトップ、デスクトップで実行できるということです。

IFSのユーザーエクスペリエンスは、最先端の技術を使用して、「消費者優先」志向で設計・構築されています。消費者優先とは、消費者向けソフトウェアのような見た目や動作を意味しますが、それに加えて、より大規模で大容量のデータを処理し、企業向けの環境で動作するように追加および改善されています。最先端の技術とは、最新のHTML5やAngular、Progressive Web Application (PWA)技術を指します。

ユーザーエクスペリエンスには、フィールドサービスなどの分野を対象としたオフライン対応のネイティブモバイルアプリや、多くのカジュアルユーザータスク向けのチャットボットなどもあります。

IFS Aurena(IFSオリーナ)の詳細はこちら

オープンAPI

接続や自動化が進んだ世界では、アプリケーションでできることはすべて、APIで実現できるはずだというのが重要な原則です。これにより、アプリケーションで処理されるデータまたはプロセスを他のソフトウェアの領域に統合したり、外部にアプリケーションを拡張したり、アプリケーションのアクティビティを自動化したりすることができます。

そのため、IFSのソリューションには、OData標準に基づいたネイティブRESTful APIが付属しています。RESTとODataはエンタープライズソフトウェアに最適であり、ソリューションの拡張や統合、レポート作成などのERP、EAM、およびサービスソフトウェアに使用されるツールとプラットフォームに対応しています。独自のユーザーインターフェイスで同様のAPIが使用されていることにより、ユーザーインターフェイスを使用してできることはすべて、APIを使用して行うことができます。

IFSは、APIに対してオープンなアプローチを取るソフトウェアベンダーが増えれば増えるほど、誰もが利益を得られると考えます。これが、IFSが「Open API Initiative」の一員である理由です。この「Open API Initiative」は、ベンダーに依存しないAPI記述の標準化に焦点を当てている組織です。

高価値で影響の少ない「テイラーメイド」方式

部分的なソリューションを導入するか、広範囲のERPやEAM、サービス管理といった大掛かりなソリューションを導入するかにかかわらず、IFSはすぐに使用できる広範で深い機能を提供しており、それらは、全てお客様毎のニーズに合わせて組み立てることができる「テイラーメイド」方式です。ユーザーインターフェイスやプロセスフローをコンフィグレーションするなど特定のニーズに合わせてソリューションを「テイラーメイド」できるというのは、ほとんどの場合、価値のあることです。また、導入には必ず個別のインテグレーションやレポートが必要になります。

ソリューションをお客様に合わせると同時に、頻繁な定期更新を実施しています。これが、IFSが高価値で影響の低い「テイラーメイド」方式を採用している理由です。「テイラーメイド」には3つの方法を提供していますが、それぞれに明確な価値や影響があります。

「コンフィグレーション」 「コンサルタント」または「スーパーユーザー」に優しいデザイナーとツールを使用します。たとえば、カスタムフィールドやLobbyデザイナー、新しいAurenaページデザイナーを使用します。

「内部拡張」レイヤードアーキテクチャと宣言型開発を使用し、カスタマイズをコアアプリケーションから明確に切り離して、最高の生産性を実現します。

「外部拡張」MendixやPowerApps、Outsystemsなどの低コード開発プラットフォーム、Snaplogicなどの最新の統合プラットフォームと組み合わせてオープンAPIを使用するか、JavaScript、Java、.Netまたは任意の言語で開発します。

クラウドとオンプレミス

IFSは、ソフトウェアの導入について、選択、同等性、オープン性の原則に取り組み続けます。

「選択」クラウドまたはオンプレミスを自由に選択できます。Opex専用の包括的なSaaSサービスが必要か、アプリケーションのライセンスを所有するかを選択します。クラウドサービスに限らず、お客様や任意のパートナーがクラウドでソリューションを運用したり、従来の方法に近い方法でホストしたりすることもできます。

「同等性」クラウドで使用するソリューションは、機能が大幅に低下することはなく、オンプレミスの場合と同等のアプリケーションです。新しい機能やイノベーションのメリットを享受できるのは、クラウドで実行するユーザーだけではありません。

「ポータビリティ(移行性)」オンプレミスからクラウドへ、または必要であればクラウドからオンプレミスに戻せるということです。

IFSのソリューションは、クラウドサービスを支えるパブリッククラウドのスケーラビリティとサービスを活用できるように設計されています。同時に、クラウドとオンプレミス間の高度なポータビリティ(移行性)を可能にするテクノロジーとアーキテクチャが採用されています。

IFSクラウドの詳細はこちら

AI活用

私たちにとって重要なことは、AIそれ自体ではなく、ソリューション内でイネーブラー(目的達成などを可能にする手段)としてどのように使用できるかです。AIは、ビジネス上の問題を解決するために使用できるツール群、つまりイネーブラーです。ソフトウェアでAIを活用する際の重要な点は、複雑さを取り除き、アルゴリズムとデータサイエンスの使用において堅牢で強力なソリューションを提供することですが、技術者ではないデータスペシャリストにとって使いやすく理解しやすいことも重要です。

これは、IFS Aurena Botが自然言語や画像処理などのAIテクノロジーを使用して、セルフサービスタスクを実行するための対話型インターフェイスを提供していること、またはフィールドサービスのスケジューリングおよび最適化エンジンがニューラルネットワークと機械学習アルゴリズムを使用して、フィールドでの作業スケジューリングを最適化していることからも明らかです。

AIテクノロジーを活用して、4つのカテゴリのソリューションをサポートします。

相互作用(やりとり) – ビジネスを実行しているソフトウェアと人間がどのようにやりとりし、物理的世界とソフトウェアの世界がどのように相互作用するか

最適化 – リソースを最も効果的に使用するために、複雑な問題を解決する方法

予測 – 近い将来に機械が故障する可能性など何が起こるかを理解し、その知識をビジネスに組み込む方法

適合 – IFSや他のユーザーが過去にビジネスプロセスを実行し、改善してきた方法から学べること

IFSラボ

イノベーションを強化するもうひとつの方法は、IFSラボです。IFSラボのミッションは、戦略的な製品に関する優れた意思決定をサポートし、ビジョンからソリューションを実現するまでの時間を短縮することです。IFSラボでは、より粗削りでより実験的な新しいアイデアやイノベーションを試すことができます。IFSラボで行ったことの多くが、最終的に新製品や新機能として実現されています。たとえば、IoTとチャットボット向けの製品はいずれもIFSラボプロジェクトとして始まりました。

IFSラボの詳細はこちら

ユーザーエクスペリエンスの向上

ビジネスを変革し、新しいビジネス機会を獲得し、変化に対応し、高品質の製品とサービスを日々提供するには、自分のすべきことに深く携わり責任を持って取り組む人々(従業員)が必須だとIFSは考えています。その人たちが業務でr使い易いツールを利用すれば、これらはもっと実現しやすくなるでしょう。だからこそ、IFSは、ユーザーが効率的に業務を進められるユーザーエクスペリエンスを創造し、障害になるのではなく進展の手助けをしてきました。

IFS Aurena(IFSオリーナ)のユーザーエクスペリエンスは、最新のブラウザベースのレスポンシブエクスペリエンスであり、すべてのソリューションに対応しています。つまり、当社のソリューションは、iOS、Android、Windows、MacOS、Linuxが搭載されたすべてのスマートフォンやタブレット、ラップトップ、デスクトップで実行できるということです。

IFSのユーザーエクスペリエンスは、最先端の技術を使用して、「消費者優先」志向で設計・構築されています。消費者優先とは、消費者向けソフトウェアのような見た目や動作を意味しますが、それに加えて、より大規模で大容量のデータを処理し、企業向けの環境で動作するように追加および改善されています。最先端の技術とは、最新のHTML5やAngular、Progressive Web Application (PWA)技術を指します。

ユーザーエクスペリエンスには、フィールドサービスなどの分野を対象としたオフライン対応のネイティブモバイルアプリや、多くのカジュアルユーザータスク向けのチャットボットなどもあります。

IFS Aurena(IFSオリーナ)の詳細はこちら

オープンAPI

接続や自動化が進んだ世界では、アプリケーションでできることはすべて、APIで実現できるはずだというのが重要な原則です。これにより、アプリケーションで処理されるデータまたはプロセスを他のソフトウェアの領域に統合したり、外部にアプリケーションを拡張したり、アプリケーションのアクティビティを自動化したりすることができます。

そのため、IFSのソリューションには、OData標準に基づいたネイティブRESTful APIが付属しています。RESTとODataはエンタープライズソフトウェアに最適であり、ソリューションの拡張や統合、レポート作成などのERP、EAM、およびサービスソフトウェアに使用されるツールとプラットフォームに対応しています。独自のユーザーインターフェイスで同様のAPIが使用されていることにより、ユーザーインターフェイスを使用してできることはすべて、APIを使用して行うことができます。

IFSは、APIに対してオープンなアプローチを取るソフトウェアベンダーが増えれば増えるほど、誰もが利益を得られると考えます。これが、IFSが「Open API Initiative」の一員である理由です。この「Open API Initiative」は、ベンダーに依存しないAPI記述の標準化に焦点を当てている組織です。

高価値で影響の少ない「テイラーメイド」方式

部分的なソリューションを導入するか、広範囲のERPやEAM、サービス管理といった大掛かりなソリューションを導入するかにかかわらず、IFSはすぐに使用できる広範で深い機能を提供しており、それらは、全てお客様毎のニーズに合わせて組み立てることができる「テイラーメイド」方式です。ユーザーインターフェイスやプロセスフローをコンフィグレーションするなど特定のニーズに合わせてソリューションを「テイラーメイド」できるというのは、ほとんどの場合、価値のあることです。また、導入には必ず個別のインテグレーションやレポートが必要になります。

ソリューションをお客様に合わせると同時に、頻繁な定期更新を実施しています。これが、IFSが高価値で影響の低い「テイラーメイド」方式を採用している理由です。「テイラーメイド」には3つの方法を提供していますが、それぞれに明確な価値や影響があります。

「コンフィグレーション」 「コンサルタント」または「スーパーユーザー」に優しいデザイナーとツールを使用します。たとえば、カスタムフィールドやLobbyデザイナー、新しいAurenaページデザイナーを使用します。

「内部拡張」レイヤードアーキテクチャと宣言型開発を使用し、カスタマイズをコアアプリケーションから明確に切り離して、最高の生産性を実現します。

「外部拡張」MendixやPowerApps、Outsystemsなどの低コード開発プラットフォーム、Snaplogicなどの最新の統合プラットフォームと組み合わせてオープンAPIを使用するか、JavaScript、Java、.Netまたは任意の言語で開発します。

クラウドとオンプレミス

IFSは、ソフトウェアの導入について、選択、同等性、オープン性の原則に取り組み続けます。

「選択」クラウドまたはオンプレミスを自由に選択できます。Opex専用の包括的なSaaSサービスが必要か、アプリケーションのライセンスを所有するかを選択します。クラウドサービスに限らず、お客様や任意のパートナーがクラウドでソリューションを運用したり、従来の方法に近い方法でホストしたりすることもできます。

「同等性」クラウドで使用するソリューションは、機能が大幅に低下することはなく、オンプレミスの場合と同等のアプリケーションです。新しい機能やイノベーションのメリットを享受できるのは、クラウドで実行するユーザーだけではありません。

「ポータビリティ(移行性)」オンプレミスからクラウドへ、または必要であればクラウドからオンプレミスに戻せるということです。

IFSのソリューションは、クラウドサービスを支えるパブリッククラウドのスケーラビリティとサービスを活用できるように設計されています。同時に、クラウドとオンプレミス間の高度なポータビリティ(移行性)を可能にするテクノロジーとアーキテクチャが採用されています。

IFSクラウドの詳細はこちら

AI活用

私たちにとって重要なことは、AIそれ自体ではなく、ソリューション内でイネーブラー(目的達成などを可能にする手段)としてどのように使用できるかです。AIは、ビジネス上の問題を解決するために使用できるツール群、つまりイネーブラーです。ソフトウェアでAIを活用する際の重要な点は、複雑さを取り除き、アルゴリズムとデータサイエンスの使用において堅牢で強力なソリューションを提供することですが、技術者ではないデータスペシャリストにとって使いやすく理解しやすいことも重要です。

これは、IFS Aurena Botが自然言語や画像処理などのAIテクノロジーを使用して、セルフサービスタスクを実行するための対話型インターフェイスを提供していること、またはフィールドサービスのスケジューリングおよび最適化エンジンがニューラルネットワークと機械学習アルゴリズムを使用して、フィールドでの作業スケジューリングを最適化していることからも明らかです。

AIテクノロジーを活用して、4つのカテゴリのソリューションをサポートします。

相互作用(やりとり) – ビジネスを実行しているソフトウェアと人間がどのようにやりとりし、物理的世界とソフトウェアの世界がどのように相互作用するか

最適化 – リソースを最も効果的に使用するために、複雑な問題を解決する方法

予測 – 近い将来に機械が故障する可能性など何が起こるかを理解し、その知識をビジネスに組み込む方法

適合 – IFSや他のユーザーが過去にビジネスプロセスを実行し、改善してきた方法から学べること

IFSラボ

イノベーションを強化するもうひとつの方法は、IFSラボです。IFSラボのミッションは、戦略的な製品に関する優れた意思決定をサポートし、ビジョンからソリューションを実現するまでの時間を短縮することです。IFSラボでは、より粗削りでより実験的な新しいアイデアやイノベーションを試すことができます。IFSラボで行ったことの多くが、最終的に新製品や新機能として実現されています。たとえば、IoTとチャットボット向けの製品はいずれもIFSラボプロジェクトとして始まりました。

IFSラボの詳細はこちら