Skip to main content

You are visiting the Japanese site. You might be interested in the English site.

Go to the English site Stay on the Japanese site

IFS Maintenix eLogbook ― 電子ログブック

パイロットのために設計され、航空会社のために作られたソリューション

IFS Maintenix eLogbookは、電子ログブックへの次世代型アプローチであり、航空機整備管理の優れたソフトウェアと統合可能なモバイルソリューションを提供します。

IFS Maintenix eLogbookは、パイロットから整備士まで全従業員の連携を強化し、パイロット主導のユーザーエクスペリエンスを提供します。データの精度と整合性の向上、航空機及びその飛行計画の信頼性向上、定時運航とサービスの質の向上を実現します。

航空機整備管理|電子ログブック|IFS

Explore the Benefits

従業員の連携を強化

次世代の電子ログブックの大きな利点は、従業員の連携を強化できることです。航空会社は、チェックイン、フライト中から、フリート全体の整備システムに至るまで、業務全体の連携を目指しています。

IFS Maintenix eLogbookは、航空機のターンアラウンド効率を最大化するために、タイムリーで適切な情報をフライトデッキからリアルタイムで格納庫に流すことができるように、すべての重要な利害関係者(整備作業管理センター、整備士、監督者、技術者、パイロット)とのコミュニケーションを可能にする橋渡し役として機能します。

データの精度と整合性の向上

データは、航空ビジネスのあらゆる面で意思決定を行うために使用されます。IFS Maintenix eLogbookでは、紙ベースの従来のプロセスをデジタルプロセスに変換するので、転写や書類の誤りはもはや過去のものとなります。データの完全性により、IFSソリューションとの信頼性が向上し、フライトデッキで記録された障害情報をIFS Maintenix Operator Editionにシームレスに転送できるため、情報を別のシステムに再入力する必要がなくなります。

パイロットの積極的な関与

IFS Maintenix eLogbookは、パイロットを念頭に置いて設計されています。現代のスーツのように、スリムでカスタマイズされた体験を提供し、パイロットが業務を遂行するために必要不可欠な情報を提供します。実際、パイロットは、整備の課題やフライトに与える影響を認識するために、もはや物理的なフライトデッキにいる必要はありません。さらに、IFS Maintenix eLogbookは、パイロットがフライト中の障害をログに記録して登録することを可能にします。

定時運航とサービスの質の向上

IFS Maintenix eLogbookは、意図的な双方向通信ループを通じて、航空機への搭乗に十分先立って整備担当者やパイロットに、対処が必要な問題を事前に通知し、より多くの時間を提供します。

事前に警告を受けることで、航空会社は、航空機が飛べない状態(AOG)に陥るような直前の予期せぬ事態を大幅に低減できます。これにより、航空機のフライト時間を伸ばし、乗客を満足させ、最終的な利益の向上につなげることができます。

コスト削減

コスト削減の観点から、航空会社はパイロットにiPadやタブレットを提供し、フライトデッキのペーパーレス化を推進しています。タブレットを介してログブックを提供することで、紙ベースのプラットフォームを超え、いつでもどこからでも航空機のステータスにパイロットがアクセスできるようになります。

IFS Maintenix eLogbookの優れた点は、強化された障害情報の共有にあります。故障情報は迅速な方法で整備要員と共有され、故障の事前準備、予備分析、分析、および修理を迅速に行うことで、コストのかかる遅延、キャンセル、および航空機が飛べない状態(AOG)を回避します。

従業員の連携を強化

次世代の電子ログブックの大きな利点は、従業員の連携を強化できることです。航空会社は、チェックイン、フライト中から、フリート全体の整備システムに至るまで、業務全体の連携を目指しています。

IFS Maintenix eLogbookは、航空機のターンアラウンド効率を最大化するために、タイムリーで適切な情報をフライトデッキからリアルタイムで格納庫に流すことができるように、すべての重要な利害関係者(整備作業管理センター、整備士、監督者、技術者、パイロット)とのコミュニケーションを可能にする橋渡し役として機能します。

データの精度と整合性の向上

データは、航空ビジネスのあらゆる面で意思決定を行うために使用されます。IFS Maintenix eLogbookでは、紙ベースの従来のプロセスをデジタルプロセスに変換するので、転写や書類の誤りはもはや過去のものとなります。データの完全性により、IFSソリューションとの信頼性が向上し、フライトデッキで記録された障害情報をIFS Maintenix Operator Editionにシームレスに転送できるため、情報を別のシステムに再入力する必要がなくなります。

パイロットの積極的な関与

IFS Maintenix eLogbookは、パイロットを念頭に置いて設計されています。現代のスーツのように、スリムでカスタマイズされた体験を提供し、パイロットが業務を遂行するために必要不可欠な情報を提供します。実際、パイロットは、整備の課題やフライトに与える影響を認識するために、もはや物理的なフライトデッキにいる必要はありません。さらに、IFS Maintenix eLogbookは、パイロットがフライト中の障害をログに記録して登録することを可能にします。

定時運航とサービスの質の向上

IFS Maintenix eLogbookは、意図的な双方向通信ループを通じて、航空機への搭乗に十分先立って整備担当者やパイロットに、対処が必要な問題を事前に通知し、より多くの時間を提供します。

事前に警告を受けることで、航空会社は、航空機が飛べない状態(AOG)に陥るような直前の予期せぬ事態を大幅に低減できます。これにより、航空機のフライト時間を伸ばし、乗客を満足させ、最終的な利益の向上につなげることができます。

コスト削減

コスト削減の観点から、航空会社はパイロットにiPadやタブレットを提供し、フライトデッキのペーパーレス化を推進しています。タブレットを介してログブックを提供することで、紙ベースのプラットフォームを超え、いつでもどこからでも航空機のステータスにパイロットがアクセスできるようになります。

IFS Maintenix eLogbookの優れた点は、強化された障害情報の共有にあります。故障情報は迅速な方法で整備要員と共有され、故障の事前準備、予備分析、分析、および修理を迅速に行うことで、コストのかかる遅延、キャンセル、および航空機が飛べない状態(AOG)を回避します。

複雑な業務のペーパーレス化:航空機のターンアラウンド効率を最大化する方法

次世代の電子ログブックの大きな利点は、従業員の連携を強化できることです。航空会社は、チェックイン、フライト中から、フリート全体の整備システムに至るまで、業務全体の連携を目指しています。

資料のダウンロードはこちら

業界屈指の航空機整備管理向けソフトウェア