To learn more, read this customer story

IFSのエネルギー企業向けERP:Pori Energia 社がどのようにして効率化を実現したのか。ご確認ください。

2018年5月、Pori Energia 社は IFS Applications™ でERPソリューションを構築しました。このERPシステムは Pori Energia 社の業務を改善し、同社の事業の発展に貢献しています。


2018 年 5 月、Pori Energia 社は IFS Applications ™エンタープライズリソースプランニング(ERP)システムを導入しました。この ERP システムは Pori Energia 社の業務を強化改善し、同社の事業の発展に貢献しています。


Pori Energia Oy 社は顧客に電力を販売し、エネルギー、地域冷暖房、メンテナンス、契約、風力発電サービスを提供しています。PoriEnergia の子会社である PoriEnergiaSähköverkot Oy 社は、ポリ市の送電を担当しています。2018 年 5 月、グループは IFS Applications ™エンタープライズリソースプランニング(ERP)システムを導入しました。IFS の ERP ソフトウェアは、エネルギー分野における発電所やエネルギー会社など業務を合理化し、企業効率化に貢献することができます。当社の ERP システムは Pori Energia 社の業務を強化改善し、同社の事業の発展に貢献しています。


  • 実際の活動とオフィスとの間の情報の流れの効率化と高速化。
  • データログ記録の自動化の強化。
  • 財務の効率化とペーパーレス化。
  • プロジェクト管理の効率化。

「当社の古い情報システムは寿命を迎えました。現代的で柔軟、簡単にアップグレードできる新しい ERP システムが必要でした。入札を勝ち取り、当社のニーズを最もよく満たしていたのは IFS Applications です。現在、このシステムは当社の財務、プロジェクト管理、購買、倉庫管理、販売で利用されています。将来は、メンテナンス業務にも拡張する予定です。」

PETRI MÄKILEHTO氏
ICT 開発マネージャー、 PORI ENERGIA OY


back to top back to top トップへ戻る