IFS Cloudのプラットフォーム

業種に特化した単一のプラットフォームと最新のテクノロジーで、最適なビジネス運営をサポートします。

IFS Cloudのプラットフォーム | IFS

IFS Cloudのプラットフォームは、パワフルで柔軟、かつオープンです。ユーザーエクスペリエンスを第一に考え、100%オープンなAPIを提供しています。人工知能(AI)、機械学習、IoT などのイノベーションを随所に組み込み、高いパフォーマンスを実現します。

導入初日から価値を実現する

プロセス・オートメーション、および外部データやソフトウェアとの接続機能など、すぐに使える機能をぜひご利用ください。ユーザーエクスペリエンス、ワークフロー、およびデータモデルを構成することによって、ソリューションを最適化します。完全なオープンAPIとローコードのカスタマイズにより、システムを拡張可能です

妥協のないデプロイモデルの選択

IFS Cloud は、IFSが提供するサービスとして利用したり、あるいはオンプレミスを含むお客様が選択したプラットフォーム上にデプロイすることもできます。コンテナ化されたアーキテクチャであるので、いかなるデプロイモデルであっても同じソフトウェア機能を利用でき、同じユーザーエクスペリエンスとサポートが得られます。そして何より、お客様のニーズの変化に応じて、デプロイモデルを容易に変更することができます。

イノベーション、自動化、そして価値を創造するためのインサイトを促進させる

IoTやデジタルツインなどのイノベーションを、すぐに利用できるようにします。業界のユースケースの随所で、機械学習(ML)とAI機能により、業務を自動化し、パフォーマンスを最適化することができます。データの可視化、レポート、および分析で意思決定をサポートします。

コンシューマー製品のような快適なユーザーエクスペリエンスを提供

業種や職種に特化したロビー画面、ダッシュボード、ブラウザベースのレスポンシブなインターフェース、オフライン対応アプリ、および拡張現実(AR)機能により、どこからでも、どのデバイスからでも、より多くの仕事ができるよう、一貫したエクスペリエンスを提供しています。

IFS Cloudプラットフォームの特長

  • 分析とレポート
    分析は、従業員が業務や意思決定を行う際に、適時適所で利用できるものでなければなりません。多くのユーザーが、日々の業務の状況に応じて、一目で認識できることを望んでいます。あるいは、事業レポートの作成や、何年分ものデータをさまざまな条件や視点から絞り込んでインサイトを探ることに利用するユーザーもいれば、ビジネスに不可欠な情報を視覚化できる高度な分析を必要としているユーザーもいます。そして、誰もが容易に情報にアクセスでき、情報をスマートに可視化および分析し、さらにはレポートを作成して提示できることが肝心です。

    PowerBI の機能を最大限に活用し、活気あるエコシステムを利用してレポートをデザインしたり、PowerBI のレポートや視覚化されたデータを IFS Cloud やロビーに埋め込むことでユーザーエクスペリエンスを高めます。さらに、レポートの各項目から IFS Cloudの各ページにドリルダウンし、詳細を参照し、さらなる分析を行うことができます。

    ExcelベースのIFSビジネス・レポーターを使用して、業務用のビジネスレポートを作成できます。これには、予算編成やその他のプロセスのための完全なライトバック機能も備わっています。
  • ノーコード・ローコード
    デジタルトランスフォーメーションへの取り組みが加速するにつれて、誰もがソリューションの構築のスピードアップに迫られています。私たちのノーコード・ローコードのアプローチにより、アプリケーションのカスタマイズや拡張を行うチームが時間のかかるコーディングを行う必要はありません。IFSのプラットフォームのドラッグ/ドロップ機能により、より少ないリソースで迅速なアプリケーションのデリバリーが可能になります。チームは、ノーコード「デザイナー」を使用して、ユーザーインターフェイスとデータモデルを構成したり、プロセスを自動化したりできます。これにより、アプリケーションを拡張し、カスタムフロントエンドを提供し、オープンAPIを使用して適応性を向上させる新しい体験を構築することができます。また、従来型のカスタマイズが必要な場合は、モデル主導のローコードアプローチを使用することができます。
  • コンテナ化
    IFS Cloudでは、コンテナ化技術により、各ソフトウェア・サービスをコンテナ・ワークロードにパッケージ化しています。コンテナ化により、クラウド上で高度に効率的なスケーラビリティを実現しながら、サードパーティのクラウドやオンプレミスなどの他のデプロイモデルでも同じように優れた IFS Cloudのソフトウェアを提供できる柔軟性があります。また、コンテナ化によって、基盤となるハードウェアに依存せずにIFS Cloud の移行が容易になり、導入と更新を自動化できます。

    IFSは、オーケストレーション・エンジンを支えるものとして Kubernetes の技術を使用しており、コンテナの実行と健全性のチェックを行い、需要に応じて自動的にスケールアップまたはスケールダウンしています。
  • 人工知能(AI)
    人工知能(AI)は、IFS Cloudに組み込まれてたイネーブリング技術のひとつです。つまり、一般的なツールを提供し、お客様にそこから独自の価値を引き出させるのではなく、IFSが、お客様のビジネスをよりよくサポートするためにさまざまな問題解決を支援することができるのです。たとえば、需要予測、予知保全、CRM、およびスケジューリング最適化などのプロセスの改善をIFSが支援いたします。

    インテリジェントなスケジューリングおよび最適化機能

    変更に対してリアルタイムにスケジュールを調整することにより、IFS Cloud では常に計画とスケジュールを最適化し、優れた意思決定、効率向上、顧客への迅速な対応が可能になります。また、さまざまなプランニングのオプションを柔軟に組み合わせることができるため、お客様のニーズに最適なスケジューリングの構成を見つけることができます。
  • 機械学習(ML)
    AIによって価値を提供できるかどうかは、すぐに使えるコグニティブサービスと自社データの双方を通じて機械学習(ML)を活用することにかかっています。IFS Cloud では、機械学習パイプライン全体を処理し、データ準備、トレーニング、およびデプロイメントを自動化することで、通常はデータサイエンティストが行うような作業が不要になります。その結果、十分に定義されたビジネスケースについては、ビジネス特有の複雑さや意思決定のニュアンスを捉えるために学習、調整、および検証されたモデルを通じて、ユーザーがAIの価値を実感できるようになります。さらに、当社の説明可能なAI(XAI)機能により、営業案件の優先度付けといった自動化機能において機械学習の判断の背景がわかるようになります。

業種別ソリューション

お問い合わせ