Skip to main content

You are visiting the 日本 site. You might be interested in the United States site.

Go to the United States site Stay on the 日本 site

リモートアシスタンス

マージド・リアリティ(複合現実)技術でリアルタイムの協業を

IFSリモートアシスタンスは、遠隔地にいるエキスパートと他のスタッフが一体となり、問題を迅速に診断し、解決および検証することができるマージド・リアリティ(複合現実)ソリューションです。エキスパートは、数千マイル離れた場所からでも、手の届かない場所にいる顧客、技術者やエンジニアにリモートで支援を提供できます。 つまり、エキスパートがどこからでもすぐに現場に行けるということです。

ユーザーフレンドリーなインターフェースにより、IFSリモートアシスタンスは最小限のトレーニングですぐに使用できるようになります。数日で運用を開始でき、即座に効果を実感することができます。

リモートアシスタンス

リアルタイムの協業のためのマージド・リアリティ・ソリューション

IFSリモートアシスタンスでは、2つのリアルタイムなビデオストリームを融合し、遠隔地のエキスパートと別の場所から支援を必要とするスタッフとの協業を可能にします。コラボレーション型の仮想現実空間の中で、エキスパートが指示を出し、相互に連携することで、問題の診断と解決を迅速化および簡素化できます。

エキスパートは、顧客や現場の技術者が実際に目にしているものに対して、バーチャルに手を差し伸べ、あたかも触れているように見せることができます。さらに、このマージド・リアリティの中で、遠隔操作、画像のフリーズ、ハンドジェスチャー、さらには実際のオブジェクトを使いながらリアルタイムで共同作業や対話ができます。

ウェビナー:リモートアシスタンスで実際の動作を確認する

企業は、貴重なリソースをより有効に活用し、コストを削減し、ソーシャルディスタンスを維持するために、新しいビジネスのやり方を熟考しています。 リモートアシスタンスでは、仮想ハンズオンアシスタンスを提供することにより、ビジネスに斬新かつ素早い効果を与えることができます。このウェビナーでは、インダストリーのエキスパート達がリモートアシスタンスの実際の使用例を紹介し、デモを実施しています。このウェビナーを通して、リモートアシスタンスが今日のビジネスにいかに役立つかをご覧ください。

ウェビナーはこちらから(ウェビナーは英語です)

お客様インタビュー:サービタイゼーションの成功に備えつつ、今日の課題に取り組む

ムンタース社のグローバルカスタマーサービス担当ディレクターであるRoel Rentmeesters氏が、COVID-19によるビジネスへの影響に対し、同社が進める取り組みについて語ります。さらに、IFSリモートアシスタンスの導入の背景とそのメリットについて、貴重な意見を率直に述べています。

インタビュー映像はこちら(インタビューは英語です)

サービスマネジメント

リモートアシスタンスが今日のビジネスに価値をもたらす6つの方法

カスタマーセルフサービス

技術者を派遣することなく、顧客の問題を解決し、トラックロールを削減できます。 リモートアシスタンスを使用すると、技術者がマージド・リアリティ空間の中で離れた場所から案内や指示を出し、顧客自らが問題を解決できるようになります。 リンクをクリックするだけで、顧客が見ているものを共有し、技術者は問題を解決できます。 リモートアシスタンスで問題を素早く解決することで、顧客満足度を向上し、さらにはコスト削減につなげることができます。

遠隔地からの「サイドバイサイド」な共同作業

経験豊富な技術者からのサポートを最大限に活用し、彼らが自らの知識を他の技術者と容易に共有できるようになります。リモートアシスタンスによって、技術者同士が離れた場所にいても、相互に連携し、素早く指示を出したり、支援することが可能です。また、マージド・リアリティ空間の中で、エキスパートがリモートで手を差し伸べ、ツールを使用したり、ドキュメントを共有することもできます。 このようにリアルタイムに協業することで、機器や設備のダウンタイムを防ぎ、リソースをより効率的に使用し、サービスの提供にかかるコストを低減できます。

技術者の早期育成

リモートアシスタンスにより、新人技術者であっても、すぐに現場で活動できるようになります。技術者は、クリック一つで経験豊富な技術者から必要なサポートを受けられるので、直ちに訪問を開始し、確信を持って自らのタスクを実行できます。

知識の宝庫

必要なときに効果を発揮することに加え、IFSリモートアシスタンスでは、やり取りを記録し、アーカイブ化できます。これにより、ナレッジリポジトリを構築し、ユーザーは過去に共有されたノウハウを検索し、アクセスできるようになります。

初回修理完了率の向上

リモート診断により、初回の修理完了率を向上できます。エキスパートは離れた場所から問題とその解決方法を特定できます。つまり、ジョブに適切な技術者と部品在庫を送ることができるので、一度の対応で修理までを完結できます。

サービス品質の向上と証明

リモートアシスタンスでは、作業完了までをビデオにキャプチャし、訪問先で行われたサービスを証明することができます。これにより、リモートで顧客の施設内における作業完了の承認が可能になるため、作業品質管理のプロセスを改善できます。

カスタマーセルフサービス

技術者を派遣することなく、顧客の問題を解決し、トラックロールを削減できます。 リモートアシスタンスを使用すると、技術者がマージド・リアリティ空間の中で離れた場所から案内や指示を出し、顧客自らが問題を解決できるようになります。 リンクをクリックするだけで、顧客が見ているものを共有し、技術者は問題を解決できます。 リモートアシスタンスで問題を素早く解決することで、顧客満足度を向上し、さらにはコスト削減につなげることができます。

遠隔地からの「サイドバイサイド」な共同作業

経験豊富な技術者からのサポートを最大限に活用し、彼らが自らの知識を他の技術者と容易に共有できるようになります。リモートアシスタンスによって、技術者同士が離れた場所にいても、相互に連携し、素早く指示を出したり、支援することが可能です。また、マージド・リアリティ空間の中で、エキスパートがリモートで手を差し伸べ、ツールを使用したり、ドキュメントを共有することもできます。 このようにリアルタイムに協業することで、機器や設備のダウンタイムを防ぎ、リソースをより効率的に使用し、サービスの提供にかかるコストを低減できます。

技術者の早期育成

リモートアシスタンスにより、新人技術者であっても、すぐに現場で活動できるようになります。技術者は、クリック一つで経験豊富な技術者から必要なサポートを受けられるので、直ちに訪問を開始し、確信を持って自らのタスクを実行できます。

知識の宝庫

必要なときに効果を発揮することに加え、IFSリモートアシスタンスでは、やり取りを記録し、アーカイブ化できます。これにより、ナレッジリポジトリを構築し、ユーザーは過去に共有されたノウハウを検索し、アクセスできるようになります。

初回修理完了率の向上

リモート診断により、初回の修理完了率を向上できます。エキスパートは離れた場所から問題とその解決方法を特定できます。つまり、ジョブに適切な技術者と部品在庫を送ることができるので、一度の対応で修理までを完結できます。

サービス品質の向上と証明

リモートアシスタンスでは、作業完了までをビデオにキャプチャし、訪問先で行われたサービスを証明することができます。これにより、リモートで顧客の施設内における作業完了の承認が可能になるため、作業品質管理のプロセスを改善できます。

リモートアシスタンスのデモのご依頼は、下記のフォームからお寄せください。